BEAUTY

鼻の下の産毛が気になる!正しいケア方法とおすすめアイテム

鼻の下に産毛があると、メイクのりやスキンケアの浸透が悪くなったり、顔が暗く見えたりします。今回はメイクのりを良くして肌の透明感をアップさせるために必要な鼻の下の産毛ケアの方法や注意点、おすすめのアイテムについてご紹介します。

鼻の下の産毛ケアの方法①かみそりやシェーバーで産毛を剃る

かみそりとシェービングクリーム

鼻の下に産毛が生えていると、ファンデーションが肌と密着しません。また、スキンケアをしても産毛が邪魔をして成分が肌の奥まで届いてくれないことも多いです。

鼻の下の産毛が気になったら、かみそりやシェーバーを使って優しく処理しましょう♡

かみそりやシェーバーで産毛を剃るときの手順を確認していきます。

■肌を清潔にする
肌が清潔でない状態で産毛処理をすると、菌が繁殖して肌荒れを起こす可能性があります。鼻の下の産毛処理をするときは初めにクレンジングと洗顔で顔の汚れや余分な皮脂、汗を取り除き、肌を清潔にしましょう。

産毛処理の前にクレンジングや洗顔をすると、顔が温まって肌がやわらかくなるので、かみそりやシェーバーの刺激も軽減できます。

■クリームを塗る
洗顔が済んだら、クリームを毛の流れに逆らって鼻の下に塗り、毛を逆立てましょう。事前に毛を逆立てておけば、優しい力できれいに産毛を処理できます。また、クリームを塗ると、かみそりやシェーバーがよく滑るようになるので、肌への刺激も抑えられます。

産毛処理前はシェービングクリームを使うのがおすすめです。しかし、シェービングクリームを用意する時間がない場合は、普段のスキンケアで使っているクリームや乳液でも代用しても良いでしょう◎

■かみそりやシェーバーで剃る
毛の流れに沿ってかみそりやシェーバーを当て、鼻の下の産毛を剃ります。毛の流れに逆らって剃ると、毛穴が広がったり、肌が傷ついたりすることがあるので、注意してください。

■保湿する
産毛を剃り終わったら、しっかりと保湿しましょう。普段のスキンケアで保湿力が足りないと感じたらコットンパックなどのスペシャルケアをするのがおすすめです。

鼻の下の産毛ケアの方法②抑毛ローションを使う

ローションを付ける女性

鼻の下の産毛が濃い人はシェービングに加えて抑毛ローションを使ったケアも取り入れましょう!

抑毛ローションとは産毛の成長を抑えるためのローションです。シェービングのような効果の即効性は期待できませんが、毎日使っていると、少しずつ鼻の下の産毛が目立たなくなってきます。

抑毛ローションの使い方を確認してみましょう。

■朝と夜に付ける
抑毛ローションは一日2回、朝と夜に塗りましょう。洗顔後や入浴後は肌に成分が浸透しやすいので、抑毛効果を高められます。

化粧水や乳液と併用する場合は、成分をたっぷりと浸透させるために、スキンケアの最初に抑毛ローションを付けるのがおすすめです。

■コットンパックする
抑毛ローションの効果を高めたいときはコットンパックも効果的です。抑毛ローションをたっぷりと浸したコットンを鼻の下にのせて3~5分程度置き、成分を浸透させると、だんだん産毛が薄くなってくるでしょう♡

鼻の産毛処理の注意点

顔の産毛を剃る女性

産毛処理はメイクのりを良くしたり、肌を明るく見せたりするために大切ですが、やり方を間違えると、肌荒れを起こす可能性もあります。

鼻の産毛を処理するときは、4つの注意点を確認しておきましょう!

■シェービングに石けんを使わない
かみそりやシェーバーで産毛を剃るときに、肌に石けんを塗っておく人がいますが、産毛処理に石けんを使うのはおすすめできません。石けんを使うと、肌が必要としている皮脂や角質が取れて肌が乾燥することがあるので、シェービング前はクリームを塗りましょう。

■かみそりやシェーバーは清潔に保つ
かみそりやシェーバーに菌が繁殖していると、肌荒れを起こしやすいです。菌は湿気が多い環境で繁殖するので、かみそりやシェーバーはお風呂や洗面所には置かず、風通しの良いところで保管しましょう。

肌への刺激をやわらげるためにも、錆が付いたかみそりや古くなったシェーバーは使わないのがおすすめです◎

■頻繁に産毛を剃らない
頻繁に鼻の下の産毛を剃ると、毛穴が傷ついたり、角質が奪われたりして肌荒れを起こすことがあります。鼻の下の産毛は一週間に1回を目安に剃り、毎日の産毛ケアは抑毛ローションを使いましょう。

■肌が敏感なときは産毛処理をしない
生理前や生理中、ニキビができているとき、体調が悪いときなどに産毛を剃ったり抑毛ローションを使ったりすると、肌が刺激を感じて炎症を起こす可能性があります。

肌が敏感なときは産毛処理をやめておきましょう。

鼻の下の産毛ケアにおすすめのアイテム①プレミア 敏感肌用 Lディスポ

「Schick(シック)」のプレミア 敏感肌用 Lディスポは顔の産毛処理用のL字型かみそり。刃にはきめの細かいガードが付いているので、デリケートな鼻の下も優しく産毛の処理をできることが特徴です。

ハンドルは持ちやすいので、かみそりを落として肌を傷つけてしまう心配も少ないでしょう♡

◆プレミア 敏感肌用 Lディスポ(プレミア びんかんはだよう エルディスポ) 3本入り
定価:258円(税抜)

プレミア 敏感肌用 Lディスポ 3本入り

¥278

販売サイトをチェック

鼻の下の産毛ケアにおすすめのアイテム②DIRTY シェービングクリーム

「LUSH(ラッシュ)」のDIRTY シェービングクリームはかみそりやシェーバーを使う前に肌に塗るアイテム。DIRTY シェービングクリームを塗ることで、かみそりやシェーバーの刺激を軽減できて肌に優しく産毛を処理できます。

乾燥を落ち着けるオーツミルクやシアバターなどの保湿成分も配合されているので、産毛処理後の肌荒れを予防できるでしょう。

◆DIRTY シェービングクリーム(ダーティー シェービングクリーム)100g
定価:1,204円(税抜)

Dirty シェービングクリーム 100g

¥1,300

販売サイトをチェック

鼻の産毛処理におすすめのアイテム③シーズンズ アフターケアトリートメント<ハード>

 

「明色化粧品(めいしょくけしょうひん)」のシーズンズ アフターケアトリートメント<ハード>は鼻の下の産毛処理におすすめの抑毛ローション。女性ホルモンのような働きで産毛を薄くするプエラリアミリフィカが配合されているので、使い続けることで産毛が目立たなくなってくる効果を期待できます♡

肌をなめらかに整えるパイナップル酵素や透明感を出すザクロエキスも配合されているので、産毛処理後の美肌キープにも役立ってくれるでしょう。

◆シーズンズ アフターケアトリートメント<ハード>
定価:800円(税抜)

<明色化粧品>シーズンズ アフターケアトリートメント<ハード>

¥864

販売サイトをチェック

鼻の下に産毛があると、メイクがのらなかったり、肌が暗く見えたりすることが多いです。産毛が気になっている人は、正しい方法で処理して美肌をキープしましょう。