LIFESTYLE

映画『ラプラスの魔女』のあらすじやキャスト、原作小説や主題歌について

日本中で旋風を巻き起こした『ラプラスの魔女』。気になってはいるものの、見逃してしまっている人も多くいるようです。
そこで今回は、映画『ラプラスの魔女』のあらすじや見どころ、豪華キャスト情報をお届けします!

『ラプラスの魔女』のあらすじや見どころ

映画『ラプラスの魔女』は、東野圭吾(ひがしのけいご)さん書き下しの長編小説・『ラプラスの魔女』を、三池崇史(みいけたかし)監督により実写化された作品です。

妻と温泉地を訪れた初老男性が、硫化水素中毒で死亡する事件が発生することからストーリーは動き出します。

刑事の中岡は妻による計画殺人を疑うのですが、事件現場の調査を行った地球化学専門家の青江修介は、気象条件から見て実行は不可能だと事件性を否定。

しかし数日後、被害者男性の知人が別の地方都市で硫化水素中毒によって死亡する事故が、再び起きてしまうのです。

調査に行き詰まる青江の元に謎の女・羽原円華が現われると、これから起こる自然現象を見事に言い当てるとともに、事件の秘密を知る青年・甘粕謙人の行方を探していることを明かすけれど……。

円華に隠された秘密は何なのか、甘粕はどんな人物でどこにいるのか、そして第3の事件を未然に防ぐことはできるのか、最初から最後まで目が離せません。

公開日:2018年5月4日
監督:三池崇史
原作:東野圭吾
脚本:八津弘幸
キャスト:櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、志田未来、佐藤江梨子、TAO、玉木宏、高嶋政伸、檀れい、リリー・フランキー、豊川悦司 ほか
上映時間:116分

【キャスト紹介】青江修介役:櫻井翔さん

 

地球科学の専門家・大学教授であり、硫化水素中毒の事故調査を依頼される青江修介役を演じるにが、櫻井翔(さくらいしょう)さんです。

トップアイドルグループ『嵐』のメンバーとして活躍するだけでなく、『ピカ☆ンチ』シリーズや『木更津キャッツアイ』『ハチミツとクローバー』『YATTERMAN 〜ヤッターマン〜』など、数々の有名な作品に出演しています。

また、音楽番組の司会者や『NEWS ZERO』のキャスターを務めるなど、多彩な才能を発揮し、CM起用社数ランキングなどでも常に上位にランクインするほどの人気芸能人です。

【キャスト紹介】羽原円華役:広瀬すずさん

 

これから起こる自然現象を見事に言い当てる謎の女・羽原円華役を演じるのが、広瀬すず(ひろせすず)さんです。

2016年に公開された『ちはやふる』シリーズで映画初主演を務めると、『四月は君の嘘』や『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』でも主演を務め、『三度目の殺人』や『先生!、、、好きになってもいいですか?』では、ヒロインを演じています。

映画だけでなく、ドラマやCMなどでも活躍していて、2019年の春スタートするNHK連続テレビ小説『なつぞら』の主演が決定しています。

【キャスト紹介】甘粕謙人役:福士蒼汰さん

 

円華が行方を捜しており、事件の秘密を知る甘粕謙人役を演じるのが、福士蒼汰(ふくしそうた)さんです。

2011年に放送された『仮面ライダーフォーゼ』でドラマ初主演を果たすと、ちびっこだけでなくお母さん世代からも注目を集めます。
『ぼくが処刑される未来』や『好きっていいなよ。』『ストロボ・エッジ』などの人気作品でも主演を務めています。

今回メガホンをとる三池崇史(みいけたかし)監督の作品には3年連続で出演することになり、過去に『神さまの言うとおり』『無限の住人』に出演しています。

【キャスト紹介】奥西哲子役:志田未来

 

青江の助手で、無愛想だが青江のことをいつも心配している奥西哲子役を演じるのが、志田未来(しだみらい)さんです。

連続テレビドラマ初主演となる『14才の母』では見事に難しい役を演じきり、視聴者の心に残る女優さんになっていきました。
『母べえ』『誰も守ってくれない』『泣き虫ピエロの結婚式』『伊藤くん A to E』などの作品でも印象に残る役を演じています。

さらに、『借りぐらしのアリエッティ』や『風立ちぬ』などで声優を務めるなど、幅広く活躍されている女優さんです。

【キャスト紹介】水城千佐都役:佐藤江梨子さん

 

第一の事故で死亡してしまう男性の妻・水城千佐都役を演じるのが、佐藤江梨子(さとうえりこ)さんです。

元グラビアアイドルだった佐藤江梨子さんですが、『プレイガール』で映画初主演を務めると『キューティーハニー』『口裂け女』『すべては海になる』『リングサイド・ストーリー』など数多くの映画で主演を務めています。

