BEAUTY

おでこにニキビができちゃった!原因と治し方、予防法

Writer:まみ

皮脂の分泌が活発な10代はおでこにニキビができやすい時期。ここでは、おでこのニキビの原因や治し方、予防法についてご紹介します。

おでこのニキビの原因①皮脂の過剰分泌

おでこは皮脂を分泌する皮脂腺がたくさんあるため、ニキビができやすいです。

ニキビは毛穴に溜まった皮脂をエサとしてアクネ菌が増殖し、炎症を起こすことによってできます。ホルモンバランスが整っていない10代の間は、男性ホルモンの働きが強くなって皮脂が過剰に分泌されやすいため、毛穴に皮脂が詰まりやすく、ニキビができやすいと言われています。

顔の中でも皮脂腺が多いおでこはテカリやすく、アクネ菌が増殖することが多い場所です。アクネ菌の影響でニキビができたときに適切なケアをしなければ、さらに皮脂が詰まって炎症が悪化し、ニキビ跡が残ることもあるので、正しい方法でケアしましょう。

おでこのニキビの原因②生活習慣の影響

おでこのニキビは皮脂の過剰分泌以外の原因でも起こります。特に生活習慣やスキンケアはおでこのニキビと大きく関わっています。

■睡眠不足やストレス
勉強や遊びのために睡眠時間が削られていたり、人間関係などでストレスを感じていたりすると、ホルモンバランスが乱れることがあります。特にエストロゲンという女性ホルモンには皮脂の分泌をコントロールする作用があるため、睡眠不足やストレスで分泌量が減ると、おでこにニキビができやすいです。

■前髪やシャンプーの洗い残し
前髪にはたくさんの雑菌やほこりがついています。アクネ菌は前髪に付いた雑菌やほこりをエサにして増殖するため、常に前髪を下ろしている人はおでこにニキビができる可能性が高いです。また、シャンプーの洗い流しや整髪料などの汚れもアクネ菌の増殖につながるので、汚れを十分に落とせていない人はニキビができやすいです。

おでこのニキビの原因③スキンケア

皮脂を取り除くために強い力で洗顔やクレンジングをしていると、肌が必要とする皮脂が奪われてしまいます。すると、肌が油分を補うために皮脂の分泌量を増やし、ニキビができやすくなってしまいます。

特にニキビの原因となる皮脂を洗い流そうと、一日に何度も洗顔している人は油分が不足してニキビができやすいので要注意。
反対に肌を保湿しすぎても、油分過剰になって毛穴に汚れが詰まり、アクネ菌が増殖してニキビができることがあります。

おでこのニキビの治し方①刺激を防ぐ

おでこにニキビがあるときにほこりや雑菌がついた前髪を下ろすと、アクネ菌が増殖してニキビが治らない可能性が高いです。また、ニキビが気になって指で触ったり、無理やりニキビを潰したりすると、炎症が悪化することもあります。

ニキビができてしまったら、前髪を上げたり、触らないように注意したりして、おでこへの刺激を減らしましょう。前髪を上げるのが嫌な人は横に分けてピンでとめておくだけでも、おでこへの刺激が軽減されて、ニキビが早く治りやすくなります◎

おでこのニキビの治し方②正しいスキンケア

ニキビがあるときは正しいスキンケアで肌の状態を整えましょう。

■洗顔
肌に皮脂や汚れが溜まると、ニキビは悪化します。ニキビがあるときは朝と夜に洗顔し、皮脂や汚れを取り除きましょう。洗顔をするときは洗顔料をしっかりと泡立てて、指の力でニキビに刺激を与えないことが大切です!

■化粧水
皮脂が過剰に分泌されているときは、ふき取り化粧水や、毛穴の引き締めに効果的な化粧水を使って肌の状態を整えましょう。サリチル酸などの殺菌作用がある成分が配合された化粧水でスキンケアすると、おでこのニキビの改善に効果を期待できます。

■乳液
洗顔後は肌が乾燥しやすいです。そのため、化粧水だけでスキンケアを終わらせてしまうと、皮脂不足になってしまう可能性があります。皮脂が不足すると、それを補うために皮脂が増えてニキビができやすくなるので、化粧水の後には乳液を塗りましょう。べたつきやテカリが気になるときはオイルフリータイプを選ぶと、快適に使えます♪

おでこのニキビの予防法①食事に気をつける

揚げ物やスイーツなどをたくさん食べていると、皮脂の分泌量は増加します。また、偏食や外食で栄養バランスが乱れ、ビタミンやミネラルが不足すると、健康的な肌が作られません。

おでこのニキビを予防したいときは食生活に気をつけ、ビタミンやミネラルを含んだものを積極的に食べましょう。
特に卵などに含まれるビタミンB2やマグロなどに含まれるビタミンB6には、皮脂分泌をコントロールする作用があるため、ニキビの予防に効果が期待できます◎

おでこのニキビの予防法②肌を清潔に保つ

ニキビを防ぐためには肌を清潔に保ち、アクネ菌の増殖を防ぐことも大切です。

■シャンプーや整髪料の汚れは残さない
シャンプーや整髪料を使った後は洗顔をして汚れを洗い流しましょう。お風呂ではシャンプーの後に洗顔をするのがおすすめです♪

■頻繁に汗を拭く
汗に含まれている雑菌はアクネ菌を増殖させてしまいます。部活や旅行などで汗をかいたときは頻繁にふき取り、おでこを清潔に保ちましょう。ゴシゴシと拭くと肌に刺激が感じられるので、タオルで軽く押さえるように汗を拭けば、ニキビを予防できます♡


おでこのニキビは皮脂の過剰分泌や生活習慣が原因で起こります。10代は皮脂の分泌量が多いので、適切なスキンケアや栄養バランスの整った食事で皮脂の毛穴詰まりを防ぎ、ニキビを治したり、予防することが大切です。