BEAUTY

一重メイクの方法って?ひとえまぶたに似合うアイメイクの作り方レシピ

目元が一重だと、どうしてもアイプチやアイテープに頼ってメイクをしてしまいますよね。しかし、一重には一重にしかない魅力があります。アジアンビューティーのようなクールでかっこいい一重メイクをしてみませんか?一重メイクの仕方やかっこいい目元を作る方法についてご紹介します。

一重メイクのポイント

伏し目がちな女性

一重メイクには、気をつけなくてはいけない部分や押さえておきたいポイントがあります。一重メイクのポイントについてご紹介します。

■濃いカラーに頼りすぎない
一重メイクをする場合は、濃いカラーに頼りすぎないということがポイントです。一重メイクというと、何となくグレーやシルバーのような濃いカラーを使って、目元を華やかに見せている印象があるかもしれませんが、化粧が濃く見えてしまい、逆効果になってしまうことがあります。

濃いカラーに頼ってしまうと、余計に目元が小さく見えてしまうこともあるので、濃いカラーに頼りすぎず、ナチュラルな陰影を作るようにしましょう。

■囲みアイはNG
一重の目元は、ぱっちり二重の人に比べると、どうしても目が小さく見えてしまいます。だからといって、一重の人が目をがっつり囲んでしまうと、反対に小さくなってしまうのです。黒でフチを作るよりも、フレームを最大限に活かして大きくしていくメイクを心がけていきましょう。

■クールならブラック、ナチュラルならブラウン
一重メイクでは、カラー選びが重要になります。一重の強みといえば、かっこいい系のクールメイクができることです。クールメイクをする時はブラックのアイライナーを使ってもOKですが、ナチュラルメイクにはきつい印象が出てしまうことがあります。

そういった場合は、ブラウンのアイライナーを使用すると自然に目元の印象を変えることができます。

■ラメを多用しない
一重メイクでは、ラメはほとんど使わない方が良いです。ラメは、乗せるだけでその部分に存在感が増します。そうすると、一重の場合目元よりもラメが強調されてしまうので、陰影というよりも派手さが前面に出てしまって、不自然です。

極力マットか、パール少なめのアイシャドウを使用することをおすすめします。

一重メイクのやり方【1】アイシャドウ

カラフルなアイシャドウ

一重メイクで使用するアイシャドウは、ブラウン系がおすすめです。自然な陰影を作りたいので、なるべくマットのものがおすすめです。

まずはベースを明るくするために明るいカラーをまぶた全体に乗せていきます。そして中間色のブラウンを二重を作りたい部分まで広げていきます。このアイシャドウによって、自然な陰影を作り出します。

クールに仕上げたい場合は、濃いめのカラーを使って自然なグラデーションを作ってもOKです。

最後に濃い締め色を目のキワギリギリに乗せていきます。グラデーションを作るというよりは、アイラインを引いていく感覚でアイシャドウを乗せていくと良いでしょう。

一重メイクのやり方【2】アイライン

様々なアイラインアイテム

一重メイクには、アイラインの引き方がとても重要になります。一重の人がやりがちなアイライナーは、見えないからと言って太く引きすぎるということです。アイラインは見えるまで太く引いていけばいいというものでもありません。

黒い部分が多いと、どうしても目が締まって小さく見えてしまうのです。アイラインはまつげの間を埋める程度の太さで引いていくことにしましょう。どうしても物足りないという人は、アイラインを引いた上からアイシャドウでぼかして太くしたり、アイラインからアイシャドウで自然なグラデーションを作るといいでしょう。

目尻は自分の目の形に合わせて引いていき、5ミリ程延長しましょう。この時跳ね上げて描くとクールビューティーな印象に、目の形に添わせて少し伸ばすと自然な猫目を作ることができますよ。

一重メイクのやり方【3】まつげ

様々なまつげアイテム

一重メイクの中で、目を縦に大きく見せる部分というのがまつげです。他の部分よりも多めに時間を取って仕上げていくべき場所なので、丁寧にしっかりと行っていきましょう。まつげメイクのポイントを1つ1つご紹介します。

■まつげをビューラーでしっかりと上げる
一重の場合、どうしてもまつげにまぶたが重なってしまっているケースが多いです。そうすると、まつげの長さが損してしまいますよね。それでもなるべく根元からしっかりと上げることで、ぱっちりした目元に近づくことができます。

最も大切なことは、自分の目に合ったビューラーを使うということです。自分の目の幅やカーブに合ったマスカラを使うようにしましょう。ビューラー1つで目元の印象が大きく変わっているので、自分のビューラー自分の目に本当に合っているのかどうか、しっかりとチェックするようにしましょう。

■マスカラ下地を使う
一重の場合どうしてもまぶたの重みで、まつげが下がってしまうことがあります。まつげが下がることを防ぐためには、マスカラ下地が必須になります。カールをしっかりとロックして、1日中下を向かないまつげを作っていきましょう。

■マスカラは根元にしっかりと液を付ける
マスカラを付ける場合は、しっかりと根元にマスカラをロックオンします。根元にマスカラがフィットしたら、その状態で3秒ほど待ってしっかりと密着させます。根元につけることが最も重要なので、この作業は絶対に行うようにしましょう。

なるべく多くのまつげにマスカラを付けるために、マスカラを根元に付けたら横にジグザグと動かしていきましょう。そうすることで短い毛をキャッチすることができます。これで完成です。


一重メイクの仕方についてご紹介しました。一重で悩んでいると、どうしてもアイプチやアイテープなどに頼ってしまいがちですが、一重にしかできないようなメイクもあります。アイプチを使わない一重メイクにぜひ挑戦してみてくださいね。