SCHOOL

友達が不登校に……学校に来ない友達にしてあげられること

Writer:lark10.0621

友達が学校にこれなくなってしまった……心配ですよね。友達として何かしたいけれど、重荷になってしまうのは避けたいもの。友達が不登校になってしまった時、友達としてできることについて考えてみましょう。

不登校の友達にできること①「学校にいこうよ」は言いすぎない

「学校に来てほしい」「寂しい」と思うのは、友達として当然ですよね。アナタの言葉がきっかけで、また学校に行く一歩が踏み出せるかもしれませんが、あまりに言いすぎてしまうと、かえってストレスになってしまうこともあるかもしれません。

特にクラスが違う場合は、クラスの状況がわからないので、余計に気になってしまうこともありますよね。ただ、確かに無関心も悲しいけれど、しつこく理由を聞かれすぎるのも嫌なものです。

誰よりも友達本人が一番、学校に行けずに悩んで困っています。友達が「行こうかな」という気持ちになった時に、さりげなく背中を押せるように、一方的に「学校にいこうよ」とか「学校に行った方いいよ」というようなことは言いすぎないようにしたいですね。

不登校の友達にできること②連絡はこまめに

不登校の友達にとって、連絡をくれるのは嬉しいコト。何気ない出来事や、テレビや芸能人、ゲームの話、Twitterでおもしろかったことなど、思わず笑っちゃうようなことでもなんでもOK♡普段から連絡を取っていれば、友達も元気をもらえますし、一人じゃないって思えるはずです。

同じクラスの場合は、仲の良い友達がいれば学校に行きやすくなりますよね。顔が見えない分、色々なことも話しやすいですし、連絡をしている間に、友達が悩んでいることの相談にも乗れるかもしれませんね。

不登校の友達にできること③気にしすぎるのも良くない!?一緒に遊ぶ

友達のことを気にかけることは大切ですが、気にしすぎはかえって傷つけてしまうことになることもあります。不登校になってからも、変わらず遊びに誘ってくれたり、家に来てくれるのは嬉しいもの。変わらないあなたの態度に安心するかもしれません。

クラスが違う場合は、友達の状況や気持ちもわかりにくかったりするものですが、友達がいるっているだけで元気になれますよね♡ただし、あまり誘いすぎたり、頻繁に訪問したりするのは控えた方がよさそうです。

不登校の友達にできること④授業のノートやプリントでサポート

不登校の友達の中には、行事やテストの日は学校に来れることもあります。特に、テストは、これからの進路を考えると、大事なもの。

授業のノートやプリントを届けたり、わからないところを教えられるのも、友達ならでは。学校の状況もわかったりしますし、学校にいけない間も、家で勉強できれば、学校に行ってからも授業の内容に入っていきやすいですし、テストも得点アップできますよね。

友達が疎外感を感じてしまわないように、授業のノートやプリント、ちょっとした学校や部活の様子なども、こまめに友達に届けてあげましょう♡


不登校になってしまった友達は、自分でも苦しんでいるはずです。そんな状況を少しでも良くできるように、友達としてさりげなくサポートできたらいいですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。