LOVE

彼氏に甘えるポイントとは?甘え上手になる方法・テクニックを徹底紹介!

恋人の期間が長ければ長くなるほど、彼氏に甘えることも多くなります。しかし彼氏にしっかり甘えれる人とそうでない女性もおり、特に甘えられない女性は損をしていると感じることも多いです。そこでこの記事では、甘え上手になるための行動や、気軽に彼氏に甘える方法をまとめていきます。

彼氏に甘える方法【1】男性の性質を理解する

寄り添うカップル

人には、甘え上手と甘え下手な二つのタイプがいます。実際女性の大半は彼氏に甘えることができないタイプが多く、甘えること自体を「恥ずかしい」と捉えている人もたくさんいます。

しかし、女性の甘える態度は男性から見ると「かわいい」「愛おしい」「頼られている」と感じさせるため、恋人関係をより親密にさせる要素として大きく作用してくれます。逆に甘え下手な女性は、男性から見ると「一人でもやっていける人」「俺がいなくてもいい」と認識されてしまい、離れてしまうきっかけにもなりかねません。

このため、男性の性質として女性が甘える行為は好感が持てるのを理解しましょう。甘え下手な人もたまには頼ってみると、恋人関係を深めるきっかけにもなります。

彼氏に甘える方法【2】普段は甘えない

NOのサインを出す女性

彼氏に甘える方法として、普段は甘えるような態度を取らないのがポイント。
男性は、時折見せる女性の甘える姿勢にグッとくることが多いです。人前では彼に対してできるだけ冷たい姿勢を貫き、二人だけの空間にいるときにそれとなく甘えるのが、甘え上手の特徴でもあります。

彼氏に甘える方法【3】二人きりの時はできるだけベタベタになる

スキンシップを図るカップル

彼氏にうまく甘えるには、普段とまた違った態度を二人っきりの時に見せることも重要。二人になったときは、できるだけスキンシップを図ってみるのがいいでしょう。無邪気に笑ったり、「ねぇねぇ」と声を掛けれるようになれば、あなたも甘え上手の仲間入りです。

彼氏に甘える方法【4】些細なことからお願いする

願い事をする女性

彼氏に甘えるには、些細なことからお願いするのもコツの一つ。いきなり大きな問題や思いお願いを振ってしまうと、彼氏も面倒と感じてしまいます。最悪お願いを無視して逃げる姿勢を取ってしまうので、お互いの関係に溝ができやすくなります。

こうならないように、お願いは些細なことから始めるのがポイント。例えば手の届かない場所にあるものを取ってもらったり、力が必要な場面でお願いするなど。男性は男らしい所を彼女に見せたい心理もあるので、それをうまく利用してお願いするのもいいでしょう。

彼氏に甘える方法【5】お願いは正直に

胸に手を当てる女性

彼氏に上手に甘えるコツとして、お願いをするときは正直に伝えることが重要。特にプライドの高い女性は、彼氏に迷惑を掛けられないという意識があるため、正直な気持ちになれないケースが多いです。

辛いときは「一緒にいてほしい」と口にしたり、ちょっとした悩みを彼氏に打ち明けてもバチは当たりません。むしろ彼氏も「自分を頼ってくれている」「自分を必要としてくれる」という認識を持つので、あなたを大切にしてくれるようにもなるのです。

彼氏に甘える方法【6】ちょっぴり照れて男心をくすぐる

照れる女性

普段は甘える素振りを見せない女性も、照れるように甘えることで「かわいい」と思わせることができます。特に、プライドの高い女性の甘える姿勢に男性はグッとくることが多いです。甘えるのが恥ずかしいけど思い切って甘えている表情は、独り占めしたいという意識を彼に芽生えさせます。

彼氏に甘える方法【7】時には弱音を吐く

頭を抱える女性

甘えるのがどうしても苦手という人は、彼氏に弱音を吐いてみるところから始めてみるのも一つです。落ち込んでいたり辛いときは表情も暗くなるので、彼氏だって心配になります。強気でいるのも悪くはないですが、彼氏と二人きりの時は心を開いて打ち明けてみることで甘えやすくなります。

彼氏からも「頼られている」という意識が出てくるので、あなたの弱い部分を理解するようになるでしょう。

彼氏に甘える方法【8】甘え上手になるには手を繋ぐところから

手を繋ぐカップル

甘え上手になるには、さまざまなハードルを飛び越える必要がありますが、特定の行動を起こすことは身近で実践しやすいです。まずは彼氏の手を繋ぐところから始めて、相手との距離感を縮めていくことで甘えやすい環境ができあがってくるでしょう。

これはいわゆるスキンシップの一つですが、人前でベタベタするのは違和感があるのでNG。彼氏と手を繋ぐのが自然に映るので、さりげなく実践していくことがポイントです。

彼氏に甘える方法【9】頻繁に甘えるのはNG

ラブラブなカップル

甘え上手になろうと状況を考えずに必死に甘えるのは、周りの印象も悪くなるのでNG。特に頻繁に甘えるような女性は、同性からも異性からも嫌われやすくなります。

彼氏からも「うざい」「一人じゃ何もできない」と思われてしまうので、何でも甘えてしまうのは避けましょう。彼氏と程よく距離を保ち、ここぞというときに甘えるのが甘え上手になるコツでもあります。


彼氏に賢く甘えるようになれれば、コミュニケーションにも影響が出るので人間関係や仕事面でも役に立つことが増えるでしょう。当然彼氏からの印象も変わるので、よりあなたを大切にしていきたいと考える機会も多くなります。いつも甘えるのではなく、甘える一面をちょっとだけ見せるのがあなたの大きな魅力にもなるのです。