BEAUTY

できるとグッと差がつく!編み込み&裏編みこみの方法とヘアアレンジ集

雑誌のヘアアレンジプロセスなどで「編み込みをしてから~」という言葉をよく見かけますが、そもそも編み込みってどう作ればいいの?と思ったこと、ありませんか?編み込みは三つ編みとは少し違って、編み方も難しそうですよね。

そこで今回は、初心者さんでも分かりやすい編み込みの方法をご紹介いたします。二つ編み込みや片編み込み、ウォーターフォール(捨て編み込み)の方法も解説しているので、参考にしてみてくださいね。
また、ボブやミディアム、ロングなど、髪の長さ別のおすすめ編み込みヘアアレンジも紹介しているので、ぜひ見てみてください♪

編み込みヘアアレンジはコツを覚えてしまえば簡単にできる?

三つ編みはできても、編み込みとなると一気に難易度が高くなりそうなイメージがありますよね。
実際に「チャレンジしてみたけど、よく分からなくて挫折した」という経験がある女子も多いのではないでしょうか。

しかし、やり方を一つ一つ丁寧に行い、覚えてしまえば簡単に編み込みを楽しむことができるんですよ♪

編み込みができれば、ヘアアレンジの幅がグンッと広がるので、これを機にぜひマスターしてみてください。

【編み込み①】初心者さんでも簡単にできる!基本の表編み込みの方法

自分で編み込みをやる場合は、サイドの髪を使ったほうがやりやすいので、左右どちらか自分の見やすいほうで練習していきましょう。
画像のように後ろへ編みこむのではなく、毛先に向かって編みこみをしていくといいでしょう。

<編み込みの方法>
①サイドのトップから、編み込みをしたい部分の髪表面を束にして取ります。
②取った束を、同じ毛量になるように、3つに分けて持ちます。
前髪側の毛束から、①②③と番号をつけると分かりやすいですよ!
③3つに分けたら、前髪側の毛束①を、真ん中の毛束②の上に持ってきてクロスし、後頭部側の毛束③を真ん中にきた毛束①の上からクロスさせます。
このとき、前髪側から②③①の順番に毛束が並んでいるはずです。
そう、編み込みの一番最初は、三つ編みから始まるので、まずはここまでやってみましょう。

ここから、本格的な編み込みに入っていきます。
④前髪側にある毛束②のすぐ下にある毛を拾い取り、毛束②と合わせて、真ん中にある毛束③の上からクロスさせます。
⑤今度は、後頭部側にある毛束①のすぐ下にある毛を拾い取り、毛束①と合わせて真ん中にある毛束②の上からクロスさせます。
この要領で、今度は前髪側にある毛束③とすぐ下にある毛を合わせて、また上からクロスさせる動きを繰り返していきましょう。

下から拾う毛は、毛束と同じ量にすることがポイントです。
そして、拾える毛がなくなったら、最後は毛先まで三つ編みを繰り返せば完成です。

【編み込み②】実際に表編み込みの動画をチェックしてみよう!

自分の中で編み込みの方法を理解できると、やりやすくなります。
そして、指に力が入るとスムーズにできなくなるので、ぎゅっと握らずに持つこともポイントの一つ。
あとは、鏡の前で練習を繰り返すのみ!

この編み込みができるようになると、トップから毛先に向うだけでなく、サイドから後頭部へ編み込みもできるようになります。
そして、今までのヘアアレンジの中で、華やかなヘアスタイルが楽しめるようにになりますよ♪

【裏編み込み①】初心者さんでも簡単にできる!基本の裏編み込みの方法

編み込みには、表編み込みと裏編み込みの2種類があることをご存知ですか?
最初にご紹介したのは表編み込みで、よく編み込みとして紹介されている方法です。
ここでは、裏編み込みの方法もご紹介させていただきますね♪

<裏編み込みの方法>
①サイドのトップから、編み込みをしたい部分の髪表面を束にして取ります。
②取った束を、同じ毛量になるように、3つに分けて持ちます。
前髪側の毛束から、①②③と分かりやすいように番号をつけてみましょう。
③3つに分けたら、後頭部側にある毛束③を、真ん中にある毛束②の下を通して、クロスさせます。
④そして、前髪側にある毛束①を、真ん中にきた毛束③の下を通して、クロスさせます。
このとき、前髪側から③①②の順番に毛束が並んでいるはずです。
表編み込みと同じように最初は三つ編みで始まりますが、裏編み込みの場合は、真ん中にある毛束が上になるようにクロスさせます。

ここから本格的な裏編み込みにはいっていきましょう。
⑤後頭部側にある毛束②の下から毛を拾い取り、毛束②と合わせて、真ん中にある毛束①の下を通してクロスさせます。
⑥今度は、前髪側にある毛束③の下から毛を拾い取り、毛束③と合わせて、真ん中にある毛束②の下を通してクロスさせましょう。
この要領で、今度は後頭部側にある毛束①と、すぐ下にある毛を合わせて、下からクロスさせるだけです。

表編み込みと同じように、拾う毛がなくなったら毛先まで三つ編みを繰り返しましょう。

【裏編み込み②】実際に裏編み込みの動画をチェックしてみよう!

 

裏編み込みは、外側にある毛束と拾い取った毛束を合わせたら、下を通してクロスさせることを覚えておくといいですよ!

