BEAUTY

ナチュラルに仕上がる!つけまつげの自然なつけ方

Writer:まみ

つけまつげを付けると、目が大きく見えたり、華やかな印象になったりする一方で、派手になりすぎると悩んでいる人もいるかもしれません。今回はナチュラルに仕上がるつけまつげの付け方をご紹介します。

つけまつげの種類

つけまつげは形やデザインなどによっていくつかの種類に分けられます。

■形
フルタイプ:目頭から目尻までに付けられるタイプです。
ハーフタイプ:目の中心から目尻までや目の中心のみに付けるタイプです。
ポイントタイプ:まつ毛が少ない場所などに足して使うタイプです。

■デザイン
ストレート:毛束がまっすぐなつけまつげです。
クロス:毛束がクロスしているつけまつげです。

■ベース
ベース部分は透明なタイプと黒いタイプがあります。また、商品によって太さも異なり、ベースが細いものは扱いやすく、太くて硬いものを使うと一重でも二重になる人もいます。

ナチュラルに仕上がるつけまつげの選び方

自然に仕上げたいなら、次のポイントに注意してつけまつげを選びましょう。

■つけまつげのデザイン
ストレートタイプは自まつ毛に馴染ませにくいので、つけまつげに視線が集中してしまいます。ナチュラルな仕上がりを目指す人はクロスタイプを使って自分のまつ毛と馴染ませましょう♡
毛束が太くなく、毛先の長さがバラバラのものを選ぶと、さらに自然に仕上げられます。

■ベースの形や色
ベースは細めで透明のタイプを選ぶと、付けていることがばれにくいです。

■目の形
一重さん:まぶたが厚めなので、毛が短いタイプを選ぶとつけまつげが隠れてしまいます。自然に仕上げたいときも長めのつけまつげを選ぶのがおすすめです。

奥二重さん:どのようなタイプのつけまつげでもよく似合いますが、目元にボリュームのあるタイプを選ぶと、華やかでありながら自然な仕上がりを期待できます♪

二重さん:目元がはっきりとしているので、つけまつげを付けると派手に見えやすいです。ナチュラルに仕上げたいときは、毛束が少ないものを選ぶと良いでしょう◎

つけまつげを付けときに用意するもの

つけまつげのほかに5つのアイテムを用意すると、初心者でも自然につけまつげを付けられます。

■つけまつげ用接着剤
つけまつげに付属されている接着剤を使っても良いですが、初心者さんは別売りの筆タイプを買うと、ベースからはみ出しにくくなり、ナチュラルに仕上がります♡

■置き鏡
置き鏡を用意すると、両手を使えるので、初心者でもつけまつげを付けやすいです。角度が変えられるタイプを用意すると、細かいところまでチェックできるので、自然に仕上げられるでしょう。

■ピンセット
先が平らなピンセットはつけまつげを掴みやすいです◎

■まつ毛コーム
自まつ毛とつけまつげを馴染ませるときに使います。

■ビューラー
自まつ毛をカールさせてつけまつげと馴染ませるために使います。

つけまつげを付ける前の準備

つけまつげを付ける前には目元のメイクを済ませ、つけまつげの下準備をしておきましょう!

■アイシャドウやアイライナーを塗る
アイシャドウやアイライナーはつけまつげを付ける前に仕上げておきます。あらかじめ、アイメイクを済ませておくと仕上がりがイメージしやすいので、アイメイクが派手になりすぎてしまうことはありません◎

■自まつ毛にビューラーを当てる
自まつ毛が下がっていると、つけまつげを付けていることがバレてしまいやすいです。つけまつげを付ける前にはまつ毛の根元から毛先にかけてビューラーを当て、自まつ毛を自然にカールさせておきましょう。

■マスカラを塗る
ビューラーで上げたまつ毛は時間とともに下がってしまいます。ビューラーを当てた後はカールキープ力のあるマスカラを使って上向きまつ毛をキープしましょう♡

■つけまつげの下準備
1. つけまつげを台紙から外し、根元を10回程度曲げて柔らかくします。
2. ベースに残った接着剤を使って目元に合わせます。自分の目尻とつけまつげの目尻部分を合わせ、つけまつげの幅を確認しましょう。
3. 目頭部分が長いと感じたら、目頭側を切ってください♪

ナチュラルに仕上がるつけまつげの付け方

アイメイクとつけまつげの下準備ができたら、いよいよつけまつげを付けていきましょう。

■1.接着剤を付ける
ベース部分に専用の接着剤を付けます。ベースと同じ太さになるくらい接着剤を付ければ、自然に付けられます。

■2.つけまつげを付ける
鏡を軽く見下ろすような角度に置き、中央、目尻、目頭の順で軽く押さえてつけまつげを付けます。手で付けにくい場所はピンセットを使うと、きれいに付けられるでしょう◎

■3.まぶたに軽く押し付ける
自まつ毛とつけまつげを一緒に持ち、軽くまぶたに押し付けて固定させます。これによって、まつ毛とつけまつげの隙間が無くなってナチュラルに仕上がります。

■4.角度を微調整する
接着剤が軽く乾いてきたら、角度を調節します。少し下向きに付けると、自然に仕上がるでしょう。

■5.アイライナーとコームで馴染ませる
自まつ毛とつけまつげの間に隙間ができたら、アイライナーを使って隙間を埋めます。最後にコームで自まつ毛とつけまつげを梳いて馴染ませましょう!

ナチュラルに仕上がる!内緒のつけまつげ

ダイソーやセリアなどの100均で買える「LOUJINE(ルージーン)」の内緒のつけまつげは自まつ毛に馴染んで自然に目元を華やかにしてくれると大人気!

フルタイプやハーフタイプ、ネコ目に仕上がるタイプや黒目の印象を強めてくれるタイプなどさまざまな種類が発売されているので、なりたいイメージに合わせて選びましょう。

プチプラで買えるので、いくつか買ってメイクに合わせて使い分けるのもいいですね◎

■内緒のつけまつげ(ないしょのつけまつげ)
定価:100円(税抜)

内緒のつけまつげ

¥108

販売サイトをチェック

つけまつげをナチュラルに仕上げたいときは、目に合ったものを選んで丁寧に付けることが大事です!自然に目力をアップしたい人は今回紹介した方法を参考に、つけまつげを付けてもっとかわいくなりましょう♡