BEAUTY

タイプ別!アイラインの引き方とおすすめアイライナー

Writer:まみ

アイライナーは目元の印象をアップするために大切ですが、上手く引けなかったり、すぐににじんでしまったりと悩みが多いメイクアイテムでもありますよね。
今回は、初心者でも真似できるアイライナーの上手な引き方や落ちにくいおすすめのアイライナーをご紹介します。

アイライナーの引き方①基本編

メイク初心者はまず、基本的なアイライナーの引き方を知っておくことが大事!アイライナーが上手に引けないと困っている人は、正しい引き方をチェックしてみましょう。

■アイライナーの引き方
1. 目の中央から目尻に向かってアイライナーを引きます。
2. 目頭から目の中央に向かってアイライナーを引きます。
3. 1と2のアイラインをきれいに繋げます。
4. 目尻側の上まぶたを上に引っ張り、まつ毛の間もきっちりと埋めます。
5. 下まぶたにアイラインを引く場合は目尻側3分の1にだけ引きます。
6. 上まぶたのアイラインと下まぶたのアイラインを繋げたら完成です。

アイライナーの引き方②目のタイプ別

基本のアイライナーの引き方をマスターしたら、今度は自分の目のタイプに合ったアイライナーの引き方でさらに美しくなりましょう。

■二重さん
元々、目元がぱっちりとした二重さんはナチュラルに仕上げるように意識すると、あか抜けた印象になれるでしょう♪

1. まつ毛の隙間を埋めるように細くアイライナーを引きます。
2. 濃い色のアイシャドウでアイライナーをぼかしたら完成です。

■奥二重さん
奥二重さんは二重幅を生かすために、目尻側だけにアイライナーを引くのがおすすめ。目尻側にアイライナーを引くと、切れ長の目元を演出できます。

1. 目尻側3分の1にアイライナーを引きます。
2. 目尻側は数㎜だけ目の幅よりもアイライナーを伸ばすと、きれいに仕上がります。

■一重さん
一重さんは目を大きく見せようとしてアイラインが太くなりがち。アイライナーを引くときは少しずつ線を太くすると、自然に目が大きく見えるでしょう♡

1. まつ毛の間を埋めるように細めのアイラインを引きます。
2. 目を開けて確認しながら、不自然にならないようにアイラインを太くしましょう。

アイライナーの引き方③なりたい目元別

優しい雰囲気の垂れ目や華やかな雰囲気のキャットアイは多くの人から憧れられています。垂れ目やキャットアイに憧れている人は理想の目元に近づけるアイライナーの引き方を確認してみましょう。

■垂れ目になれるアイライナーの引き方
1. 基本と同じ方法でアイライナーを引きます。
2. 目尻側を3㎜程度伸ばします。
3. 下まぶたの目尻側3分の1にアイライナーを引きます。
4. 2と3のラインを繋げます。
5. 濃い色のアイシャドウを下瞼の目尻側3分の1に入れます。
6. アイシャドウでアイライナーをぼかしたら完成です。

■キャットアイになれるアイライナーの引き方
1. 基本と同じ方法でアイライナーを引きます。
2. 目尻側に8㎜程度の跳ね上げラインを引きます。
3. 跳ね上げラインを太めにすると、より華やかな印象に仕上がります。

おすすめのアイライナー①落ちにくいラブ・ライナーペンシル

「msh(エム・エス・エイチ)」のラブ・ライナーペンシルは肌に密着しやすいところがおすすめポイント。ぼかした後に素早く肌に馴染んでくれるので、ペンシルライナーでありながらパンダ目になりにくいです。

また、芯が楕円形で線の太さをコントロールしやすいので、初心者に使いやすいところも魅力的♡スルスルとなめらかに描けるので、慣れていなくてもアイラインがガタガタになりにくいでしょう。

保湿成分のスクワランオイルなどが配合されているので、乾燥しがちな肌でも使いやすいです◎

◆ラブ・ライナーペンシル
定価:1,200円(税抜)

ラブ・ライナーペンシル

¥1,296

販売サイトをチェック

おすすめのアイライナー②描きやすいモテライナーリキッド

「FLOWFUSHI(フローフシ)」のモテライナーリキッドはメイク初心者でも描きやすいところが魅力的。6人の職人の力と最先端の技術によって作られた大和匠筆と八角形のアルミボトルで不器用な人でもスルスルと美しいアイライナーを引けます。

耐水性や耐皮脂性にも優れており、汗をかきやすい夏でも安心して使えるため、落ちにくいアイライナーを探している人にも良いでしょう。目元やまつ毛をケアできる成分が含まれており、お湯でオフできるので、目元に負担がかからないのも嬉しいです◎

◆モテライナーリキッド
定価:1,500円(税抜)

モテライナーリキッド

¥1,620

販売サイトをチェック

おすすめのアイライナー③ウォータープルーフのクリーミータッチライナー

海やプールに遊びに行くときはウォータープルーフタイプのアイライナーを使いたいですよね。「CANMAKE(キャンメイク)」のクリーミータッチライナーは乾いて肌に密着した後は汗や水、涙、皮脂などに強くなるウォータープルーフ処方のジェルアイライナー。

スルスルと描けるのに発色が良く、きれいなアイライナーが長時間キープできることがおすすめポイントです。ジェルライナーは描きにくいイメージがありますが、1.5㎜の極細芯なので、まつ毛の間も丁寧に埋められて、初心者でもきれいに仕上げられるでしょう。

◆クリーミータッチライナー
定価:650円(税抜)

クリーミータッチライナー

¥702

販売サイトをチェック

アイライナーは目元をきれいに見せるために大切なアイテム。今回紹介したアイライナーの引き方やおすすめのアイライナーを参考にして、もっときれいな目元を手に入れましょう。