LIFESTYLE

引き出し収納に便利なアイテムとは?おすすめ収納方法とコツも公開

自分の部屋やリビング、キッチン、洗面所などで、日常のさまざまなものを収納しておくための引き出し。気が付くと、中身がごちゃごちゃになってしまう……ということはありませんか?毎日使うものを収納する引き出しは、より効率的に見た目にもきれいに整頓したいものですね。

いつかは整理整頓しよう!と思っていた引き出しの中身や整理方法を、この機会に見直してスッキリとさせてみませんか?収納方法を工夫してグッズを使うことで、今日からスッキリとした使いやすい引き出しにしてみましょう。また、ちょっとしたコツや収納のポイントも抑えていきますので、参考にしてみてくださいね。

引き出しのおすすめの収納方法とコツとは?3つのポイント

リビングの引き出しと中身

家の中にはたくさんの引き出しがあります。リビングの引き出し、小物を入れる引き出し、貴重品などを入れる引き出し、アクセサリーを入れる引き出し、キッチンのカラトリーを入れる引き出し、調味料を入れる引き出し、などかなりの数の引き出しがありますね。

それでは、それぞれの引き出しの中身を整理整頓するためには、どのような方法がおすすめなのでしょうか?また、そのコツも挙げていきます。


■素材と色を統一したトレーや仕切りを使う

引き出しの中は、雑多なものが入っていますので、整理整頓のためには各種類ごとに小さいトレーや箱に入れて、周りから識別する仕切りが必要です。この時に必要なことは、トレーや箱の色や素材を統一することです。

大小のトレーやケースを用意して、引き出しの中に並べることでスッキリを見た目もきれいに整頓できて、使うときにもすぐに必要なものの場所が分かります。


■プチプラのかごで、目的別に収納しておく

引き出しの中身の収納の仕方は、いくつかあります。その中で、毎日のお出かけのときに持って行くものをひとまとめにしておくには、100円均一などで手に入るかごやケースが便利です。

財布や鍵、ティッシュ、携帯のバッテリーなど忘れ物が出ないように、目的別にかごに入れておく方法がおすすめです。そしてかごは複数用意して、引き出しにそのまま入れておくと、出かけるときにかごごと取り出して使えて便利です。


■キッチンの収納は文房具の収納グッズが役に立つ

キッチンはさまざまな調理器具やカラトリー、お皿や器、箸や箸置きなど大きいものから小さいものまでありますね。これを、きれいに収納するためには文房具のボックス類を利用すると上手くいきます。

例えば、ファイルボックスは、引き出しの中に入れていくつか並べると、フライパンや鍋、お皿など形の違うものを立てて収納できるのです。

引き出し収納をスッキリさせたい!マネしたい収納アイディア

引き出しとその中身

引き出しの中をスッキリと整理するためには、引き出しを開けたときにすぐに一目で何がどこに収納されているかがわかる、ということが大切です。そのためのポイントは、立てて収納すること、と蓋つきケースは透明か半透明のものを使用する、ということ。

引き出しの中身を最初に断捨離するときに、どのような形態で収納するのかを頭に描いてから整理整頓を始めましょう。下記に引き出し収納のアイディアを挙げていきます。


■ポリプロピレンのペンケース(筆箱)を万能に使いこなす

100円ショップや無印などでも販売されている半透明のポリプロピレンペンケースは、小物や電池、付箋などの文房具、箸置きなども収納できて、重ねて収納できるので、おすすめの収納グッズにもなります。

また、ピルケースはゼムクリップや切手、画びょうやステープラのハリ、ビーズ、アクセサリーなど小さいものを入れておけて、とても便利に使うことができますよ。


■お菓子グッズの紙製マフィン型も収納にしてみよう

キッチングッズも収納するために便利なものがいろいろあります。その中でも紙製のマフィンのカップは、小さいこものやクリップなどの収納に使用できます。模様も可愛らしいものを選ぶとポップで楽しいですね。またパウンド型も紙製のカラフルなものがありますので、ハサミや糊、朱肉などを入れるなど活躍します。


■突っ張り棒を複数使いして引き出しの仕切りにする

リビング雑貨や100円均一ショップでも購入できる「突っ張り棒」はさまざまな使い方ができる、とても使い勝手のいい収納グッズになります。キッチンの引き出しに使うと、調味料類の仕切りになり、洗面所の引き出しではシャンプー・コンディショナーなどの詰め替え商品の収納区切りになります。

また、突っ張り棒は複数使いで棚のない部分に、臨時の棚を作ることができるので、デッドスペースを有効に使えます。アイディア次第で何通りもの使い方ができるのです。

引き出しの中のおすすめ収納グッズ①:連結できるシンプルなカラトリートレー

ポリプロピレン材質の連結できるカラトリートレーは、便利なトレーです。白のシンプルなデザインは、清潔感にあふれて汚れにも気が付きやすいのく、水洗いもできる材質ですので、汚れも気にせずに使えますね。

引き出しの内側のサイズに合わせて、縦と横の両方に連結できます。文房具だけでなくキッチンのこまごまとした道具やカラトリー、時計やネックレスなどの小物など幅広いものを収納できます。

カインズ カトラリートレー

¥398

販売サイトをチェック

引き出しの中のおすすめ収納グッズ②:不織布の仕切りケース

形が比較的自由に変えられる不織布でできた引き出し用の仕切りケースです。全部で6種類がるので、自分の収納したいものによって、仕切りの形を選んで購入できるので、使い勝手がよい仕切りです。

小物やアクセサリー、文房具、ハンカチ、などさまざまなものに使えます。使わなくなったら、折り畳んでしまっておけるので、場所をとらないというメリットがあります。

東洋ケース 引出し仕切りケース 21×34cm

¥1,790

販売サイトをチェック

引き出しの中のおすすめ収納グッズ③:高さのあるアクリル仕切りボックス

引き出しや机の中のものを整理するときに、ある程度の高さがあるものをきれいに整理整頓するときには、CDが入るような大きさの透明の仕切りボックスがおすすめです。

そのまま引き出しに直接入れて収納すると、倒れてきそうなものや、数種類の小物を仕切りで分けて整理したい人にピッタリです。シンプルな形と透明カラーは長く使用しても飽きがこないアイテムですね。

LOHACO アクリル仕切付ボックス

¥1,900

販売サイトをチェック

引き出しの中のおすすめ収納グッズ④:ポリスチレン仕切板で自由に仕切り空間を作る

自分が今使っている引き出しや机の中にダイレクトに小物や文具などを入れて、そのままシンプルに使いたい、と思っている人におすすめなグッズが「ポリスチレン仕切板」です。長さも、隣との仕切りの位置も自由自在に変えられるので、今使っている引き出しそのものが、収納箱として早変わりします。

大きさは大・中・小とあるので、引き出しの内部の高さや幅、奥行きに併せたタイプを選んで使えるところが魅力ですね。既存のボックスや仕切りでは難しい幅や長さでも調節できるので、おすすめの収納用仕切りアイテムです。

MUJI ポリスチレン仕切板・中・5枚入り

¥490

販売サイトをチェック

ここまで、いろいろな引き出しに合う収納用のグッズや、おすすめの選び方などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分用の引き出しは、気を抜くとすぐに位置がバラバラになってしまします。しかし、ちょっとした工夫や収納力の高いグッズに収納しておくと、一定の位置に戻す習慣づけにもなり、未然に引き出しの中身が乱れるのを防ぐことにもなるのです。

この機会に、ぜひ引き出しの整理状況をチェックしてみて、お気に入りアイテムでスッキリ整理してみてはいかがでしょうか。