BEAUTY

パーティーメイクのやり方・方法は?おすすめコスメもご紹介

結婚式や女子会などには、いつものメイクとは違うパーティーメイクで参加しましょう!ここでは、パーティーメイクのやり方とプチプラからデパコスまで、パーティ―メイクにおすすめのコスメをご紹介します。

パーティーメイクのポイントは?

ドレス姿の女子たち

結婚式や女子会、同窓会などに参加する時のパーティーメイクのポイントは「華やかさ」と「上品さ」を両立させることです。


■華やかさのあるメイク
パーティー会場は照明が暗いところが多めなので、普段と同じようにメイクすると、地味な印象に……。パーティーメイクはいつもより少し派手に仕上げて、華やかな雰囲気を演出しましょう。

華やかさを意識してメイクすれば、照明が暗い場所でも明るい雰囲気になって、写真に写った姿もきれいです。


■上品さも忘れずに
パーティーで目立ちたいからといって、ポイントメイクに色を使いすぎたり、ベースメイクが厚塗りになったりすると、下品な印象になってしまいます。

特に、結婚式などのフォーマルな場所では、上品なメイクを意識して、30代以上の人からも好印象をゲットしましょう。

パーティーメイクのやり方▶ベースメイク編

ベースメイク用のコスメ

どれだけポイントメイクを頑張っても、ベースメイクが汚いと、華やかな雰囲気は出せません。パーティーメイクをする時は、ベースメイクから丁寧に仕上げていきましょう。

ベースメイクで肌にツヤを与えれば、パーティーにふさわしい華やかな雰囲気を出せます。


■化粧下地
パーティーメイクの化粧下地は崩れにくさを重視して選ぶのがおすすめです。パーティーに参加している間は化粧直しのタイミングが少ないので、時間が経っても崩れない化粧下地を使って、夜まで美肌をキープしましょう。


■ファンデーション
華やかな印象のツヤ肌に仕上げたい時はリキッドタイプやクリームタイプ、クッションタイプのファンデーションを使うのがコツ。厚塗りにならないように、しっかりとファンデーションを伸ばしましょう。

ニキビなどの肌トラブルが気になる時は、ファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーを使うと、厚塗りを避けられます。


■フェイスパウダー
化粧崩れを防ぐためには、フェイスパウダーが必須。パールやラメ入りのフェイスパウダーを使うと、ツヤが出て、華やかな雰囲気に仕上がります。


■ハイライト
顔にツヤと立体感をプラスしたい時は、おでこや鼻筋などにハイライトを入れましょう。光を集めるハイライトを使えば、写真写りも良くなります。

パーティーメイクにおすすめのファンデーション:CLINIQUE(クリニーク) イーブンベター グロウ メークアップ 15

塗れば塗るほど、ツヤ肌に近づけてくれるファンデーション。シアーからミディアムまで、好みに合わせて仕上がりをコントロールできます。
スキンケア成分がたっぷりと含まれているので、長時間経っても崩れにくいです。

CLINIQUE(クリニーク) イーブンベター グロウ メークアップ 15

¥5,184

販売サイトをチェック

パーティーメイクにおすすめのハイライト:CEZANNE(セザンヌ) パールグロウハイライト

パールがクマやくすみを飛ばして、濡れたようなツヤを出してくれるプチプラのハイライト。
Tゾーンに入れると、顔に立体感が出て、Cゾーンに入れると、パーティー会場の暗い照明の下でも華やかな雰囲気を演出できます。

CEZANNE(セザンヌ) パールグロウハイライト

パーティーメイクのやり方▶アイメイク編

アイシャドウを塗る女性

パーティーメイクでは、目元の印象をアップさせて華やかに見せることも大切。ただし、派手な色をたくさん使うと、下品に見えてしまうので、ドレスとのバランスを見ながら、上品にアイメイクを仕上げましょう。


■アイシャドウ
派手な色ではなく、ラメやパールが入ったアイシャドウを使うと、自然に華やかな目元を演出できます。ベースには、ブラウンやピンクなどの肌なじみの良いカラーを使い、黒目の上や目頭にラメやパールのシャドウを重ねましょう。


