LIFESTYLE

映画『ザ・プレデター』のあらすじは?キャストや口コミ情報を紹介!

人気のSFシリーズの最新作『ザ・プレデター』が公開され話題になっています。そこで今回は、映画『ザ・プレデター』のあらすじやキャストなどをまとめてご紹介します!

『ザ・プレデター』ってどんな映画?

『ザ・プレデター』は、SFホラーの人気作・プレデターシリーズの第4作目となります。第一作は1987年に公開された『プレデター』。その後、1991年公開の『プレデター2』、2010年公開の『プレデターズ』とシリーズが続いています。

最新作の『ザ・プレデター』は、第一作目の『プレデター』の続編として製作されました。監督のシェーン・ブラックは、一作目で主人公を演じたアーノルド・シュワルツェネッガー率いる特殊部隊の隊員を演じていたことも話題になっています。

年齢制限はR15なので、注意が必要。また映画館では字幕版のみで、日本語吹き替え版の公開予定はないようです。


【あらすじ】

アメリカ軍特殊部隊に所属していたクイン・マッケンナは南米のジャングルで、墜落した宇宙船と、プレデターを目撃してしまいます。プレデターに仲間を皆殺しされてしまったクインでしたが、宇宙船からプレデターの装備品とヘルメットを手に入れ証拠品として自宅に送ります。その後クインは、プレデターの存在を隠匿しようとする政府によって拘束。濡れ衣を着せられることに……。

そんな時、クインの息子のローリーは、自宅に送られきたプレデターの装備品を起動させてしまいます。ローリーの元に現れるプレデター。

クインは息子の危機を救うため、脱走し自宅のある街へ……さてどうなる?!

『ザ・プレデター』
ーーーーーーーーーー
公開日: 2018年9月14日
監督:シェーン・ブラック
キャラクター創造:ジム・トーマス
キャスト:ボイド・ホルブルック、トレバンテ・ローズ、ジェイコブ・トレンブレイ、キーガン=マイケル・キー、オリビア・マンほか
上映時間:107分
年齢制限:R15
ーーーーーーーーーー

【キャスト紹介】クイン・マッケンナ役:ボイド・ホルブルック

クイン・マッケンナ役を演じるボイド・ホルブルックは、アメリカ合衆国、ケンタッキー州出身。生年月日は1981年9月1日。

2001年から、モデルとして活躍。グッチやマークジェイコブス、カルバンクラインなどのブランドモデルを務めています。

モデルとして活動後、ニューヨーク大学やコロンビア大学で映画製作について学んだボイド。2008年に公開された映画『ミルク』で俳優デビュー。『ザ・ホスト 美しき侵略者』、『ゴーン・ガール』などに出演しています。

【キャスト紹介】ローリー・マッケンナ役:ジェイコブ・トレンブレイ

天才的な記憶力を持つ息子のローリーを演じるジェイコブ・トレンブレイは、2006年10月5日生まれ。

カナダ出身の子役としてテレビなどで活躍していたジェイコブ。2015年に公開された『ルーム』のジャック・ニューサム役で大ブレイク。子の役で数々の賞を獲得しています。

【キャスト紹介】ケイシー・ブラケット役:オリヴィア・マン

ケイシー・ブラケット役を演じるオリヴィア・マンは、1980年7月3日生まれ。アメリカのオクラホマ州出身です。中国系の母とドイツ系とアイルランド系の父親を持つためエキゾチックな雰囲気ですよね。

父親の仕事の関係で東京で育ち日本でファッションモデルをしていた経験もあるケイシー。
両親の離婚後はオクラホマに戻り、役者を志してロサンゼルスに移住。

代表作は『ケイト・レディが完璧な理由』や『マジック・マイク』など。

【キャスト紹介】ウィル・トレーガー役:スターリング・K・ブラウン

ウィル・トレーガー役のスターリング・K・ブラウンは、1976年4月5日、アメリカのミズーリ州出身。

スタンフォード大学を卒業後、ニューヨーク大学で修士号を取得する学歴を持っています。その後、ドラマ『サード・ウォッチ/NY事件ファイル 』や『ER緊急救命室』に出演し俳優としての知名度を上げていきました。

【キャスト紹介】ネブラスカ・ウィリアムズ役:トレヴァンテ・ローズ

プレデターに立ち向かう元兵士のならず者集団・ルーニーズのリーダー的存在であるネブラスカ・ウィリアムズ役を演じるのは、トレヴァンテ・ローズ。

生年月日は1990年2月10日、アメリカのルイジアナ州出身です。大学卒業後俳優としてのキャリアをスタートさせたトレヴァンテ。代表作は、2016年公開の『ムーンライト』です。

【キャスト紹介】コイル役:キーガン=マイケル・キー

同じくルーニーズのメンバー・コイル役を演じるのは、キーガン=マイケル・キー。 1971年3月22日生まれ、アメリカのデトロイト出身です。

キーガン=マイケル・キーは、俳優以外にもコメディアンや声優としても活躍。モノマネなどを得意としています。

映画『ザ・プレデター』の評価は?

シリーズものは、評価が厳しくなりがち。今回の作品はプレデターファンにとって、どのような出来だったのでしょうか。

口コミなどを調べてみると、今作はギャグとホラーが混ざり合った作品になっているようです。R15+指定なので、戦闘シーンはかなり過激なものになっています。

駄作でナンセンス、という意見もあればB級アクション映画としては面白い!などの意見がアメリカでは出ているようですね。

映画『ザ・プレデター』の予告動画は?

 

こちらが映画『ザ・プレデター』の予告動画。予告を見ると、実際に見てみたくなりますよね!


プレデターシリーズの最新作『ザ・プレデター』のあらすじやキャストをご紹介しました。ぜひ、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。