LIFESTYLE

スピーチの成功は人生の成功!?コツを掴めば話し上手になれる♪

学校や仕事先など、スピーチをしなければいけない場面は多く存在します。スピーチは誰もが苦手意識を持っており、また避けたいと考える人も多いです。しかしスピーチ力をしっかり備えて置けば、さまざまな場面で役に立ち、あなた自身を大きく成功させる要素にもなってくれます。今回は、スピーチを成功に導くコツなどをまとめていきます。

スピーチを成功に導くコツ【1】テーマを一つに絞る

悩む女性

スピーチを行うには、どんな話をするかを考えなければいけません。そのためスピーチの第一歩として、テーマを考えるところからスタートします。

スピーチのテーマを考えるコツは、一つに絞り分かりやすくまとめること。聞き手にストレートに感じてもらい、また共感できそうな物事をあげていき状況などに沿ったものを考えます。更に、自分が伝えたいことをメモ書きしておき、それらをうまくまとめて一つのテーマに昇華させましょう。

スピーチを成功に導くコツ【2】聞き手の情報を集める

情報を集める女性

スピーチのテーマを考える上では、会場に集まる年齢層や職業など、聞き手の情報を集めることもポイント。それらを踏まえることで、テーマの方向性をまとめやすくなります。

更に聞き手の情報をまとめておくことで、彼らに合わせた失敗談や体験談を交えて、聞きやすいスピーチを意識することもできるでしょう。

スピーチを成功に導くコツ【3】スピーチ構成を3~4つにまとめる

メモ書きをする女性

スピーチのテーマを決めた後は、どのような話を構成するのかを考えていきます。スピーチの構成を考えるコツは、3~4つにまとめること。

作文や小説などの基本である「起承転結」のような4部構成ですが、人によっては落語を参考にして3部構成にするケースもあります。構成を理解しやすくするためにも、原稿にまとめることを基本としましょう。

■スピーチの始め
スピーチの構成として、最初に何を伝えたいのかを明確にしていきます。

■スピーチの「掴み」
次は「なぜそのテーマを選んだのか」などの、テーマに対しての必要性や理由を話します。ここは「掴み」の部分なので、失敗談を交えるなどで聞き手に興味を持たせていきます。

■テーマを裏付けるエピソード
「掴み」部分の失敗談と合わせるように、テーマを裏付けるようなエピソードをいくつか用意しておきます。ここでは、聞き手の共感を更に深めていきます。

■テーマの結論
自身の失敗談やさまざまなエピソードに対しての、解決策などをまとめていく部分です。ここはテーマの結論部分なので、自分が伝えたいことをキャッチーにまとめていくことがポイントです。

スピーチを成功に導くコツ【4】無駄な部分を削りブラッシュアップ

屋外での執筆

テーマに沿った構成を原稿にまとめることができたら、一度読み返しておきます。こうすることで無駄な部分を客観的にチェックでき、添削してブラッシュアップできます。

できるだけじっくり読み返し、余裕があれば友人や家族など意見してくれる存在にも読んでもらいましょう。分かりやすい構成になっているかや、伝えたいことが伝わっているかなどもチェックしてもらいます。

スピーチを成功に導くコツ【5】スピーチ時の姿勢に注目する

スピーチでジェスチャーをする男性

スピーチの原稿ができたら、今度はスピーチの心構えや姿勢に注目していきましょう。スピーチを行う際の姿勢は、自信を持って堂々と行うのがポイントで、聞き手もあなたの言葉に信頼を寄せるようになります。

その他、聞き手に分かりやすく内容を伝えるためにも、ジェスチェーなどを取り入れてみるのもいいでしょう。

スピーチを成功に導くコツ【6】ゆっくり丁寧にスピーチを行う

スピーチを行う女性

スピーチの姿勢を決めたところで、今度は話し方にも注目をしていきます。スピーチでの話し方として基本になるのは、聞き手が聞きやすいことかどうかです。たくさんいる聞き手に平等に聞き取れるように、ゆっくり丁寧に話すことを意識します。

スピーチを成功に導くコツ【7】ポイントになる部分の話し方を意識

人差し指をあげる男性

スピーチの原稿には、自分が伝えたい言葉やポイントになる表現などをしっかり散りばめておきましょう。重要になる部分をしっかり伝えるためにも、3回繰り返すことが重要。
聞き手からも重要な表現や言葉であるのが理解でき、しっかりと意識付けさせることができます。

スピーチを成功に導くコツ【8】「間」を大事に取り入れる

スピーチに挑む男性

スピーチにおいて伝えたい言葉やポイントとなる表現がある場合、「間」を取り入れることも大切。大事な言葉の前に一呼吸おいて伝えるだけで、聞き手にも重要性を感じさせます。同時にスピーチでの緊張感も多少融和するので、「間」はできるだけしっかり取り入れていきましょう。

スピーチを成功に導くコツ【9】スピーチ前の緊張をほぐすには

草原で深呼吸する女性

スピーチの最大の敵でもある「緊張」。緊張してしまうと自分が伝えたいこともうまく伝わらず、また聞き手からも分かりにくいと認識を持たせてしまうので、できるだけ緊張しない状態でスピーチに挑みたいですね。

緊張を融和させるには、「呼吸」や「ゆっくり話す」ことがポイントになります。上記でも記した、「間」を取り入れるための呼吸をこまめに行ったり、ゆっくり話すことに集中することが緊張をさせないコツにもなります。

スピーチを成功に導くコツ【10】スピーチの経験を積み重ねる

スピーチを行う女性

スピーチを成功させるには、経験を積み重ねるというのも大きなポイントになります。チャンスがあればできるだけスピーチを行うようにし、場数を増やしていくことでスピーチが上達するでしょう。

最終的にはスピーチ一つであなたの印象も変化し、ビジネスなどにおいて大きな成功につながるかもしれません。


非暴力を唱えたガンジーやその意思を継承したキング牧師、失敗を成功に変えたチャーチルなど、歴代の偉人たちはスピーチの中で名言を残しています。それらの名言は偉人たちを象徴する言葉にもなっているというのもポイント。最高のスピーチをするためにも失敗や緊張を恐れず、自身の心から湧き上がるものをストレートに伝えることが重要です。