BEAUTY

前髪の上手な流し方が知りたい!長さやスタイル別に巻き方やコツを徹底解説♡

伸びかけの前髪や長い前髪に必須の「流し前髪」。斜めに流すのは定番ですが、意外と上手くできない……とお悩みの方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、上手に流すコツや、巻き方などをご紹介します。

上手な前髪の流し方は?

顔の印象を大きく左右する前髪。前髪がきちんと決まっていないと、一日中テンションが上がらないものですよね。

なかでも人気の斜め前髪は、簡単そうなのに上手くできない……と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

気付くと真っ直ぐになっていたり、おかしな位置でぱっくり割れてしまっていたり。

そこで今回は、上手な前髪の流し方を解説します。

カールアイロンを使った基本の前髪の流し方をチェック!

カールアイロンは流し前髪を作るときの定番のアイテム。カールアイロンを使うことで、ふんわり可愛い前髪を作ることができますよ。

でも、カールさせているのに何故か、上手く流れてくれない!髪が言うことを聞いてくれない!なんてことも。そんな時は、前髪を巻く方向を変えてみましょう。

【1】流したい前髪を3等分にする
【2】流したい方の反対に引っ張りながら巻く
【3】全部巻いたら、手で流したい方向に整え、ワックスなどを付けて完成

前髪は少量ずつ巻くのがポイント。前髪が崩れやすい方は、サイドやトップの髪を取ってもう一度強めに巻くとカールが長持ちしますよ。

髪質によって、はじめから流したい方に巻く方が上手くいく場合もあるので試してみてくださいね。

下に向かって真っすぐ巻くとただのボリューミーな内巻きになってしまうので注意!

ストレートアイロンを使った前髪の流し方は?

毛先をクルンと巻きたい時は、ストレートアイロンがおすすめ。ストレートアイロンなら、巻き方を調節しやすいので、初心者さんにも安心です。

ストレートアイロンで巻くときも、少量ずつ髪を分けてから巻くのが大切。前髪の半分から毛先にかけてカールさせていきましょう。

「し」の字を意識しながら巻くとナチュラルに仕上がります。

マジックカーラーを使った前髪の流し方は?

 

Terrarium @ebisuさん(@terrarium_ebisu)がシェアした投稿 -

アイロンを持っていない、という方は100円ショップなどで気軽に購入できるマジックカーラーがおすすめ。
火傷や髪の傷みを気にせず使えるので安心ですよ。

まずは、前髪のくせを取ることが大切。

【1】前髪の根本から水で濡らし、巻きたい方向の反対に向かってドライヤーで乾かす
【2】前髪を流したい反対方向に引っ張りながら、根本までマジックカーラー巻く
【3】2,3分ドライヤーで熱風を当てる
【4】熱が取れたら、マジックカーラーを取り整えて完成

マジックカーラーの太さは髪量や長さによって合うものを選びましょう。

長め前髪の流し方のコツ

長い前髪は、毛先をふんわり巻くのが必須。

根本は内巻き、毛先は軽く外ハネさせることで、色っぽいS字バングの完成です。ぺったりしてしまう方は、事前に根本をドライヤーを使ってふんわり立ち上げておきましょう。

短め前髪の流し方のコツ

短め前髪をふんわり巻くときは、カールアイロンだと火傷しやすいので、ストレートアイロンがおすすめです。子供っぽくみえがちなショートバングも斜めにふんわり流すことで、ぐっと大人っぽい雰囲気に。

短い前髪は浮いてくるのが悩み、という方は事前に濡らした前髪にブラシでぺったり固定しながらドライヤーをあてるようにしましょう。

人気のかきあげ前髪の流し方は?

トレンドのかきあげ前髪は、根本を立ち上げるのが成功のポイント。

作り方の手順は、
【1】前髪の根本を濡らして、かきあげながらドライヤーの熱風をあてる
【2】かきあげをキープしたまま、ドライヤーを冷風に切り替えて冷やす
【3】それでも立ち上がらない時は、髪の分け目反対側に変えてドライヤーで冷風をあてる
【4】毛先をカールアイロンで滑らせながら外ハネにし、流す
【5】スタイリング剤をつけて整えたら完成

髪はドライヤーで温めた後、冷やすことでくせが付くので冷風をあてるのをお忘れなく!

短くてもかきあげ前髪にする流し方は?

普段ぱっつん前髪の方も、かきあげバングは作れます!簡単にイメチェンができるのでおすすめ。

作り方は通常のかきあげ前髪と同じです。しかし短い前髪の場合、根本が立ち上がりにくいので、前髪の根元からジェルやワックスなどのスタイリング剤をつけるのがマスト。

シースルー前髪の流し方は?

 

石渡 諒太さん(@ishiwata_hair)がシェアした投稿 -

トレンドのシースルーバングは、少し前髪を長めにカットするのがポイント。長め前髪をクルンとカールさせることで、より可愛く仕上がります。

できるだけ強めに巻くのがポイント。カールが取れやすい方は、ハード系のヘアスプレーできっちりキープしましょう。

時間がないときの前髪の流し方はヘアピンがおすすめ

 

時間がなくて髪を巻く時間がない!という時は、ヘアピンを使って前髪を流すのがおすすめ。ゴールドピンやモチーフ付きのものならファッションのアクセントにもぴったり。

ピンは重ね付けがマスト。忙しい朝も簡単にイマドキヘアが作れます♪


前髪の上手な流し方や巻き方をご紹介しました。第一印象を左右する前髪。きれいに流しておしゃれなヘアスタイルを目指しましょう!