LIFESTYLE

映画『クワイエット・プレイス』ってどんな作品?あらすじやキャストは?

2018年に公開されたアメリカのホラー映画『クワイエット・プレイス』。どんなストーリーなのでしょうか。そこで今回は、映画『クワイエット・プレイス』のあらすじやキャストをご紹介します!

『クワイエット・プレイス』ってどんな映画?

映画『クワイエット・プレイス』は、エミリー・ブラントが主演のホラー映画。
なんと監督を務めたのは、エミリーの夫であり俳優のジョン・クラシンスキー。ジョンは、作品にも出演し夫婦共演が話題になりました。

【あらすじ】

舞台は2020年。宇宙からやってきた怪物によって人類は滅亡の危機に瀕していました。その怪物というのは、“音”に反応して人に襲ってくる……というもの。

そんな過酷な環境のなかでも手話を使い生き延びてきたアボット家。しかし、ある日末っ子のビューは、音が出るおもちゃを鳴らしてしまい怪物に殺されてしまいます。そのおもちゃを渡したのは、長女のリーガン。リーガンは、自分を責め、父親のリーとも険悪な雰囲気に。

その頃、妊娠中の妻・エブリンは産気づきます。

声をあげることなく、子供を産むことはできるのか……?!また一家の運命は?

『クワイエット・プレイス』
ーーーーーーーーーー
公開日:2018年9月28日
監督:ジョン・クラシンスキー
原案:スコット・ベック、ブライアン・ウッズ
キャスト:エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ ほか
上映時間:90分
ーーーーーーーーーー

【キャスト紹介】リー・アボット役:ジョン・クラシンスキー

監督兼アボット家の家長を務めるのは、ジョン・クラシンスキー。

本名、ジョン・バーク・クラシンスキー。1979年10月20日は生まれの、アメリカ合衆国の俳優です。

2001年にアメリカのブラウン大学の劇作専攻を卒業後、2004年の映画『愛についてのキンゼイ・レポート』で俳優デビュー。2005年から2013年に放送されたドラマ『The Office』で人気を集め、ピープル誌の「セクシーな男性」のひとりに選ばれるなど知名度を上げていきました。

そんなジョン・クラシンスキーの監督デビューは、2009年の『Brief Interviews with Hideous Men』。

プライベートでは、エミリー・ブラントと2010年に結婚しています。

【キャスト紹介】イヴリン・アボット役:エミリー・ブラント

妻のエブリン役を演じるエミリー・ブラントは、1983年2月23日生まれ。イギリス出身の女優です。

2010年に舞台女優としてデビュー後、2003年に『ウォリアークイーン』に出演し、映画デビューを果たします。

2006年に公開された人気映画『プラダを着た悪魔』でハリウッドに進出したエミリー。この映画の出演でゴールデングローブ賞の助演女優賞やアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされ、注目を集めました。

その他の代表作は、『ヴィクトリア女王 世紀の愛』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』『ボーダーライン』など。

【キャスト紹介】リーガン・アボット役:ミリセント・シモンズ

ミリセント・シモンズは、アメリカのユタ州出身の女優です。

聴覚障害をもつミリセント・シモンズ。普段は手話を使ってコミュニケーションを取っているそう。

2017年に公開されたアマゾン配給の『ワンダーストラック』のローズという聴覚障害を持つ役で女優デビューを果たし、その高い演技力が評価され一躍有名になりました。

今回の『クワイエット・プレイス』は女優として2作目の出演。自分のせいで兄弟が怪物に襲われてしまい、悩む長女の役を演じています。

【キャスト紹介】マーカス・アボット役:ノア・ジュープ

アボット家の息子・マーカス役を演じるノア・ジュープはイギリス出身の子役です。

生年月日は、2005年2月25日。2015年頃からテレビドラマなどで活躍。映画デビューは、2017年の『The Man with the Iron Heart』。

2018年、2019年も出演予定の映画が決まっており、人気が伺えます。

映画『クワイエット・プレイス』のエピソードやアメリカでの評価は?

アメリカで公開され大ヒットを記録したこちらの作品。手話で演技をする、“音を立てたら即死”という斬新なストーリー展開が新鮮!と、辛口評論家たちの間でも話題に。

映画評論家たちのレビューサイト“Rotten Tomatoes”のなかでも、2018年4月7日の時点で97%のスコアを獲得。

「すごく良かった。独特な映画だからリメイクは難しいだろう」や「脚本はまぁまぁだけど、演技が良かった」など良い意見が目立ちます。

ちなみに今までハリウッドでは、私生活で夫婦と知られる役者が映画の中で夫婦役を演じると失敗する……というジンクスのようなものがありますが、今回は大成功。前例を見事覆しました。

おしどり夫婦として知られるエミリー・ブラントとジョン・クラシンスキー。夫婦二人三脚で映画を成功に導いたようです♪

映画『クワイエット・プレイス』の予告動画

 

予告動画を見ただけでもドキドキ感が伝わってきますよね!


映画『クワイエット・プレイス』のキャストやあらすじをご紹介しました。今までとは少し違うホラー映画。ぜひ、この機会に見てみてくださいね♪