FASHION

女子に人気のバッグをチェックしよう!人気バッグ7種類とその特徴

女性は日常生活で毎日バッグを使っていますが、その日の用事や持って行くものの多さや大きさ、また種類によってもバッグのチョイスが変わってくるものですね。また、出かける場所に合ったバッグを持つ必要も出てきます。今回は、鞄屋やデパート、専門店ではどのようなタイプのバッグが売られているのか、ということについて大きなジャンル分けをしながらご紹介していきます。

一つは必ず持って置くべきバッグや、おすすめのバッグ、いま女子に人気のバッグ、などさまざまなタイプがあります。自分の部屋にあるバッグのワードローブをチェックして、次回に購入するときにはどのタイプのバッグにするかを吟味しておくと、無駄のない買い物ができるようになるでしょう。

女子におすすめのバッグのタイプ1:マルチな場面で活躍する「ショルダーバッグ」

ショルダーバッグをもつ女性

ショルダーバッグとは、持ち手部分が長いストラップやベルトになっていて肩に掛けて持ち運びができるタイプのカバンのことを指します。カバンによっては短い持ち手もついていて、ショルダーとハンドの両方で使える2wayで使えるものもあります。

ショルダーバッグは普段のビジネス・トラベル・カジュアルな外出のときなどオールマイティに使用できるカバンです。ショルダーバッグの多くは、ショルダーベルトの長さを自分の好みの長さに調節できるタイプです。よってベルトを短めに調節して肩掛けのスタイルに、また長めに調節して肩から斜めがけのスタイルと2通りの使い方ができます。

ショルダーバッグのメリットは、「荷物をすぐに取り出せる」「両手が常に自由に使える」ということです。旅行で貴重品を入れたり、移動の多いビジネスマン、女子がショッピングに行くときなども便利ですね。

女子におすすめのバッグのタイプ2:女性らしく「ポシェット」で決めてみる♡

ポシェットを肩に掛ける女性

ポシェットとは、言葉だけではなかなかイメージがしにくいバッグですね。その定義は細い肩ヒモがついた小さなバッグです。

その特徴は肩のストラップが太いベルトではなく、ヒモ状で肩から掛けるタイプの小型バッグである、ということです。ポシェットはフランス語では「小さなポケット」を意味します。

大きさはショルダーバッグほどは大きくなく、長財布を少し大きくしたくらいの横長の小さなバッグがポシェットなのです。大きさで比較するとクラッチバッグと同じくらいになるようですね。

使用する場所はパーティやお出かけ、結婚式・披露宴などフォーマルな場所にピッタリですね。荷物がほとんど入らないので、入りきらないときには他のカバンも一緒に持って行くなどの工夫も必要ですね。

女子におすすめのバッグのタイプ3:日常使うのにピッタリ!「トートバッグ」

バッグを持つ女性

トートバッグは近年大人気のバッグです。女子は勿論のこと、男子も使う人が増えてきています。その由来は「持ち運ぶ」「携帯」の意味がある英語Tote(トート)です。その特徴は持ち手が2本あり、カバンの上の部分のみが開く形ということです。日常のあらゆる場所で使えるオールマイティなバッグです。

持ち手の長さはさまざまで、肩にかけらるタイプと短いハンドタイプなどがあります。マチが広くあり、厚みのある物を収納しいやすいバッグ。カバンの口が広くていろいろな物がすぐに入れられますね。またバッグの生地が薄手の物もあり折り畳んで携帯ができるものもあります。

トートバッグは縦型と横型の2種類のタイプがあります。また生地は丈夫なキャンバス生地・ナイロン・革などがあり、その多くは中の仕切りがなくざっくりと物を入れるデザインです。カジュアルにもスーツにも合います。大きな荷物でも収納して持ち運びできますね。

