FASHION

就活での女性の私服コーデ5選!ジャケットなしやカーディガンはOK?

就活では、企業から「私服でお越しください」と指定されることがあります。ここでは、就活での女性の私服コーデの例やNG私服の例についてご紹介します。

就活の私服指定のパターン

服を選ぶ女性

就活の服装の基本はリクルートスーツです。企業から特に指定されなかった場合は、説明会にも面接にもリクルートスーツで参加すると、周りから浮いてしまうことはありません。

しかし、企業側から私服を指定された場合は、適切な私服で企業を訪れる必要があります。まずは、就活の私服指定のパターンについて確認しておきましょう。


■「私服可」と言われた場合

私服で参加しても問題はありませんが、ほとんどの学生はリクルートスーツで参加します。どんな私服を着用すれば良いのか迷ったり、周りから浮いて不安になったりするのを避けたい人は、リクルートスーツで参加すると良いでしょう。


■「私服でお越しください」と言われた場合

企業側は何らかの意図が合って私服を指定している可能性が高いので、リクルートスーツ以外で参加するのが望ましいです。ただし、私服と言っても普段、友達と遊びに行く時に来ている服ではなく、就活に適した服を着ていきましょう。


■「あなたらしさを表す服で来てください」と言われた場合

アパレル業界などでは「あなたらしさを表す服」を指定されることもあります。この場合、企業は服を見て、個性やセンスを判断しようとしているので、可能な限りスーツ以外の服装で参加するのがおすすめです。


スーツが自分らしさを表す服装だと考える場合は「なぜ、スーツを着てきたのか」を答えられるようにしておくことをおすすめします。

就活で企業が私服を指定する意図は?

ビジネスパーソン

企業側があえて、私服を指定している場合は、何らかの意図が隠されていることが多いです。


■本音や普段通りの姿を知りたい

私服はリクルートスーツと比べてリラックスしやすいです。企業が学生の本音や普段通りの姿を見たい時は、私服を指定し、カジュアルな雰囲気で説明会やイベントが開くことがあります。


■私服を判断材料にしている

アパレル業界では、私服を見て、学生のセンスを判断することが多いです。また、他の業界でも、私服で個性を確認し、社風に合っているかを判断することがあります。


■マナーを確認している

「私服でお越しください」と言われても、TPOに合わない服装で参加すると、マナーをわきまえていないと思われることがあります。就活で私服を指定されたときは、マナーを踏まえたオフィスカジュアルで説明会やイベント、面接などに参加しましょう。

就活の私服コーデ▶ジャケット×ブラウス×スカートの定番コーデ

私服で失敗したくない人にはジャケット、ブラウス、スカートを使った定番の着こなしがおすすめです。ブラックやベージュ、ネイビーなど落ち着いた色のジャケットやスカート、白のブラウスを合わせると、お堅めの企業でも安心の私服コーデが完成します。

女性らしさをアップさせたい時は、レース生地のスカートを着用すると良いでしょう。

企業を訪問する時はジャケットの肩掛けをやめて、腕を通して着てください。

就活の私服コーデ▶ジャケットなしコーデにはカーディガン

オフィスカジュアルと言うとジャケットを使ったコーデをイメージする人も多いですが、女性はジャケットなしコーデでも大丈夫です。ブラウスと合わせると、カジュアルすぎない着こなしができるので、マナー違反にもなりません。

ブラウスは定番の白でも良いですが、志望している企業の雰囲気が堅くない場合は、チェックなどの柄物を取り入れても良いでしょう。

なお、襟ぐりが大きく開いたブラウスはお辞儀をした時に胸元が見えてしまう可能性があるので避けた方が無難です。

就活の私服コーデ▶ワンピースを女性らしくきこなす

就活で私服を指定されたときはワンピースを着用しても問題ありません。ベージュやグレージュなどのやわらかいカラーのワンピースを使ったコーデは適度に女性らしさも出せます。

ただし、ローウエストのワンピースやマキシ丈のワンピ―スなどはカジュアルな印象が強いので、避けた方が良いでしょう。清楚感ときちんと感があるワンピースを選ぶことがポイントです。

就活の私服コーデ▶春夏は明るい色のブラウスとスカートでさわやかに

春夏はさわやかさを感じられるコーデを意識するのもおすすめです。ホワイトのブラウスと明るいピンクのスカートはさわやかさを感じられて好印象を与えられます。
ピンクのアイテムを使う時は、落ち着いた色のアイテムを合わせると、幼く見えません。

就活の私服コーデ▶秋冬はニットとチノパンで暖かく

寒い時期の就活には、パンツスタイルを選ぶ人も多いです。チノパンは大人っぽく落ち着いて見えるので、就活でも浮いてしまうことはないでしょう。

しかし、ワイドパンツはカジュアルに見えてしまうため、就活では避けることをおすすめします。
肌寒い時はトップスをニットにすると、季節感のあるコーデに仕上がります。

就活で私服を着る時のチェックポイント!髪型や鞄、靴はどうする?

髪を結ぶ女性

就活で私服を指定された時は髪型や鞄、靴についても確認しておきましょう。


■髪型

リクルートスーツを着用する時と同じように、ひとつ結びするのがおすすめです。自分らしさを出したい時は、編み込みしたり、ポニーテールの上にくるりんぱしたりしてアレンジしても問題ありません。


■鞄

リクルートスーツを着る時に使う鞄は私服には合いません。私服で就活に参加する時は、A4サイズの書類が入るトートバッグなどを持ちましょう。


■靴

靴はパンプスを履きましょう。ベージュやブラウン、黒、ピンクベージュなどのパンプスはオフィスカジュアルとよく合います。

リボンなど、多少の装飾が付いていても大丈夫ですが、派手なビジューなどが付いているパンプスは避けて、シンプルなデザインを選ぶと、印象が良いです。

就活の私服NG例

カジュアルな服装の女性

就活にはカジュアルすぎる私服や派手すぎる私服は適していません。就活に参加してから後悔しないためにも、あらかじめ次のNG例に該当していないかを確認しておくことをおすすめします。


■露出が多い服装
例:ミニスカやキャミソール、ショートパンツなど

■アウトドアファッションやスポーティーな服装
例:ジャージやパーカー、カーゴパンツ、ミリタリーパンツ、ウィンドブレーカーなど

■カジュアルな服装
例:トレーナー、デニム、Tシャツなど

■派手すぎる色や柄
例:蛍光色、アニマル柄など

■ビジネスに適さない靴や小物
スニーカー、サンダル、ブーツ、厚底靴、ピンヒール、リュックサック、派手なアクセサリーなど


就活で私服を指定された時はTPOに合ったオフィスカジュアルで参加してください。マナーを守った服装でしっかりと自分をアピールすれば、内定に一歩近づけるでしょう。