BEAUTY

奥二重のメイク方法って?かわいい目元を作るアイメイクのコツ♪

奥二重は目が小さく見えてしまうと悩んでいませんか?奥二重のメイク方法は、正しい方法で行わないと、余計に小さく見せてしまうことがあります。奥二重に似合う正しいメイクのやり方やコツについてご紹介します。

奥二重メイクのコツ

奥二重の女性

奥二重は、並行二重に比べると目の大きさが小さく見えてしまうと悩んでいませんか?しかし、奥二重には奥二重の良さがあります。芸能人にも奥二重の方がたくさんいますよ。奥二重メイクのポイントをご紹介します。


■グラデーションにはしない

奥二重メイクのポイントは、まずグラデーションにしないということです。アイメイクの基本ともいわれているグラデーションですが、奥二重メイクでグラデーションを作ってしまうと、目がより小さく見えてしまう可能性があります。

まぶたが腫れぼったい印象があるので、すっきり見せるためにも、暗いカラーやグラデーションは避けた方が良いでしょう。


■大きさは涙袋とまつげで拡張!

アイメイクといえば、アイシャドウとアイラインを使って目を大きく見せるのが主流ですが、奥二重の場合は、逆効果になってしまうことがほとんどです。アイシャドウとアイラインをなるべく控えめにして、涙袋とまつげメイクで目元を大きく見せていきましょう。


■大事なのは全体のバランス

芸能人の方で、奥二重なのに目が大きく見える人、目が小さいという印象が全くない人がいますよね。それは全体的なバランスを考えているからです。目元を自然に見せることで、全体的なバランスが取れて、目が小さいという印象が少なくなります。

跳ね上げラインにがっつりグラデーションのアイメイクはやめて、自然にバランスを取りながらデカ目効果を狙っていきましょう。

奥二重メイクのやり方【1】アイシャドウ

カラフルな単色アイシャドウ

奥二重メイクのアイシャドウは、なるべく単色カラーをおすすめします。奥二重の場合締め色を乗せようとすると、どうしても二重のラインに重なってしまいます。こうして二重のラインを埋めてしまうと、目が小さく見えてしまいます。

色を重ねて目を大きく見せるメイクよりも、すっきりさせて目を大きく見せる方法を心がけたいので、薄いベージュやピンクなどの、肌なじみのいい単色カラーを使うと良いでしょう。

奥二重の場合、まぶたが腫れぼったく見えてしまうので、ラメがギラギラ強すぎるものは避けて、マット寄りか控えめなパール感のアイシャドウを選ぶようにしましょう。

奥二重メイクのやり方【2】涙袋

色々なカラーのアイシャドウ

奥二重メイクでの涙袋は、目を大きく見せるためにとても重要になります。あくまでも自然に仕上がるように、涙袋の幅を取っていくようにしましょう。

自分が笑った時に盛り上がる部分が涙袋の基準になります。陰になる部分に、ミディアムカラーのブラウンのアイシャドウで影を作ります。細めのブラシやチップにカラーをとって黒目の下の部分にだけ乗せていきましょう。

影の部分の端を自然になじむようにぼかして、ハイライトカラーを入れていきます。この部分にはパール感のあるアイシャドウを使用してOKです。よりナチュラルに仕上げたいのであれば、コンシーラーを使用することをおすすめします。

先ほど影を作った部分のちょうど上の部分にだけ、ハイライトカラーを乗せます。広範囲に乗せると不自然になるので、これくらいの幅に留めておきましょう。

奥二重メイクのやり方【3】アイライン

アイメイク道具

奥二重メイクでのアイラインは、ナチュラルに仕上げるのが鉄則になります。アイラインはまつげとまつげの間を埋めるように、インラインを引いていきます。こうすることで、ナチュラルに目を大きく見せることができます。

アウトラインは、目に沿って細く&ナチュラルに作ることがポイントになります。目の形に添って細くアイラインを入れて、目尻は不自然にならないように少しだけ延長しましょう。

リキッドアイライナーだと、きつく見えてしまうことがあるので、ペンシルアイライナーをおすすめします。

奥二重メイクのやり方【4】マスカラ

マスカラとリップ

奥二重の目元を大きく見せるためには、マスカラがとても大切です。目元を大きく見せたいという人は、しっかりと根元からまつげを上げてマスカラをしましょう。

まずはビューラーを使ってまつげを上げていきます。この時まぶたの上の肉をしっかりと持ち上げて、根元からしっかりと持ち上げていきましょう。

カールをこの状態でキープするために、マスカラ下地を使います。ダマにならないように丁寧に塗っていきましょう。

マスカラはロングタイプがおすすめです。1本1本丁寧に伸ばしていきましょう。マスカラの後に、ホットビューラーを使うことをおすすめします。ダマを取り除きながら、しっかりとカールを固定していきましょう。

猫目っぽいメイクをしたいという方は、ビューラーでまつげを上げずにすだれまつげにする方が、かわいく仕上がりますよ。


奥二重メイクのやり方についてご紹介しました。奥二重はどうしても目元が腫れぼったく見えてしまう、目が小さく見えてしまうと悩んでいる人がいるかもしれませんが、奥二重にしかない魅力はたくさんありますよ。ぜひ奥二重を活かしたメイクに挑戦してみてくださいね。