FASHION

アイテムのタイプ別に解説!おすすめカーディガンコーデ

肌寒い日や、1日の気温差の激しい春・秋のプラスワンアイテムとして大活躍する“カーディガン”。

定番アイテムとして持っているけれど、他のアイテムとの合わせ方がワンパターンになりがちで、いつも同じようなスタイリングになってしまう……と悩んでいる子も多いのでは?

そこで今回は、カーディガンのタイプ別におすすめのコーデを紹介します♡

カーディガンのコーデ術①ロングカーディガンを使ったコーデ

カーディガンの中でもここ最近の注目アイテムといえば、やっぱり“ロングカーディガン”!ひざ上丈からマキシ丈まで、自分の身長に似合うタイプを選べるので、しっかり試着して選びたいアイテムです。

ロングカーディガンのコーデのポイントは、ずばり「ボトムス」とのバランス!カーディガン自体の面積が大きくなる分、ボトムスはスキニーパンツやミニ丈など、コンパクトにまとめるとバランスを取りやすくなります。

ワイドシルエットのボトムスと合わせる場合は、スリット入りのロングカーデを選ぶと軽やかさが出ますよ♡

カーディガンのコーデ術②ショートカーディガンを使ったコーデ

今季はロングカーディガン以外に、主役のトップスとして使えるようなコンパクト丈のカーディガンも人気です。

ショートカーディガンは、ワイドシルエットなどのボリュームのあるボトムスと相性抜群!ちょっと抜き襟して羽織るとさらにこなれ感アップです。

ハイウエストデザインのものやベルトをプラスして、しっかりウエストマークをするとバランスが良くなりますよ♪

カーディガンのコーデ術③ローゲージニットカーディガンを使ったコーデ

セーターのように厚手で、編み目模様がデザインのポイントになったローゲージカーディガン。このタイプのカーディガンは、そのまま素直にジャケットのように使うのが正解!

シンプルニット×スキニーのベーシックコーデに、さらっと羽織ってみましょう。ローゲージニットがコーデのアクセントになり、着こなしにちょこっと甘さをプラスしてくれるのでおすすめです♡

カーディガンのコーデ術④ボリューム袖カーディガンを使ったコーデ

だぼっとしたサイズ感のボリューム袖カーディガンは、ゆるいのに絶妙に女っぽく仕上げてくれるスパイス的アイテム。

ボーダーTにゆるパン×スニーカーというラフなスタイリングでも、ゲージの荒いボリュームニットをプラスすると、不思議とこなれた印象になります。

ゆるコーデだけではなく、ワンピースなどのフェミコーデにプラスするのもおすすめです。

⑤セーター風カーディガンを使ったコーデ

カーディガンは羽織りものとして前を開いて着る方法が多いと思いますが、ボタンを全部閉じてセーターのように着こなすのもおすすめです。

前を閉じると首が詰まったようなデザインのカーディガンは、ハイネックのインナーとレイヤードするのが今年風♡

ボタンを留める数や、襟を抜いたりする着方で印象が変わってくるので、マンネリ化してきたらぜひ試してみてください!


カーディガンのタイプ別にコーデ例をご紹介しましたが、いかがでしたか?
手持ちのカーディガンの活用や、どんなカーディガンをプラスすればいいかなどの参考にしてみてくださいね♪