BEAUTY

ホワイトブリーチとは?セルフでのやり方やおすすめアイテム

"ホワイトブリーチ”は、普段は出せないようなヘアカラーが楽しめるとして人気の高いカラー。
ですが、やり方が分からなかったり、美容院でかかる費用の問題で諦めてしまう人も少なくないようです。
そこで今回は、セルフでのやり方や注意点、おすすめアイテムをご紹介するので、検討している人は参考にしてみてください。

ホワイトブリーチとは?

白色の金髪をした女性

ホワイトブリーチとは、白い金髪にしたいときに使われる言葉やブリーチ剤のことです。

ドラッグストアなどでよく見かけるブリーチは、明るめの茶色や金髪にすることはできるのですが、ホワイトブリーチのように白い金髪にすることは難しいので、ホワイトブリーチ系のアイテムを使います。

普段は出せないヘアカラーで、透き通るような金髪に憧れている人も多いのですが、黒髪からホワイトブリーチをする場合は、時間も費用もかかってしまいます。
そこで今回ご紹介するのが、セルフでホワイトブリーチを行うときのやり方や注意点です。

ホワイトブリーチをするには、いろいろと覚えておきたいポイントがあるので、しっかりチェックしてくださいね。

セルフでやりたい!ホワイトブリーチのやり方①必要なものを準備する

ヘアカラーに必要なもの

ホワイトブリーチをスムーズに行うために、まずは下準備からしっかり行いましょう。

■ホワイトブリーチをする前に用意するもの
・ホワイトブリーチ系のブリーチ剤を2~3個
・ブルーシャンプー、もしくはムラサキシャンプー
・目の粗いクシ
・ヘアクリップ
・ブラシ付きのハケ、もしくはハケ
・ゴム手袋
・サランラップ
・カラークロス
・汚れてもいいタオルや服

箱売りではなく、自分でパウダーなどを混ぜて使う場合は、カップやマドラーなども必要です。
きちんと用意しておくことで、ホワイトブリーチの仕上がりも変わってきます。

セルフでやりたい!ホワイトブリーチのやり方②ブリーチを3~4回ほど繰り替えす

目を閉じる女性

スタイリング剤などはあらかじめ落としておき、汚れてもいい服やタオルをセットし、ホワイトブリーチを用意したら早速塗っていきます。

■ホワイトブリーチのやり方
①まずは染まりにくい後ろの髪から塗っていきます。
②塗り終わったら前に移動し、塗っていきます。
③全体を塗ることができたら、ラップで頭を覆って30分ほど放置します。
④時間が経ったら、軽くシャンプーをしながら洗い流します。
⑤タオルで水滴が垂れなくなるまで、しっかりと水分をふき取ります。
⑥2回目、3回目、4回目も同じように後ろから塗り、20~30分放置したら洗い流しましょう。

ホワイトブリーチは刺激が強いので、根元にべったりつけないことと、軽いシャンプーで毎回しっかり落とすことが大切です。

セルフでやりたい!ホワイトブリーチのやり方③ブルーシャンプーやムラサキシャンプーを使う

シャンプーを押す女性の手

ブリーチを何回か繰り返して終えたところで、今度はブルーシャンプーやムラサキシャンプーと呼ばれるものを使います。

ホワイトブリーチだけだと、髪の毛の黄色味を完全に消すことができないと言われているので、紫色味のシャンプーを使って黄色味を取り去ることがポイントになるそうです。

継続的に使用することで、ホワイトブリーチの持ちも良くなると言われています。

セルフでやりたい!ホワイトブリーチのやり方④アフターケアはしっかり行う

トリートメントをする女性

ホワイトブリーチを行ったあとに忘れられないのが、アフターケアです。

ホワイトブリーチを繰り返すとなると、かなりのダメージがかかるので、ケアせずにいるとどんどん髪は傷んでしまいます。

トリートメントをなじませたら、ホットタオルを巻いて5~10分ほどパックをしたり、洗い流さなくてもいいアウトバストリートメントなどを使ったりしてダメージを補修してあげましょう!

ホワイトブリーチをするときの注意点

麦わら帽子を被る女性

セルフでホワイトブリーチを行う場合、覚えておきたい注意点もいくつかあります。

■ホワイトブリーチをするときの注意点
・使用するブリーチ剤に記載されている説明文や注意事項は必ず確認し、使用方法や放置時間を守る
・必ず手袋をしながら行う
・ホワイトブリーチを繰り返していて、プチプチ切れたり傷みを感じる場合は中断する
・黒髪の人でもホワイトブリーチは、多くても4回までにする
・なるべく地肌に塗らないように気をつける

ホワイトブリーチは髪や頭皮への負担がかなり大きいので、無理は禁物です。
髪や頭皮の状態を毎回確認しながら進めていき、5回も6回も繰り返さないようにしましょう。

Y.S.PARK YSパーク ホワイトブリーチ

Y.S.PARK(ワイ・エス・パーク)のYSパーク ホワイトブリーチは、セルフ派の人が使っている人気のホワイトブリーチ剤です。

ホワイトブリーチはサロンで行うのも難しいのですが、自宅でもサロン仕上げに近づけられるように開発されました。
2度目以降の使用は、4~5日間あけて使うように進められています。

◆Y.S.PARK(ワイ・エス・パーク) YSパーク ホワイトブリーチ
価格:1,512円(税込み)

IRIYA COSMETICS ビビッド ホイップ ハイブリーチ

IRIYA COSMETICS(イリヤ化学)のビビッド ホイップ ハイブリーチは、自分で調合してから使うタイプのブリーチ剤です。

割合をしっかり確認しながら調合することが大切です。
こちらも、強力だと言われているので、頭皮や目などに入らないよう注意しながら使いましょう。

IRIYA COSMETICS ビビッド ホイップ ハイブリーチ

IRIYA COSMETICS ホワイトニングローション

ビビッド ホイップ ハイブリーチと同じブランド・IRIYA COSMETICS(イリヤ化学)から発売されているホワイトニングローションは、ホワイトブリーチ後の髪をより白く見せてくれるアイテムです。

ムラサキシャンプーやブルーシャンプーと呼ばれるものを使う前に一度取り入れることで、キレイなホワイトブリーチに仕上げることができるといわれています。

◆IRIYA COSMETICS(イリヤ化学) ホワイトニングローション
価格:1,944円(税込み)

エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン

エンシェールズのカラーシャンプー ムラシャンは、ブリーチ後の黄ばみを抑えて、より白くしてくれるアイテムです。

公式HPでは使い方、頻度などが動画で紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

エンシェールズ カラーシャンプー ムラシャン


いかがでしたか?
ホワイトブリーチによる白くて明るい金髪はとてもキレイですが、セルフでやろうとすると気をつけなければならないことも出てきます。
技術のある美容院でやってもらうことが一番ですが、セルフで行う場合は注意点や説明書をしっかり頭に入れておき、日々のケアも大切にしながら美しい白金髪を保つようにしてくださいね。