LIFESTYLE

『コーヒーが冷めないうちに』が気になる!泣ける映画と噂の作品のあらすじやキャストは?

邦画としては長らく少ないように感じる、感動もの映画。そんな中、見れば誰しも涙を流せると噂の作品が、映画『コーヒーが冷めないうちに』です。今回はSNSでも爆発的な話題となった映画『コーヒーが冷めないうちに』のあらすじや、キャストなどをご紹介します。

『コーヒーが冷めないうちに』ってどんな作品?

『コーヒーが冷めないうちに』は、2018年9月21日に公開された日本の映画。川口俊和氏の同名作家を原作としており、『アンナチュラル』や『重版出来!』などのヒットドラマを演出した塚原あゆ子氏が映画初監督を務めます。

原作者である川口俊和氏は、脚本や演出などを手掛ける人物。同作品はSNSなどでも感動する作品として評判を呼び、大きなヒット作にもなっています。

そんな『コーヒーが冷めないうちに』は、ある特定の場所を中心としてさまざまな人物が物語を紡いでいきます。

出演陣も今を時めく有村架純さんや伊藤健太郎さん、波留さんなど。薬師丸ひろ子さんや吉田羊さん、松重豊さんなど、脇を固めるキャストもそうそうたる顔ぶれです。


■『コーヒーが冷めないうちに』基本情報
ーーーーーーーーーー
公開日:2018年9月21日
監督:塚原あゆ子
脚本:奥寺佐渡子
キャスト: 有村架純、伊藤健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子
上映時間:116分
ーーーーーーーーーー

『コーヒーが冷めないうちに』のあらすじ

『コーヒーが冷めないうちに』の舞台は、とある町の喫茶店「フニクリフニクラ」。時田数と従兄で店主の時田流が、お店を切り盛りしています。

喫茶店「フニクリフニクラ」にはある都市伝説が流れており、店内のある席に座ると本人が望む時間に戻れるというものでした。過去に戻ったとしても「コーヒーが冷める間だけ過去に戻れる」などの5つのルールがあり、守ることで奇跡が起こるとも言われています。

そんな都市伝説を耳にした人々は、半信半疑で喫茶店「フニクリフニクラ」に足を運び、それぞれの過去に向き合おうとします。

作品は喫茶店「フニクリフニクラ」を主軸にして、タイムスリップをテーマに描かれています。それぞれの登場人物が抱える思いやストーリーが絡まり、最後まで涙を誘う展開がポイント。

誰もが一度は考える「過去に戻りたい」という願望をこの作品で疑似体験でき、また登場人物が抱える悩みや思いも身近なものばかりで、共感してしまうのも大きな魅力です。

【キャスト紹介】時田数役:有村架純さん

有村架純さんは映画『コーヒーが冷めないうちに』で、喫茶店「フニクリフニクラ」店主の時田流とお店を切り盛りする時田数を演じています。

有村架純さんは兵庫県出身、1993年2月13日生まれの女優。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、主人公の母親の若いころを演じ大きく注目されました。その後は映画『ビリギャル』で主演を務め、第39回日本アカデミー賞において優秀主演女優賞と新人俳優賞を獲得しています。

そしてNHK連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインを務め、第68回NHK紅白歌合戦の紅組司会に選ばれるなど、今最もホットな女優の一人として注目を集めています。

【キャスト紹介】荒谷亮介役:伊藤健太郎さん

伊藤健太郎さんは1997年6月30日生まれ、東京都出身の俳優。14歳から広告や雑誌でモデルとして活動しており、2014年のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で俳優デビューを果たします。

その後映画やドラマなど、さまざまな作品に出演しており、映画『コーヒーが冷めないうちに』では有村架純さん演じる時田数に恋心をよせる大学生、荒谷亮介を好演しています。

映画を見る前に『コーヒーが冷めないうちに』の原作もチェック!

映画『コーヒーが冷めないうちに』は、川口俊和氏の同名小説を原作としています。原作は2015年に出版され、SNSでも「4回泣ける」と評判になり話題に上った作品。2017年には「本屋大賞2017」にノミネートされ、話題性の高い作品として実写化に至っています。

映画『コーヒーが冷めないうちに』をこれから観ようと楽しみにしている方も、この機会に原作をチェックしてみるのもいいですね!

コーヒーが冷めないうちに

¥1,404

販売サイトをチェック

『コーヒーが冷めないうちに』の予告編も観ておこう!

原作で世界観を感じたら、映画『コーヒーが冷めないうちに』の予告編もチェックしてみましょう。原作とはまた違う、幻想的でほっこりとした世界観をちょっとでも感じられるかもしれません。

予告編では有村架純さん演じる時田数が中心になっており、お店に訪れる人々のさまざまな過去や思いを少しだけ知ることができます。そして映画『コーヒーが冷めないうちに』では5つのルールが大きなキーポイントにもなっており、守ることで奇跡が訪れるというのもポイントになっています。

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』は、感涙作品として大きな話題を集めた原作を実写化した作品。完璧ではなかった過去と向き合う人々を繊細に描き、涙を誘う作品として昇華しています。気になる方は、ぜひ公開日に映画館でチェックしてみましょう!