表編み込みと裏編み込みの違いは、編み目の見え方です。
表編み込みよりも、裏編み込みのほうが編み目がくっきり見えるので、クールな印象を与えることができます。

表編み込みができたら、裏編み込みに挑戦してみてはいかがでしょうか。
気分やコーデに合わせて、表編み込みと裏編み込みを使い分けることができたらかっこいいですね♪

【二つ編み込み】二つ編み込み(ロープ編み、ねじり編み)の方法

 

「三つ編みの編み込みはやっぱり難しい……」という人でも簡単にできるのが、二つ編み込みです。編むとロープ状に見えることから「ロープ編み」や「ねじり編み」と呼ばれることもあります。

<二つ編み込みの方法>
①毛束を二つ作って交差させます。
②顔に近い側の束のみ、表面に残っている髪を少しずつすくって一緒に交差させていきます。
③これを繰り返し、すくう髪が無くなったら毛束をねじってまとめていけば完成です。

【片編み込み】簡単!片編み込みの方法

 

他の人とちょっと差をつけたい、という人におすすめなのが「片編み込み」。普通の編み込みは、3つある毛束のうち左右の毛束両方を編むときに髪をすくいますが、片編み込みはそれを左か右、どちらかにする編み方です。

片方だけしか髪を編み込みしないので、毛束の右と左でニュアンスに差が出ます。左右のどちらを編み込むかを決めたら、そちら側だけを編み込むようにし、途中で変えないように注意しましょう。

【捨て編み込み】捨て編み込み(ウォーターフォール)の方法

 

取っていく毛束を編み込まずに落としていく「ウォーターフォール」。毛束が滝(Water fall)のように見えることから、その名前が付いています。華やかに仕上がり、特にロングヘアにおすすめです。

<捨て編み込み(ウォーターフォール)の方法>
①毛束を二つ取り、上下に分けます。
②取った毛束を交差させ、その間に新しい毛束を落としていきます。
③頭の丸みに沿うように手を進めていき、バックまで来たら三つ編みをしていきます。

上から新しく落とす毛束は編み込まないようにしましょう。華やかなのでパーティーや結婚式にもぴったりです。

【編み込みヘアアレンジ①】ロングヘアにおすすめ!編み込みカチューシャ

 

編み込みの毛束をカチューシャのようにアレンジします。太い編み込みと細い三つ編みの2本のカチューシャ風でおしゃれ!

①顔周りの毛を少し残し、ゴムで留めておきます。後ろの髪も邪魔にならないようゴムで留めます。
②右側を編み込みします。編み込みが終わったら三つ編みをしてゴムで留めます。
③左側を頭の上に来るように持ってきながら三つ編みにし、毛先を②の毛束の下に持ってきてピンで留めます。
④残っている毛を全体的に巻き、前髪も巻きます。
⑤②の毛束のゴムを外し、襟足の毛を一部取って一緒にゴムでまとめます。

【編み込みヘアアレンジ②】ボブで作る、編み込み&くるりんぱのふんわりヘア

 

編み込みとくるりんぱの合わせ技で作るふんわりヘア。華やか過ぎないので、オフィスにもおすすめ。

①頭頂部の毛をくるりんぱします。
②髪の毛を引き出してふんわりさせます。
③残っている毛を左右ともに編み込みにし、ゴムで留めます。
④後ろの毛とともに逆くるりんぱします。
⑤くるりんぱの毛先をピンで留めます。

【編み込みヘアアレンジ③】ショートヘアをアップ風に

 

アレンジがなかなかしにくいショートヘアも編み込みを利用すればアレンジの幅が広がります。華やかなアップへア風になるので、結婚式にもおすすめです。

①顔周りの毛束を左右共に編み込みにし、毛先はゴムで留めます。
②毛先を全体的に外巻きにします。
③編み込みの毛先をピンで留め、上から毛をかぶせて隠します。

【編み込みヘアアレンジ④】簡単なのにかわいい!片編み込みアレンジ

 

片編み込みを使った簡単アレンジです。ヘアアクセを付ければ結婚式やパーティーにもぴったりです。

①顔周りの毛を片編み込みにします。下側の毛束を編み込みするようにし、上側は普通に編みます。
②襟足の方まですくって編み込みにしたら、その後は三つ編みにしていき、ゴムで留めます。
③反対側も同じように仕上げます。
④左の毛束を右側の耳の後ろに持っていき、ピンで留めます。毛束が長い場合は、毛先を折り込むようにしましょう。
⑤右の毛束は左側の毛束の下にもぐりこませるようにして、ピンで留めます。
⑥崩れないように毛束を全体的にUピンで留めます。

【編み込みヘアアレンジ⑤】二つ編みで作る華やかハーフアップ

 

三つ編みより簡単にできる二つ編みのハーフアップアレンジです。立体感が出て今っぽい雰囲気に仕上がります。

①左側の顔周りの毛を二つ編みにしていき、頭の後ろまで来たらピンで留めます。
②そのすぐ下の毛も同じように二つ編みにしていきます。
③右側も同様に、上下二つの二つ編みをしていき、それぞれピンで留めて完成です。


おしゃれの幅が広がる編み込みの方法をご紹介させていただきました。
編み込みの仕組みを理解できると、思っていたよりも簡単に作ることができます。
あとは慣れるまで練習を繰り返して、体で覚えていきましょう♪