LIFESTYLE

簡単にできる小顔マッサージ3ステップ!正しいやり方で毎日コツコツ続けよう

女子にとって小顔は永遠の憧れ♪モデルさんや女優さんのような小顔になれる、即効で小顔になれる方法を知りたい子も多いのではないでしょうか?そこで今回は、リンパを流して小顔を目指す、お風呂でもセルフで簡単にできるマッサージ方法をご紹介します!
小顔になりたい方、スタイルをよく見せたい方、フェイスラインをすっきりさせたい方、さらに男性も必見!ぜひ小顔マッサージのやり方をチェックしてくださいね♪

毎日のマッサージで目指せ小顔!

小顔な女の子

女子なら誰もがなりたいと願う「小顔」。できることなら、すぐにでもモデルさんや女優さんのような小顔になりたいですよね♪

生れつきの骨格などで、小顔になることを諦めている女子も多いと思いますが、本気であれば誰でも「小顔美人」を目指すことができるんです!

小顔を叶えるためには、地道にコツコツ続けることが大切。簡単な小顔マッサージなので、ぜひ実践しながらチェックしてみてください。

小顔マッサージの方法▶ステップ①耳裏から鎖骨へ流す

リンパを流す女性

小顔になるために必要なのは、顔に溜まった余分な老廃物を排出すること。
老廃物を運ぶ管であるリンパを流すことで、疲労や運動不足によってむくんだ顔をすっきりさせることができます。

<小顔マッサージの方法>
①耳の裏側にある耳下腺というリンパ節を、両手の中指で押さえましょう。
②鎖骨の上のくぼみにはリンパ節があるので、そこへ向けて軽く押しながら耳裏から下ろしていきます。
③指をピースの形にしたら、鎖骨を上下で挟むようにして、左右に優しく擦りましょう。

①から②を5回繰り返して、最後に③の動作を10回ほど繰り返してください。

小顔マッサージの方法▶ステップ②あご先から耳裏へ流す

顎をマッサージする女性

余分な老廃物を流したら、フェイスラインを下からアプローチして、リフトアップを目指していきましょう。

①手のひらをグーの形にして、人差し指と中指であごを挟みます。
②そのままの状態で、耳たぶの付け根に向かってフェイスラインを持ち上げるように指を滑らせます。
③最後に、エラの少し上(歯を噛み締めたときに一番お肉が盛り上がるところ)に中指の腹を当てて、クルクルと円を描くようにマッサージをしましょう。

①から③を左右5回ずつ繰り返してください。

小顔マッサージの方法▶ステップ③頭皮を刺激する

頭皮を刺激する女性

最後の小顔マッサージは、頭皮を刺激することです。
小顔に頭皮は関係ないと思われがちですが、頭皮と顔の皮膚は一枚で繋がっていることをご存知でしたか?頭皮が疲れていると、顔にも影響してくるんです。

①まずは髪の毛を、手のひら全体で握れるほど掴んだら、少し痛いと感じるくらいの強さで後ろへ引っ張ります。
②下に引っ張ったら、今度は上へ、斜め横へと、頭皮全体を引っ張れるように髪を掴むところと、引っ張る方向を変えながら刺激を与えていきます。
③最後に、手のひらを広げたら、前髪の生え際から頭頂部まで指の腹を使って押し流していきましょう。

これだけで顔も頭皮がすっきりした感覚になりますよ!

小顔マッサージの効果を高めるためには?

お風呂に入る女性

いつでもどこでも取り入れたい小顔マッサージですが、効果を高めるならお風呂上りがおすすめ。お風呂上りは、身体が芯から温まり、血流が良くなっている状態で、老廃物を流しやすいタイミングだからです。

そして、フェイスクリームやフェイスオイルを使うこともポイント。
何もつけずにマッサージをしてしまうと、肌に余計な刺激を与えてしまいます。クリームやオイルを使うと滑りがよくなるので、肌への刺激を抑えながらスルスル流すことができますよ!

フェイスマッサージに関しては、あまり力を入れないように、労わる気持ちで優しく老廃物を流してすっきりさせてくださいね♪

動画を見ながら小顔マッサージも◎

 

小顔マッサージの方法がいまいちわからない……という方は、動画を見ながらマッサージしてみてはいかがでしょうか?

こちらの動画は、「田中式造顔マッサージ」という、田中宥久子先生のマッサージを参考にした方法です。油分少なめのマッサージクリームを使い、手の力でしっかりとケアするマッサージ方法で、気持ちいいのでぜひ試してみてくださいね。

お風呂上がりに実践して、マッサージが終わったら軽く顔を洗ってスキンケアすることを習慣にすれば、毎日コツコツ続けられそうです。

小顔になるためにやってはいけないNG習慣

バツを作る女性

せっかく小顔マッサージを頑張っても、普段の習慣が顔のむくみや歪みを招くこともあります。やってはいけないNG習慣をご紹介します。

■頬杖をつく
頬杖をつくと、顔の骨が圧迫されることにより徐々に歪んでしまいます。骨が歪むと、顔に歪みが生じる上、リンパや血液の流れが悪くなることでむくみが生じます。

■塩分の摂り過ぎ
塩分を過剰に摂取すると、顔をはじめ体が全体的にむくみやすくなります。食事は薄味を心がけましょう。塩分の排出を促すカリウムを含む食品(バナナ、納豆、海藻類)を摂るのも、むくみ防止には効果的です。

■水分をあまり摂らない
体内の水分がむくみの原因だからといって、水分の摂取を控えるとかえってむくみやすくなります。確かに水分を摂り過ぎることもむくみの原因になりますが、水分の摂量が少な過ぎると、体内の老廃物が排出されにくくなり、その結果むくみやすくなるのです。1日2リットルを目安に、適切な水分補給を心がけましょう。


いかがでしたか?小顔になるために取り入れたい、簡単なマッサージ方法をご紹介しました。老廃物やむくみを排出することで、すっきりとした小顔を目指すことができます。
毎日コツコツ続けることで、小顔になっていくのを実感できるかも!“美は1日にして成らず”。諦めずに続けてくださいね♪