LIFESTYLE

人の気持ちがわからない?「自分勝手」と言われない対応、人との接し方を解説

友達や彼氏、家族など、相手が何気なく言った言葉に傷ついてしまうことってありますよね。そこで今回は人の気持ちがわからない人の特徴や、そうならないための対応や振るまい方をご紹介します。人の気持ちがわからない人との接し方もご紹介していますので、困っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

人の気持ちがわからない人の特徴と治し方【1】相手が傷つくことを言ってしまう

ケンカしている女友達

相手が気にしていることを言ってしまうのは「人の気持ちがわからない」と言われやすい人の特徴です。

体型や顔などの外見や、成績など、コンプレックスに思っていることは、誰にでもあるものです。

例えば「私脚が太いからさ」というような、自分のコンプレックスをオープンにしている人に「ちょっと太ったんじゃない?」というような言葉を言うのは、直接「脚が太い」と言っているわけでなくても、「太っているから脚も太い」と言われているようで傷つきますよね。

また、人には言えないようなコンプレックスを持っている人もいて「なんでそんなこともできないの?簡単じゃん」というように、自分にとっては簡単だったり、当たり前のことが、人にとってはそうではないと、バカにしたり、ダメ出しをすることも、人が傷つく言動です。

例え冗談のつもりでも、人にダメ出しをするのは、傷つけてしまうことがあります。相手が笑顔でいたり、気にしていない風を装っていても、実は内心傷ついている場合もあります。

相手が気にしているようなことや、気にしていることに関連するようなこと、一般的にはコンプレックスになるようなことは、例え仲の良い間柄であっても、あえて口にしない方が良さそうですね。

人の気持ちがわからない人の特徴と治し方【2】空気が読めない

ショッピングの相談をしている女性達

空気が読めない人も「人の気持ちがわからない」と言われやすい人の特徴です。
例えば、みんなで話し合いをしている時でも、みんなに反対されているのに、自分の意見を押し通そうとする人は、空気が読めないと思われます。


■周りの様子を観察してみよう

誰かと相談や話し合いをしていて、相手も賛成している場合は「それで良いと思う」「賛成!」と言ってくれるものです。

しかし、反対だからといって、面と向かって「反対」と言いにくい人もいます。そんな人は「でもさ」「こういう風になってしまうかもしれないよ?」というように、否定する言葉を使ったり、心配していることを言うことが多いですね。

相手がはっきりと「反対」と言わなくても、賛成できてない場合もありますので、自分の意見とは別に、周りの発言や表情を観察してみましょう。


■「〇〇じゃない?」は「〇〇だよね?」という意味

また、例えば「ここ寒くない?」と言われた時には、相手は「寒いよね?」と同意してほしいと思って発言していることが多いですね。例えあなたが寒くなかったとしても「寒い?そういえば少し寒いかもね。大丈夫?」と相手に同意したり、相手を気を使う発言ができると良いですね。

人の気持ちがわからない人の特徴と治し方【3】あまり考えずに発言してしまう

失言してしまった女性

思いついたことをすぐ言ってしまう人も「人の気持ちがわからない」と言われやすい人の特徴です。

人が気にしていることを言ってしまったり、他の人には内緒にしていて、あなたにだけ話しているようなことも、ついはずみで口に出してしまうのは避けたいですね。

また、相手に意見を伝えたい場合でも、思いついたまま話してしまうので、言葉が足りなかったり、配慮が足りなかったりして、相手に誤解されてしまったり、言いたいことがうまく伝わらないこともあります。

特に、相手に直してほしいことを言う時は、なるべく相手を怒らせないような伝え方が重要です。「なんであんなことするの?やめてよ」ときつい言葉や責める言葉を言われると、相手も素直に意見を聞けなかったり、ケンカになることもあります。


■大事なことを話す前は一度冷静になろう

毎回考えてから話すのは大変ですが、人の気持ちがわからないと言われたことがある方や、相手に誤解されやすかったり、思っていることが上手く伝わらないことが多い方は、大事なことを伝える前は、話す前に一度内容を考えてから発言しましょう。

自分が言われて嫌じゃないか、大事な事をきちんと伝えられるか考えてから相手に伝えた方が良いですね。

人の気持ちがわからない人の特徴と治し方【4】すぐ自分の話をする

ケンカしている女友達

相手が大事な話をしているのに、思いついたら「そういえばこの前もさ」「私の場合もね」というように、話を遮って自分の話をしてしまう人も、人の気持ちがわからないと言われやすい人の特徴です。「真剣に聞いてくれていない」「自分勝手だ」と怒らせてしまうこともあります。


■相手が真剣に話している時は、相手の話に専念しよう

相手が真面目な話をしている時や、悩み相談をしている時は、相手の話を聞くことに専念したいですね。

人の気持ちがわからない人の特徴と治し方【5】冗談だとわからない

冗談を言っている女性達

冗談が通じない人も「人の気持ちがわからない」と言われやすい人の特徴です。

相手は笑って自分の自虐ネタを話していて、周りのみんなも冗談だと思っていじっているのに、一人だけが真面目に受け取ってしまって「そんなことないよ!」と真剣に否定すると、かえって相手を傷つけてしまったり、シラけさせてしまう場合もあります。

冗談かどうかは、話している本人や、周りの人が笑っているかどうかや、からかうような表情をしているかなどで判断できます。また、冗談を言う人は、頻繁に冗談を言うことも多いので、迷った場合は、話している本人や、周りの様子をチェックしてみてくださいね。

人の気持ちがわからない人との接し方

驚いている女性達

自分では当たり前だと思っていることでも、他の人からしたらそうではないこともありますよね。また、人の気持ちがわかる人もいれば、そうでない人もいます。

人の気持ちがわからない人への対応は、

・気にしすぎないようにする
・はっきりと伝える

の2つがおすすめです。

クラスやバイトの仕事場などでは、相手にネガティブな意見を言うのは勇気が必要ですよね。指摘したことで、さらにトラブルになることもあります。なるべく気にしないようにしたり、話すことを減らして、傷つけられることを予防することも必要です。

しかし、仲の良い友達や彼氏、家族など、近い間柄の人の場合は、話す機会も多いので、我慢し続けているとストレスが溜まってしまい、関係にヒビが入ることもあります。

中には、あなたが傷ついていることに気づいていない場合もあります。仲の良い人の気持ちがわからない人との接し方は、我慢しすぎずに、傷ついたことや、嫌だと思ったことは、ある程度直接伝えることが、仲良く過ごしていくためには必要ですね。


人の気持ちがわからない時は、相手の表情や仕草を観察したり、自分に置きかえてみることも大切です。相手が気にしていることは、刺激しないようにすることも重要ですね。