BEAUTY

寝ながらヘアケア♪ナイトキャップの使い方とおすすめアイテム

最近、ヘアケアに使えるとおしゃれ女子の間で話題になっているのが、海外の映画やドラマで目にするナイトキャップ。今回はナイトキャップの効果やかぶり方、おすすめのナイトキャップについてご紹介します。

ナイトキャップの効果

ナイトキャップを被る女性

ナイトキャップは寝ている間に髪をすっぽりと包みこむ帽子のことです。昔は寒さ対策やシラミ予防ために使われていましたが、現在はヘアケア目的でナイトキャップを使用する人が増えています。

ナイトキャップの美髪効果について確認してみましょう。

■摩擦によるダメージを軽減する
私たちは一晩で10~30回も寝返りを打つといわれていますが、寝返りのときに髪が枕や布団と擦れると、キューティクルが剥がれて切れ毛や抜け毛につながります。

ナイトキャップは髪と寝具の間に起こるダメージを軽減するために使えるアイテムです。かぶって寝れば、摩擦が減って髪へのダメージがやわらげられるので、切れ毛や枝毛などを予防できるでしょう。

■乾燥を予防
帽子には頭の乾燥を防ぐ効果があります。そのため、部屋の空気が乾燥して髪にダメージが与えられているときに、ナイトキャップで髪を保護すると、乾燥によるパサつきを防げてツヤのある美髪をキープできます。

■絡まり・寝ぐせを予防
髪をまとめてナイトキャップを被れば、寝返りを打っても髪が絡まりにくいです。また、寝ぐせがつきやすいショートヘアの人も、髪をナイトキャップに入れておくと、髪がまとまるので、寝ぐせがつきにくくなります。

■髪の傷みを修復する効果はない
ナイトキャップには髪のダメージを予防する効果がありますが、残念ながら、ダメージを受けた髪を修復する効果はありません。

そもそも、髪は死んでしまった細胞の集まりです。髪には血液や神経は通っていないので、頑張ってケアしても、修復させるのは難しいといわれています。

現在、髪が傷んでいる人は、ナイトキャップで新たなダメージを予防し、トリートメントなどで今の髪を最大限に美しく見せましょう!

ナイトキャップの選び方

考える女性

現在、注目を集めているナイトキャップはさまざまなメーカーから販売されています。どれを買おうか迷わないように、初めてナイトキャップを使う人は、選び方を知っておきましょう。

■素材
ナイトキャップは主にシルクかコットンで作られています。それぞれの特徴を知り、自分に合った方を選びましょう。

・シルク
吸湿性と放湿性に優れたシルクのナイトキャップは汗を吸い取る力が強く、蒸れを抑える効果もあるので、暑い夏でも快適に使えます。また、冬は外気から髪や頭皮を守ってくれる効果を期待できるので、寒さ対策や乾燥対策にも使えます。

その一方で、シルクのナイトキャップは手洗いしなければなりません。そのため、忙しい人はお手入れが面倒に感じてしまうこともあるようです。また、シルクはコットンに比べて効果なので、プチプラのナイトキャップを探している人にはおすすめできません。

・コットン
コットンは通気性があり、シルクよりも安いのが魅力です。さらに、敏感肌の人でも使える優しい素材なので、肌荒れが心配な人にも適しています。

しかし、美髪効果はシルクに及ばないといわれているため、ヘアケアを頑張りたい人は物足りないかもしれません。

■ゴムの締め付け
ナイトキャップを選ぶときは、ゴムの締め付けもチェックしましょう。締め付けがきついものは、頭痛や疲れを引き起こしたり、ゴムの跡が残ったりします。反対に、締め付けが緩すぎるものは、寝ている間に外れてしまうことも多いです。

■サイズ
髪が多い人やロングヘアの人は、髪を選ぶスペースが大きめのナイトキャップを選びましょう。

ナイトキャップの使い方

ナイトキャップを被る女性

ナイトキャップは正しい方法で被ると、効果を高められます。

■髪を乾かしてからかぶる
シャンプーの後はしっかりと髪を乾かしてからナイトキャップを被りましょう。濡れたままナイトキャップを被ると、雑菌が繁殖してしまいます。

■ロングヘアの人は髪をまとめる
ロングヘアの人は緩めに髪をまとめてからナイトキャップを被りましょう。簡単に結ぶだけでも良いですが、スポンジカーラーを使ったり、三つ編みにしたりしてからナイトキャップを被れば、翌朝のヘアセットが楽になります。

■洗い流さないトリートメントを使うのもおすすめ
髪のダメージが気になる人はナイトキャップを被る前に、洗い流さないトリートメントを使うのがおすすめです。ナイトキャップを被ると、成分が外に蒸発せしないので、トリートメントの効果を高められます。

おすすめのナイトキャップ①シルクナイトキャップ

「DHC(ディーエイチシー)」のシルクナイトキャップはシルク100%なのに、プチプラなのがおすすめのポイント。締め付け感が少ないので、ゴムが苦手な人でも、快適につけられます。

◆シルクナイトキャップ
定価:1,890円(税抜)

シルクナイトキャップ

¥2,041

販売サイトをチェック

おすすめのナイトキャップ②19匁天然シルク100%ナイトキャップ

「Lily Silk(リリー・シルク)」の19匁天然シルク100%ナイトキャップは渡辺直美さんが愛用していることでも知られているアイテム。さまざまなデザインがあるので、睡眠時のファッションにこだわりたい人にもおすすめです。

◆19匁天然シルク100%ナイトキャップ(19もんめてんねんシルク100パーセントナイトキャップ)
定価:7,685円(税抜)

19匁天然シルク100%ナイトキャップ

¥3,280

販売サイトをチェック

おすすめのナイトキャップ③パジャマ&ルームウェア ナイトキャップ

「Wacol(ワコール)」のパジャマ&ルームウェア ナイトキャップはコットン100%のナイトキャップ。大きめのサイズなので、ロングヘアの人もすっぽりと被れます。花柄の女の子らしいデザインなので、可愛いパジャマともよく合うでしょう。

◆パジャマ&ルームウェア ナイトキャップ
定価:2,600円(税抜)

パジャマ&ルームウェア ナイトキャップ

¥2,808

販売サイトをチェック

ナイトキャップは最近話題のヘアケアアイテムです。被って寝るだけで髪のダメージを予防できるので、髪の傷みが気になる人や忙しくてヘアケアに時間をかけられない人は、ナイトキャップを試してみてはいかがですか。