BEAUTY

赤リップが大活躍!?クマ隠しのテクニックを伝授!

頑固なクマがある人は、「コンシーラーを使っても肌がきれいに見えない…」と悩んでしまいますよね。コンシーラーでクマを消せないときは、なんと"赤リップ"を使ってクマをカバーすることができるんです!
今回は赤リップを使ったクマ消しについてご説明します。

赤リップでクマ隠しできるって本当?

「赤リップを目元に塗ると頑固なクマを消せる」という噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。本当に赤リップで目元を明るく見せられるのでしょうか?

■赤リップで隠せるのは青クマや茶クマ
赤リップを使ったクマ隠しに効果を期待できるのは、血行不良でできる青クマや色素沈着が原因の茶クマです。
肌のたるみやへこみが原因で影ができる黒クマに悩んでいる場合は、赤リップを塗ってもクマを消せないので、注意してください。

自分のクマのタイプがわからない場合は手鏡を持ち、上を向いた時にクマが薄くならなければ、赤リップでクマ隠しできる青クマか茶クマと判断できます。

赤リップでクマ隠しするテクニック

赤リップを使ってクマ隠ししたいときは正しい順番と方法を確認しておきましょう。

■赤リップを使ったクマ隠しの方法

1.化粧下地を塗る
まずは目の周りに化粧下地を塗ります。保湿力のある化粧下地を使うと、クマの悪化や化粧のヨレを予防することができます。

2.赤リップを塗る
目頭から目尻にかけて指で赤リップを塗ります。クマが濃い部分だけに赤リップを塗るよりも、目元全体に赤リップを塗った方がクマ隠し効果を期待できます◎

3.コンシーラーを塗る
肌に馴染む色のコンシーラーを赤リップの上に塗ります。伸ばすのではなく、優しく叩き込むようにして塗ると、化粧崩れを防げます。

4.ファンデーションを塗る
最後にファンデーションを薄く塗ります。厚塗りすると崩れやすくなるので、ナチュラルに仕上げるのがおすすめです♪

クマ隠しに使うリップの選び方

きれいにクマ隠しするためには、リップ選びも大切です。

■色
赤リップにはオレンジに近い赤から真紅、茶色に近い赤までさまざまな色が存在します。クマ隠しを目的としてリップを購入するときは青の補色であるオレンジ寄りの赤リップを選ぶと、目元が明かるく見えます。

■マットタイプ
ラメやパールが入った赤リップはかわいいですが、クマ隠しには適していません。目元にラメやパールがあると、クマが目立ってしまうことがあるので、赤リップはマットタイプを選びましょう。

■保湿力
赤リップは高保湿タイプを選ぶことも大切です。目元が乾燥するとリップやコンシーラーがよれて汚く見えてしまうことがあるので、クマ隠しには保湿成分が配合された赤リップがおすすめです◎

クマ隠しにおすすめ!ステイオンバームルージュ

「CANMAKE(キャンメイク)」のステイオンバームルージュはプチプラながら、美容液成分が配合されていて保湿力が高いリップ。
ラメやパールが配合されていないマットタイプでべたつかないので、クマ隠しに使いやすいです◎

多数のカラーが販売されていますが、クマ隠しに特におすすめなのは03番のタイニースウィートピー。オレンジ寄りの赤リップで、青クマや茶クマをカバーしてくれます♪

◆ステイオンバームルージュ
定価:580円(税抜)

ステイオンバームルージュ

¥626

販売サイトをチェック

クマ隠しには赤リップが便利。コンシーラーの前に肌に塗っておくだけで頑固なクマもきれいに消せるので、目元を明るくしたい人は赤リップを使ってみましょう!