LIFESTYLE

タンスの収納に困っていませんか?おすすめの収納アイテムとコツを公開

身の回りには、毎日着る洋服や下着、靴下・ストッキング、そして防止やスカーフなどタンスに収納するものがたくさんあり、女子にとって収納方法は永遠の課題ですよね。また季節ごとのアイテムや服を入れ替えするのも一苦労、と面倒になりがちな収納。

今回はタンスやクローゼットの収納のコツとアイディア、そして人気のあるアイディア収納グッズなどもご紹介していきます。今の収納方法に満足していない人・困っている人や、より良い収納方法を探っている人は是非注目してみて下さいね。

タンスに収納する方法とコツをご紹介

タンスの収納グッズ1

朝や時間がないときに、タンスの中を開いて今日着ていく服を探すのは大変ですよね。もし整理整頓がきれいにされているのなら、すぐに服や小物が取り出せる上、自分の手持ちのワードローブが把握できます。

それでは、タンス収納を行うにはどのようなコツや方法があるのか、実例をみていきましょう。


■タンスの引き出しは仕切り箱を入れる

服や小物を収納するときや、衣替えのときに頭を悩ませることは、畳んでしまっている服が重なってごちゃごちゃになり、どこにあるか分からないとういう状態です。これを防ぐために、プラスチックや不織布などの仕切り箱・ケースを利用することです。

違う服の種類ごとに区切ってもいいし、ある程度の枚数や季節が違う服で区切る、など自分が使いやすい区切りをして、タンスに分割して収納するといいでしょう。この時に、カットソーやTシャツなども立てて収納すると、取り出すときに見やすいく出し入れもしやすいので、おすすめですよ。


■ハンガーはなるべく増やさないようにする

タンスには欠かせないハンガーですが、しっかりとした作りのハンガーは横の厚みがあるので、ハンガーでタンスの面積の大部分を占めるようなことになる可能性があります。

タンスの中のハンガーの数は、しっかりしたタイプは最小限に留めて「2つ折りハンガー」を活用するようにしましょう。細いタイプですので2つ折りで吊るすパンツ類やスカートがたくさん収納できるので、おすすめのアイテムです。


■ピンチ付きハンガーは使わないようにする

ハンガーの底辺部分にクリップが付いているタイプのハンガーは、とても便利で使用している人も多いのではないでしょうか。これは上下セットのスーツや、スカートなどを挟んで吊るし収納するときに使います。

しかし、このピンチ付きハンガーはスペースをかなり多くとってしまうので、なるべく少ない数にとめましょう。

タンスに収納するためのアイディアをチェック

タンスの収納グッズ2

ここではタンスに収納するときのアイディアを、いくつかピックアップしてみました。よりきれいに整頓する方法として、覚えておくといろいろと活用できて便利ですね。


■靴下やアンダーウェアはクルクル丸めて収納

収納方法にはいろいろありますが、下着や靴下などはクルクルと丸めて収納すると、一目でどこにあるのかがわかり、取り出しやすいです。また同じような色や形の靴下をまた買ってしまう、ということの防止になります。


■しばらく使わないものは圧縮して収納する

服は冬物などのセーターはモコモコとしてかさばるという難点があります。このような厚みがある服は、洗濯をした後は季節外には圧縮タイプの収納袋でしまうとコンパクトになりますね。また固くなることで、立てかけて収納できるのでいろいろなスペースに置くこともできるのでとても便利なのです。


■服を吊るした下のデッドスペースを上手く利用する

クローゼットなどに収納する場合は、服を吊るした下の部分がスペースが空いてしまうことがあります。このようなときは、デッドスペースを使って収納していきましょう。透明のボックスや不織布などでできたケースをおくと、かなりの量の服が収納できますね。

あまり使用しないバッグや、旅行用のボストンなどもこのスペースを使って収納する方法もあります。


■使用頻度が高い服をなるべく一箇所に寄せる

自分の手持ちの服のなかでも、お気に入りでいつも着る服と、あまり登場機会がないものとに分かればがちですね。ヘビロテの服はいつでも取り出せるように、できるだけ手前にしまうと取り出しやすいですね。

また、使用頻度が高い服どうしをまとめておくと、さらに早く取り出せますね。

タンスに収納するときに気を付けたいこととは?