■アイライン
目元の印象をアップさせるためには、アイラインは必須です。まつげの間を埋めるように、しっかりとアイラインを引いて、目を大きく見せましょう。

黒のアイラインを引くとケバくなってしまう人は、茶色やバーガンディ、ボルドーのアイラインを使うのがおすすめです。


■マスカラ
ボリュームタイプのマスカラでまつげに存在感を出すと、写真映えします。

ただし、落ちやすいマスカラはパンダ目の危険があるので、避けた方が良いでしょう。特に、結婚式などで泣いてしまう可能性がある場合は、ウォータープルーフタイプのマスカラを選ぶのがおすすめです。

まつげのボリュームが少ない人は、つけまつげを使うと、華やかなパーティーメイクに仕上げられます。

パーティーメイクにおすすめのアイシャドウ:ADDICTION(アディクション) ザ アイシャドウ

絶妙な99色のカラー展開が魅力の大人気アイシャドウ。パーティーメイクにはパールやラメが入ったカラーがおすすめです。
ブラウンやベージュなどのベーシックカラーも豊富に揃っているので、肌なじみが良いですよ。くすみにくいカラーを選びましょう。

ADDICTION(アディクション) ザ アイシャドウ

¥2,160

販売サイトをチェック

パーティーメイクにおすすめのアイライン:msh(エムエスエイチ)ラブ・ライナー リキッド

汗や皮脂に強いのに、お湯で落とせるアイライナー。定番のブラックやブラウン、バーガンディまで、使いやすいカラーが揃っています。繊細なラインも描きやすいので、まつげの間を埋める時も失敗が少ないでしょう。

msh(エムエスエイチ)ラブ・ライナー リキッド

¥1,728

販売サイトをチェック

パーティーメイクのやり方▶チーク編

クリームチークを塗る女性

チークはアイメイクやリップメイクとのバランスを考えて入れるのがコツです。アイメイクとリップメイクを派手に仕上げた時は、コーラルピンクやローズなどの肌なじみの良い色のチークを入れると、上品さを演出できます。

使用するチークはクリームタイプがおすすめです。クリームチークは化粧落ちしにくいので、長時間化粧直しできない時や二次会に参加する時でも、美しい仕上がりをキープできます。

パーティーメイクにおすすめのチーク:CANMAKE(キャンメイク) クリームチーク

大人気のプチプラチーク。潤いがたっぷりと含まれていて、肌に伸ばしやすいです。頬に塗った瞬間に、チークが溶け込みます。自然な血色感を出してくれるため、塗りすぎてしまう心配もないでしょう。

CANMAKE(キャンメイク) クリームチーク

パーティーメイクのやり方▶リップ編

ドレス姿の女性たち

リップのカラーはドレスの色に合わせて選ぶのがおすすめです。黒ドレスやネイビードレスなど暗めのドレスを着る時は、赤や青みピンクなどの発色が良いリップを使うと、顔が明るく見えます。

ピンクやベージュなどのドレスを着る場合は、落ち着いた発色のリップを使うと、上品な雰囲気を演出できるでしょう。

また、結婚式などでは、食事をする機会もあるので、リップの色落ちを防ぐのも大切です。リップを塗った後に一度ティッシュオフして、再びリップを重ねれば、長時間発色をキープできます。

パーティーメイクにおすすめのリップ:JILL STUART(ジル スチュアート) フォーエヴァージューシー オイルルージュ

発色が良く、唇にツヤを出してくれるオイルタイプのリップ。唇に密着するため、時間が経ってもメイク後の仕上がりをキープできます。華やかな色の赤系から上品なピンクベージュ系まで揃っているので、ドレスに合わせて色を選びましょう。

JILL STUART(ジル スチュアート) フォーエヴァージューシー オイルルージュ

¥3,024

販売サイトをチェック

パーティーメイクは華やかさと上品さを両立させることが大切。ドレスに合ったいつもより派手なメイクで、特別な日を楽しみましょう。