LIFESTYLE

話題の『ここは退屈迎えに来て』ってどんな映画?キャストや公開日などもご紹介♪

『ここは退屈迎えに来て』は橋本愛さんや門脇麦さん、成田凌などが出演しているせつない青春群像劇です。今回は、映画『ここは退屈迎えに来て』のあらすじやキャストなどについて詳しくご紹介していきます。

話題の『ここは退屈迎えに来て』とはどんな映画?そのあらすじをチェック!

映画『ここは退屈迎えに来て』は、同名の小説集を廣木隆一監督で映画化した作品です。地方都市に暮らす女性たちの揺れる思いを繊細に描いています。注目度が高い作品のあらすじを早速チェックしてみましょう。

<あらすじ>

東京に上京して就職した「私」は、10年後に地元に戻ってきて雑誌のライターをしていました。しかし、なぜか毎日が張り合いがなく黙々と過ごす日々。ある日、高校時代の友達と集まったときに、話の流れで当時の憧れの的だった「椎名君」に会いに行くことになります。

それぞれの思いや渇望感を埋めるてくれるのは何?、と2人の女性が1人の男性を巡ってストーリーが展開していきます。日常生活に満足感を得られない女性たちは、何を感じ取るのでしょうか?そして、3人の未来はどうなるの?それぞれの歩む道から目が離せない、注目の作品です。


『ここは退屈迎えに来て』
ーーーーーーーーーーーーーーー
公開日:2018年10月19日
監督:廣木隆一
原作:山内マリコ『ここは退屈迎えに来て』
脚本:櫻井智也
キャスト:門脇 麦、橋本 愛、成田 凌ほか
上映時間:98分
ーーーーーーーーーーーーーーー

【キャスト紹介】私役:橋本愛さん

橋本愛さんは1996年1月12日生まれ、熊本県出身の女優。

2008年のソニー・ミュージックアーティスツ主催「HUAHUAオーディション」で見事グランプリを受賞します。2009年には「ミスセブンティーン2009」に選ばれ、雑誌創刊以来、最年少のわずか13歳で専属モデルになりました。


■主な出演作品

2009年:『Give and Go ギブ アンド ゴー』で映画デビュー
2010年:映画『告白』に出演
2012年:映画『桐島、部活やめるってよ』で第36回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞
2012年:NHK連続テレビ小説『あまちゃん』へ出演し、人気急上昇!
2014年~2015年:映画『リトル・フォレスト』では2部作ともに主演として出演

【キャスト紹介】あたし役:門脇麦さん

門脇麦さんは1992年8月10日生まれ、東京都出身の女優。

2011年にTVドラマ『美咲ナンバーワン!!』で女優デビューを果たします。そして2013年には東京ガスのCMでバレリーナ役で登場し話題を呼びました。
また、国内だけでなく、海外の監督作品にも出演しており、演技派女優として注目を集めています。


■その他の主な出演作品

2013年:映画『愛の渦』へ出演
2015年:NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの同級役を演じ話題を集める
2016年:映画『太陽』『二重生活』に主演
2017年:映画『世界は今日から君のもの』、『花筐 HANAGATAMI』で主演
2017年:ミュージカル『わたしは真悟』で高畑充希さんとW主演

【キャスト紹介】椎名くん役:成田凌さん

成田凌さんは1993年11月22日生まれ、埼玉県出身の俳優。

2013年に男性ファッション誌『MEN'S NON-NO』に専属モデルとしてデビュー。その後、ドラマや映画の出演を次々と果たしました。他にも、2016年に『君の名は。』や『ONE PIECE FILM GOLD』では声優としても参加するなど、活躍の場を広げています。現在注目されている若手俳優の一人です。


■その他の主な出演作品

2014年:連続ドラマ『FLASHBACK』で初主演を務める
2015年:TVドラマ『ブスと野獣』『学校の怪談』『いつかティファニーで朝食を』『ふれなばおちん』『she』など話題作に出演
2017年:映画『キセキ あの日のソビト』に出演

『ここは退屈迎えに来て』に関するエピソードをご紹介

『ここは退屈迎えに来て』は、カナダの第37回バンクーバー国際映画祭のゲートウェイ部門に出品されました!バンクーバー国際映画祭は、多くのアジア系の監督に焦点を当ててきた歴史ある映画祭です。

廣木監督は映画祭の出品にあたり、作品について「人生の中で誰もが体験する青春を、この映画を観ることでタイムトリップするように思い出して欲しい」と思いを述べています。

またこの作品は、久しぶりのバンクーバー映画祭への出品ということもあり、観客の反応が楽しみであるとのこと。日本を代表して出品される作品ですので、海外の皆さんがどう反応するかが気になりますね。

バンクーバー国際映画祭は現地時間の2018年9月27日に開幕し、10月9日、10日にはキャストの橋本愛さんと廣木監督が舞台挨拶に出席します。


出典元:https://eiga.com/news/20180912/1/

『ここは退屈迎えに来て』には原作本があるの?

『ここは退屈迎えに来て』は、山内マリコさん著書の文庫本が出版されています。居場所を求める女性たちの繊細な心と青春の切なさを、クールかつ鮮やかに描いた作品です。
映画版と一緒にチェックしておくと更に楽しめますね。

幻冬舎文庫(げんとうしゃぶんこ)『ここは退屈迎えに来て』

¥583

販売サイトをチェック

『ここは退屈迎えに来て』の予告動画♪

 

予告動画でも、一人の男性を巡る女性たちの揺れ動く思いや、心の叫びが鮮明に描かれています。繊細なタッチで描かれた日常と、各シーンにマッチした音楽も臨場感いっぱいですね。


今回は、話題の映画『ここは退屈迎えに来て』について、あらずじや出演しているキャストなどをご紹介しました。橋本愛さんや、門脇麦さんのストレートで感情豊かな演技から目が離せません!ぜひ『ここは退屈迎えに来て』を観に映画館に足を運んでみましょう♪