2015年8月に第1子の男児を出産し、2016年2月スタートの昼ドラマ『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』では主演を務め、復帰を果たしました。

【キャスト紹介】桐宮玲役:TAOさん

 

円華を追跡する女・桐宮玲役を演じるのが、TAO(たお)さんです。

元ファッションモデルのTAOさんは、『Chanel』や『Givenchy』など、数多の有名なファッションショーへの出場経験があり、アジア人初となる『Ralph Lauren』などの広告にも登場していました。

アメリカ映画『ウルヴァリン: SAMURAI』や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に出演しており、日本映画では『クロスロード』にも出演されています。

【キャスト紹介】中岡祐二役:玉木宏さん

 

事件を担当する刑事・中岡祐二役を演じるのが、玉木宏(たまきひろし)さんです。

映画初主演となる『SPIRIT』を終えると、『恋愛小説』『雨鱒の川』『ただ、君を愛してる』など、数々の作品で主演を務めています。
中でも『のだめカンタービレ 最終楽章』は、2010年上半期邦画興収は前編が2位、後編が3位になるほど話題を集めました。

映画だけでなく、ドラマやCM、舞台、吹き替えなどでも活躍している人気俳優さんです。

【キャスト紹介】武尾徹役:高嶋政伸さん

 

桐宮の依頼で円華を追跡している武尾徹役を演じるのが、高嶋政伸(たかしままさのぶ)さんです。

1998年に放送されたNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』で初出演を果たすと、『都会の森』『ジュニア・愛の関係』『こちら本池上署』などで主演を務めます。

映画では『ゴジラvsビオランテ』『修羅場の人間学』『釣りバカ日誌18 ハマちゃんスーさん瀬戸の約束』などに出演しており、常に存在感のある役を演じている俳優さんです。

【キャスト紹介】羽原美奈役:檀れいさん

 

円華の母・羽原美奈役を演じるのが、檀れい(だんれい)さんです。
元宝塚歌劇団月組・星組トップ娘役として活躍されていました。

映画では『武士の一分』『母べえ』『四月は君の嘘』『ママレード・ボーイ』など、数々の人気作に出演。

大河ドラマ『平清盛』やテレビドラマ『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』にも出演しており、多数のCMでも活躍されています。

【キャスト紹介】羽原全太朗役:リリー・フランキーさん

 

脳神経外科の医師で、円華の父・羽原全太朗役を演じるのが、リリー・フランキーさんです。

『海街diary』『バクマン。』『探偵はBARにいる3』『blank13』など、数々の話題作に出演しており、第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得した『万引き家族』では主演を務めています。

俳優としてだけでなく、イラストレーター、ライター、エッセイスト、小説家、絵本作家、アートディレクター、デザイナー、ミュージシャンなど、多彩な才能を魅せるマルチタレントさんです。

【キャスト紹介】甘粕才生役:豊川悦司さん

 

甘粕謙人の父・甘粕才生役を演じるのが、豊川悦司(とよかわえつし)さんです。

1992年に放送されたドラマ『NIGHT HEAD』で武田真治(たけだしんじ)さんと共に主演を務めると注目を浴びるようになりました。
『フラガール』『犬と私の10の約束』『20世紀少年』『3月のライオン』など、数々のヒット作にも出演。

また、演技をするだけでなく、演出家としての顔もあり、芸能界で幅広い活躍を見せています。

『ラプラスの魔女』の原作

映画『ラプラスの魔女』の原作となるのが、2015年に作家デビュー30周年を迎えた東野圭吾(ひがしのけいご)さんが発表したベスト・セラー小説『ラプラスの魔女』です。

作家デビュー30年だけでなく、80作目の到達点として、東野圭吾さん自身は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました。」と語っています。

今までの小説の常識をくつがえすような衝撃の空想科学ミステリー小説です。

ラプラスの魔女 単行本

¥1,814

販売サイトをチェック

『ラプラスの魔女』の予告動画

 

『ラプラスの魔女』の予告動画がこちら♪

1分32秒という短い時間ですが、一瞬で引き込まれてしまいます。
進化系のミステリーですので、一緒に考えながら観ることも面白そうですね!

『ラプラスの魔女』の主題歌にも注目

 

『ラプラスの魔女』の主題歌は、ノルウェーを中心に活動するAlan Walker(アラン ウォーカー)さんの『Faded』です。

切なく響く歌詞やメロディーが、それぞれの登場人物の心情とリンクし、より一層ストーリーに引き込まれます。


いかがでしたか?
映画『ラプラスの魔女』には見どころがたくさんあるので、最初から最後まで夢中になって観れる作品になっています。
豪華キャストや主題歌にも注目しながら、ぜひチェックしてみてくださいね。