BEAUTY

花粉症でも綺麗でいたいから♡「マスク美人」になれちゃうメイク術

花粉症の人にとってマスクは必需品!でも、マスクをしているといつものように綺麗に見えないと悩んでいる人も多いんです。今回は花粉症でも綺麗でいるための「マスク美人」になるメイク術を紹介します♪

マスクをつけるときのメイク術①ベースメイクは崩れないように工夫

マスクをしていると、どうしても口や鼻の周りは呼吸の湿気の影響でメイク崩れしやすくなってしまいます。食事などでマスクを外したときにメイク崩れが目立ってしまわないように、マスクをつける時はベースメイクを崩れないように工夫しましょう!

ベースメイクの崩れを防ぐためには皮脂崩れを防止できる化粧下地を使うのがオススメ♪セザンヌの「皮脂テカリ防止下地」は肌に密着してテカリやメイク崩れを予防してくれるので、マスクをしていても、ベースメイクがよれてしまうことはありません。

化粧下地を塗った後は軽くティッシュオフして余分な下地を取り、その上からファンデーションを重ねれば、さらにメイク崩れを防げます♪

<CEZANNE>皮脂テカリ防止下地

¥648

販売サイトをチェック

マスクをつけるときのメイク術②アイメイクはふんわりとした印象に

マスクをしているときに濃いアイメイクをすると、顔全体がキツイ印象になってしまうことも少なくありません。また、花粉症のときは目の周りをこすってしまいがちなので、アイメイクを濃くすると崩れたときに目立ってしまいます。

そのため、アイメイクはふんわりとした印象に仕上げることを心がけておきましょう♪ブラウンのアイライナーやピンクのアイシャドウを使うと自然に可愛く見えるメイクに仕上げられます♡

「ラブ・ライナーペンシル」はふんわりとしたアイラインを描けるので、マスク美人になりたいときにぴったりです♪

<msh>ラブ・ライナーペンシル

¥1,296

販売サイトをチェック

マスクをつけるときのメイク術③アイブロウは丁寧に描く

マスクをつけているときは見えている部分に視線が集まるため、アイブロウを丁寧に描くことも大事です。せっかくベースメイクやアイメイクを頑張っても、眉がボサボサだったり、スカスカだったりすると、顔が綺麗に見えないので、眉メイクの方法を改めて確認しておきましょう♪

<眉メイクの方法>
1.スクリューブラシで眉の流れを整えます。
2.口角と目尻を結んだラインの延長線上を眉尻に決めます。
3.目頭から2/3の位置を眉山、小鼻の真上を眉頭に決めます。
4.眉頭、眉山、眉尻を結び、足りない部分はペンシルライナーで描きたします。
5.眉全体にアイブローパウダーをふんわりと乗せたらOKです。

エクセルのアイブロウはパウダー、ペンシル、スクリューブラシが1本でセットになっていて便利です♡

<excel>パウダー&ペンシル アイブロウEX

¥1,566

販売サイトをチェック

マスクをつけるときのメイク術④ノーズシャドウで鼻すじをスッキリと見せる

マスクをつけると、鼻の大部分が隠れてしまうので、顔の立体感が減ってしまうことがあります。綺麗になるためには立体感は必須なので、マスクをつけるときは忘れずにノーズシャドウを入れましょう♡

マスクをしているときは影でノーズシャドウがぼかされるので、少し濃くノーズシャドウを入れても不自然にならずに鼻を高く見せられます♪

<ノーズシャドウの入れ方>
眉頭と鼻の付け根を結ぶ影を薄く入れます。
鼻の付け根から下瞼の高さまで、鼻のラインに沿ってまっすぐに影を入れます。

キャンメイクの「ミックスアイブロウ」はノーズシャドウとしてもアイブロウとしても使えるアイテム♡色を混ぜると、自分の肌色に合った自然なノーズシャドウになっちゃいます♪

<canmake>ミックスアイブロウ

¥648

販売サイトをチェック

女の子ならマスクをしているときも綺麗でいたいですよね♡花粉症の人はマスクをしているときに真似したいメイク法をマスターしていつでも綺麗で可愛い女の子でいましょう♪