タンスの収納グッズ3

タンスやクローゼットに収納するときには、以下のことに気を付けて収納することをおすすめします。


■衣類を詰め込み過ぎないようにする

限られた収納スペースを利用して、できるだけたくさんの衣類を収納したい気持ちもありますね。しかし、タンスの中に湿気がこもらないようにするために、8分目くらいの量まで入れるようにすることが大事です。


■引き出しに収納する服の素材にも気を使う

衣類には綿やウール、麻、ポリエステルなどさまざまな素材があります。タンスに収納するときには、なるべく上から順番に「デリケートなうーるや大事なおしゃれ着」「混合の織物。ポリエステル、科学繊維」「湿気に強い綿や麻」の上から下の段に順番で入れると、カビが出にくくなります。

おすすめのタンス収納のためのアイテム①:ハニカム型仕切りでスッキリ収納!

8枚1セットになったハニカム型 (ハチの巣型)の仕切りグッズです。仕切りの高さは7cm。自分のタンスや引き出しに合う大きさに調節できる、スナップで止める形式の収納グッズです。連結していろいろは場所に使えますね。

こまごまとした下着やタイツ・ストッキング、ネクタイ、ハンカチ、スカーフなどの収納におすすめしたいグッズです。引き出しの中に服や小物が埋もれてしまうことなく、上から目視できるので忙しい朝などにも便利ですね。見た目の美しくて楽しい収納グッズです。

ベルメゾン 引出し衣類収納間仕切り

¥1,620

販売サイトをチェック

おすすめのタンス収納のためのアイテム②:タンスの中を仕切りで整頓

プラスチック製のアイテムで種類や大きさに合わせて自分で動かせるタイプの仕切りが付いた収納ボックスです。整理と収納のプロフェッショナルのアドバイザーが監修したケースです。

仕切りの上部にはタグが付いていて、中身について書いたシールを貼れます!いつでもきちんと整理できた状態で収納できるので、取り出すときに迷わないで出し入れできますね。

フェリシモ 出し入れスムーズ 引き出し整とんボックス

¥702

販売サイトをチェック

おすすめのタンス収納のためのアイテム③:吊るして収納するケース

タンス内部やクローゼットに付いているポールに、直接取り付けることができる「吊るすタイプの収納」です。ちょっとした隙間を使って、気軽に収納のためのスペースが確保できますので、わざわざ別に棚やケースと購入することなく、服や小物の整理整頓ができますね。

特におすすめしたい収納品は、シャツやセーターなどです。また、型崩れしやすい帽子の収納にも便利ですね。帽子などは外の掛けておくとホコリが付くので、タンスの中であれば安心です。専用の収納ボックスも別途販売されていますので、併せ使いもおすすめです。

ニトリ 吊り収納6段(ブラウニー)

¥999

販売サイトをチェック

おすすめのタンス収納のためのアイテム④:シャツの新しい収納「TATEMU」

とても珍しいタイプのアイディア収納グッズの「TATEMU(たてむ)」。TシャツやYシャツなど、たたむと探しにくいものや、たたみシワが付いてしまいがちな衣類を挟んで収納する変わったタイプのタンスの収納グッズでです。

Tシャツを畳んだ状態で、まるで本のように立てかけて置くこともできますね。完全にふさがれていないので、上から柄や色も見え自分でシャツを探す際にもとても便利です。また見せる収納にもできるので、自分のアイディア次第でいろいろな置き場に収納できますね。

ニッセン Tシャツ専用収納 TATEMU(たてむ)同色6枚セット

¥1,069

販売サイトをチェック

ここまで、タンスの収納に関してのコツやいろいろな方法、そして自分でもできるアイディアなどを中心にご紹介してきました。また、おすすめしたいタンス収納のアイテムもピックアップしました。タンスの収納は、きちんと整理整頓することで毎日の生活が快適に過ごせて、気分のなぜかスッキリしますね。

ちょっとしたコツやアイディアで、今の収納方法からさらに快適な収納にグレードアップできること間違いなしです!ぜひ自分の部屋に合う方法をみつけてみましょう。