LIFESTYLE

実話を元にした映画『ゲティ家の身代金』の原作やあらすじ、キャストを紹介

映画『ゲティ家の身代金』は、実話をもとにして作られたサスペンス映画です。アメリカで公開され、様々な賞を受賞した作品でもあります。映画『ゲティ家の身代金』のあらすじやキャストやエピソードについてご紹介します。

映画『ゲティ家の身代金』のあらすじ

アメリカ人石油王のジャン・ポール・ゲティは、世界一の大富豪といわれていました。資産およそ50億ドル(1.4兆円)を持つジャン・ポール・ゲティとその家族は、人間の姿はしているものの、全く別世界の人だと本人たちも自覚していました。

しかし、事件は突然起こります。ジャン・ポール・ゲティの孫息子であるポールが突然誘拐されたのです。誘拐犯からの要求は、身代金1700万ドル(約50億円)という破格ではありましたが、50億ドルもの資産を持つジョン・ポール・ゲティならば払えない額ではありません。

しかし、ジャン・ポール・ゲティは支払いを断固拒否。自分の孫息子よりも、有り余る富を選んだのです。離婚によりゲティ家から離れていたポールの母親ゲイルは、そんなジャン・ポール・ゲティに真っ向から立ち向かうことになります。

冷酷な大富豪と次々に脅迫してくる犯人と戦うゲイル。我が息子の命のために、必死に戦う母と犯人、そして大富豪との攻防戦など、手に汗握るハラハラドキドキのサスペンスです。

公開日:2018年5月25日
監督:リドリー・スコット
原作:ジョン・ピアースン
脚本:デヴィッド・スカルパ
キャスト:ミシェル・ウィリアムズ、クリストファー・プラマー、マーク・ウォールバーグ、ロマン・デュルス ほか
上映時間:133分

【キャスト紹介】アビゲイル・ハリス役:ミシェル・ウィリアムズ

アビゲイル・ハリス役を演じるミシェル・ウィリアムズの主な出演映画は、2005年『ブロークバック・マウンテン』、2010年『ブルーバレンタイン』、2011年『マリリン 7日間の恋』、2016年『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、2017年『グレイテスト・ショーマン』などです。

ミシェル・ウィリアムズ
生年月日:1980年9月9日
出身地:アメリカ合衆国モンタナ州

【キャスト紹介】ジャン・ポール・ゲティ役:クリストファー・プラマー

ジャン・ポール・ゲティ役を演じるクリストファー・プラマーの主な出演映画は、1965年『サウンド・オブ・ミュージック』、2001年『ビューティフルマインド』、2009年『終着駅 トルストイ最後の旅』、2011年『人生はビギナーズ』、2011年『ドラゴン・タトゥーの女』などです。

また映画『カールおじさんの空飛ぶ家』ではチャールズ・マンツの声を担当しました。

クリストファー・プラマー
生年月日:1929年12月13日
出身地:カナダオンタリオ州

【キャスト紹介】フレッチャー・チェイス役:マーク・ウォールバーグ

フレッチャー・チェイス役を演じるマーク・ウォールバーグの主な出演映画は、2006年『ディパーテッド』、2012年・2015年『テッド』、2014年・2017年『トランスフォーマー』などです。

また自らが主演・制作をしている作品も多く、2010年『ザ・ファイター』や2013年『ブロークンシティ』、2014年『ザ・ギャンブラー』などがあります。

マーク・ウォールバーグ
生年月日:1971年6月5日
出身地:アメリカ合衆国マサチューセッツ州

映画『ゲティ家の身代金』のエピソードは?

今でこそ、こうして日本でも見ることができるようになった映画『ゲティ家の身代金』ですが、実際に全米公開1ヶ月前にはお蔵入りの危機に直面していたそうです。

なぜなら、かつてジャン・ポール・ゲティ役だった、ケビン・スペイシーが突如降板してしまったのです。すでに映画は撮り終えていたものの、監督リドリー・スコットさんは即座に再撮影を決めたそう。

そこからクリストファー・プラマーさんの出演が数日で決定し、1週間後に撮影開始、さらに2週間後には映画を完成させるという、超短期間で作り上げたそうです。

その甲斐あって、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などにノミネートされました。

ジャン・ポール・ゲティ役のクリストファー・プラマーさんは、アカデミー賞演技部門に88歳という歴代最高齢記録で受賞することになったそうです。

出典:
http://getty-ransom.jp/

映画『ゲティ家の身代金』の原作は?

映画『ゲティの身代金』は、1995年に発表されたノンフィクション『ゲティ家の身代金』が原作となっています。

この作品は、1973年に実際に起きたゲティ3世誘拐事件について書かれています。弁護士をしていた父とともに石油会社を設立して成功を収めたジャン・ポール・ゲティは、世界一裕福な個人と言われギネス認定もされています。

そんなジャン・ポール・ゲティの身に起きた、孫息子誘拐事件の原作本を元に作られた映画です。

出典:
http://getty-ransom.jp/

映画『ゲティ家の身代金』の予告動画と見どころ

 

映画『ゲティ家の身代金』の見どころは、ストーリー展開の早さです。テンポよく物語が進んでいくので、ハラハラドキドキしながら見ることができます。

最後の最後までわからない結末と、驚きの展開の連続なので、サスペンスが好きな人には特におすすめできる作品です。


映画『ゲティ家の身代金』についてご紹介しました。実話をもとに作られた作品で、手に汗握るストーリー展開を楽しめる映画になっています。ぜひ見てみてくださいね。