女子におすすめのバッグのタイプ4:旅行に便利な「ボストンバッグ」

2色のボストンバッグ

ボストンバッグは旅行用に作られたドラム型(樽型)の手提げバッグを指します。元々はボストン大学に通う大学生がもつバッグをボストンバッグと呼んでいました。欧米ではクラブバッグと呼ぶことが一般的のようです。たくさんの物が入るので旅行やスポーツ・ビジネスと荷物が多いときに大活躍のバッグですね。

ボストンバッグの生地の素材は、ナイロンや本革、また革付属コンビなどと幅広くあります。その特徴は、取り出し口が大変大きいので、出し入れに便利で収納力も抜群だということです。また取っ手はショルダーベルトが付いていて2wayのタイプもあります。

使うことが予想されるのは、短期の旅行や出張、スポーツジムなどやゴルフに行くときなどです。大きさもいろいろありますので、いくつか揃えておくと重宝しますね。

女子におすすめのバッグのタイプ5:人気上昇中の「リュックサック」

山の上でリュックサックを背負う女性

リュックサックは肩に背負うことができるタイプのバッグの総称です。両手がフリーになるため登山やスポーツ、遠足、旅行、自転車での移動にも便利なバッグですね。またビジネスにも使用する人も多いようです。

リュックサックはタイプ別に呼び方がいろいろあります。例としてはデイパック、ザック、バックパックなどがあります。リュックサックは両手が空くので、アクティブに動く際に便利なバッグです。電話するときや買い物の支払い時などの動作においても、なにかと便利なバッグなのです。

おすすめしたい人は、自転車通学・通勤の人や、両手をあけたい人、アウトドアやスポーツの荷物を運ぶことが多い人、旅行のとき移動する人、荷物が多くて物を持ちきれない人などさまざまなときに使用できるバッグですね。

女子におすすめのバッグのタイプ6:エレガントな演出は「クラッチバッグ」

クラッチバッグを持つ女性

クラッチバッグは別名セカンドバッグとも呼ばれるカバンで、長財布ほどの横長の大きさで持ち手(ストラップ)が付いていないタイプのバッグです。上でご紹介したポシェットのストラップがないタイプのバッグですね。

クラッチバッグは、元々はメインバッグの大きいカバンの中に入れて使うバッグで、補助的なものでした。そのご単独で使われるようになりました。その特徴は、小さいサイズのため最小限の身の回りの物を収納できる・小脇に抱えて持つバッグということです。

クラッチバッグを使う場面の例は、手荷物が少ない場面・最小限の物だけ持ち運びたいとき・冠婚葬祭などの場面などが挙げられます。

女子におすすめのバッグのタイプ7:バケットタイプのバッグ

バケットタイプバッグ

バケットタイプバッグという言葉はあまり馴染みがないかもしれませんね。別名日本語でバケツ型バッグとも呼びます。バケットタイプバッグは巾着やバケツ型の形のバッグで、開き口をギュッとヒモで絞った形が多いようです。開き口にはファスナーなどがないので、物の取り出しがしやすいという特徴があります。

2018年に再燃ブームの兆しがみられています。おしゃれ上級者たちの間で話題になっているのがバケットタイプバッグです。大きさはショルダーバッグと同じくらいの容量のものから、手に乗るくらいの小さくてコロンとした丸い可愛らしいフォルムのものなど、さまざまなサイズをデザインが販売されています。

女子のショッピングやデート、旅行や通学・通勤とマルチに活躍するバッグですね。一つ持っているととても便利ですのでヘビロテ間違いなしです♪


今回は女性が普段使うカバンにスポットを当てて、それぞれの特徴や、持って行きたいおすすめの場所などについてもご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。カバンはいくつ持っていても、ショッピングで新しいものを見つけると欲しくなってしまいますね。しかし、自分のワードローブにある同じタイプのカバンばかり買ってしまう、ということもよく聞かれます。

TPOや季節にあったタイプのカバンを揃えておくと、いざ急に使うときにすぐに活用できて便利です。ショッピングに出かけるときには、予め自分のほしいタイプのカバンを決めて、頭にイメージしてから出かけると効率よく探すことができますよ。素敵なバックを選んで気分をアップさせましょう♪