FASHION

ジーンズのコーデ集!季節に合った着こなしテクをご紹介

季節を問わず1年中楽しめる重宝アイテム「ジーンズ」だからこそ、コーデのバリエーションを増やせばもっと楽しめます。今回は、トレンドを取り入れた季節ごとのジーンズコーデをご紹介するので、是非参考にしてください。

ジーンズのコーデを制する者はファッションを制する!

誰もが一枚は持っているジーンズ。だからこそ人と同じようなコーデから卒業したいと思いませんか?

いつも同じような着こなし方ばかりで、マンネリ化している方もいるでしょう。

ジーンズは季節を問わず取り入れることができるアイテムなので、コーデの幅も広いです。

無限に広がるジーンズコーデの中でも、ひときわ光るあなただけのスタイルを完成させてくださいね。

オリジナリティがあるワッペンジーンズで元気いっぱい夏コーデ

ウォッシュド加工のジーンズに、様々なワッペンを付けてポップな雰囲気に仕上がったジーンズは、明るく元気なコーデがよく合います。

夏らしい柄やネオンカラーのTシャツで、ストリートっぽくまとめて出かけましょう。シンプルコーデがお好みなら、白Tシャツにスニーカーでもおしゃれですね。

手持ちのジーンズにお気に入りのワッペンを付ければ、世界にひとつだけのオリジナルジーンズがになりますよ。

ダメージジーンズ×透けスカートでガーリーテイストをプラス!

ダメージジーンズもここ何年かトレンドアイテムとして大人気ですが、どうしてもクールな仕上がりになってしまいがちですよね。

そこで真逆のイメージである透け素材のチュールスカートをプラスして、ギャップを演出してみましょう!

春夏のトップスはTシャツ、秋冬はトレーナーやニットでも可愛いですよ。ショート丈のアウターを羽織ってもバランス良くまとまります。

小寒い季節はジーンズ×トレンチコートで大人っぽく

 

藤田ニコルさん(@2525nicole2)がシェアした投稿 -

小寒い季節にぴったりな大人っぽいトレンチコートに挑戦する時も、やっぱりジーンズが役立ちます。

インナーはパーカーやGジャンを着てレイヤードコーデにして、あまり背伸びをせず、カジュアルコーデに羽織るのがおすすめですよ。

カジュアルアップして大人っぽくするには、足元をスニーカーではなくヒールにしてみてくださいね。

人とかぶらないジーンズスカートでマンネリ解消!

ジーンズといえばミニスカートも年中重宝するアイテムですが、周りと同じようなコーデになりがちです。

そんな時はジーンズのスカート自体を個性的なアイテムにしてみましょう。

ワッペンをつけても良いですし、裾を切ってダメージ加工しても良いですね。また、つぎはぎジーンズスカートのように個性的なデザインのスカートなら、周りからの注目度もアップします。

タイツをはいたり、ロングブーツを合わせて防寒対策すれば、寒い季節にも役立ちますよ。

やっぱりシンプルが落ち着く!秋冬はニット×ジーンズで

寒い季節のコーデにニットは定番ですが、ジーンズに合うのはスムースなカシミヤニットよりもざっくり編みのニットです。

ただし、黒やグレーに頼りがちな冬コーデではなく白を基調にすれば、新鮮味もありますし、顔色もワントーン明るくなります。

濃い目のインディゴジーンズに白ニット、足元は白いスニーカーやサンダルといった白×ネイビーのコントラストは、清潔感もあり、男性からの好感度も高いですよ。

オフショルトップスはバギージーンズで上品コーデに!

 

夏の人気ナンバーワントップスのオフショルダーは、露出が多いだけにボトムで印象がガラリと変わります。

定番はデニムのショーパンやダメージジーンズですが、あえてバギージーンズを選んで上品なシルエットに仕上げましょう。

バギージーンズのようなワイドシルエットは、カジュアルスタイルに落ち着いた雰囲気をプラスしてくれる大人デニムと言えます。

スキニージーンズはロングコートでスタイルアップ!

 

Niki 丹羽仁希さん(@__niki22)がシェアした投稿 -

寒い季節は身体にぴったりとくっつくジーンズの方が防寒効果もあるので、スキニージーンズがおすすめです。

タイトなボトムには、ボリュームのあるトップスでメリハリをつけることでスタイルアップにつながるので、思い切ってロングコートに挑戦してみましょう。

チェスターコートやダッフルコートなら、着こなし次第で様々な雰囲気を出してくれますよ。

ただし、足元は足首を少し出してスニーカーを履いて、若々しさを忘れないようにしてくださいね。

旬のハイウエストジーンズは一年中活躍!

 

紗蘭(SARA)さん(@saracchidayo)がシェアした投稿 -

ひと昔前まではローライズのジーンズが主流でしたが、今はハイウエストが旬ボトムです。

着こなし方のポイントは、ウエストのラインを隠さないことです。トップスをショート丈にしたり、ウエストインするのを忘れないでください。

タンクトップから厚手のニットまで、季節を問わずどんなトップスとも相性が良いのも、ハイウエストジーンズのメリットです。もちろんアウターもショート丈を選んでくださいね。

MA-1×色落ちジーンズでクールなメンズライクコーデ

 

Chisato Yoshiki♡さん(@popochan318)がシェアした投稿 -

クール系のコーデがお好みなら、ほど良く色落ちしたダメージジーンズがマストです。サイズ感も、ピッタリでもユルユルでもなくほど良いジーンズに出会えればもう怖いものはありません。

春夏はサラッとTシャツや白シャツで、秋冬はチェックのネルシャツやMA-1などの男前アウターで、カッコいい大人女子を目指しましょう。

メンズライクなコーデにする時は、ダウンヘアにしたり、アクセサリーをつけて女性らしさをプラスしてくださいね。


ジーンズのコーデ次第で、その人のおしゃれ度がわかります。いつ見ても上手にジーンズを着こなしているなと思ってもらえるように、ぜひご紹介した着こなし方を参考にしてみてくださいね。