LOVE

デートをドタキャン!相手を傷つけない上手な言い訳はある?

何となくノリでOKしてデートの約束をしてしまったけれど、あとで冷静になって考えて見たらやっぱり行けないと思うこともあるかもしれません。

気分が乗らなかったり、他に気になる男性ができたり、理由はいろいろあるかもしれませんが、正直に理由を告げると相手を傷つけてしまう可能性があります。

そこで、上手く相手を傷つけずにデートをドタキャンするときのいい訳をご紹介します。

体調が悪くなった

体調が悪い女性

鉄板ともいえるいい訳が「仮病」です。体調が悪くなったので行けないといわれたら、さすがにドタキャンされた相手も腹を立てることができなくなります。

仮に嘘ではないかと疑いをかけられたとしても、女性の場合は男性にはない特有の「生理」を理由にすれば納得してもらえるはずです。

生理中は腹痛や頭の重さなどを感じる女性も少なくありませんが、どのような辛さなのかは男性にはわからないので、理由にしやすいともいえます。

あくまでも、自分が体調不良で辛いからという理由だけでなく、相手に対しても不愉快な気持ちにさせる可能性があるのでデートをキャンセルしたいということを伝えましょう。


■男性からお見舞いに行くと提案される

ただし注意しておきたいのは、体調が悪いならお見舞いに行くと提案される可能性があるということです。一人暮らしの女性の場合、看病してくれる人がいないことから、心配した男性が今から行くといい出す可能性は高いでしょう。

自分のことを心配してわざわざ来てくれるといっているのに、断ってしまうと相手に不信感を抱かれる可能性があります。

「家族が来てくれるから」と伝えるか、「薬を飲んで睡眠をとりたい」など、心配してくれている相手を傷つけないように上手く断るようにしてください。


■罪悪感で苛まれる可能性もある

本当はデートをドタキャンするための嘘なのに、相手があまりにも真摯に心配してくれると、やはり罪悪感を抱くことになるでしょう。次に会ったときにデートに行けなくて申し訳なかったという気持ちはしっかり伝えるようにしてください。


■体調が悪い理由に注意

また、体調が悪い理由として、あまりに深刻な病状や病名で偽ってしまうと男性を無駄に心配させてしまうことになるので気をつけましょう。

生理を理由にするときにも注意が必要です。次に話をしたときがたまたま生理中で、会話の中に自分が生理中だと告げることがあれば、周期が合わないことで嘘がばれてしまう可能性があります。

生理周期はずれることもあるので、男性に聞かれたときには上手く答えられるようないい訳を考えておきましょう。

仕事が急に入った

仕事をする女性

お互い職場が別という場合、急な仕事でデートに行けなくなったと伝えると納得してもらいやすいでしょう。

男性の場合、私生活よりも仕事を優先と考える傾向が強いので、仕事が入ったのならそちらを優先するべきと考えるからです。

仮にデートの日に男性からメールや電話などで連絡が入っても、仕事をしていたと伝えれば応答しなくても疑われることはありません。

ただし、仕事が接客業の場合など、男性が様子を見に訪れる可能性もあります。また、共通の知り合いなどが職場にいる場合など、後で話が合わないなどで嘘がばれてしまうこともあるので注意しましょう。

家族の用事で会えない

仲のよい親子

急に実家に帰らなければならなくなった、または親の体調が悪いので面倒を看なければならないなど、家族をいい訳に使う方法もあります。

ただし、事前に予定が把握できているはずの慶事などを理由にしてしまうと不信感を抱かれる可能性があります。もし慶事を理由にするなら、すっかり忘れていてデートと予定が重なってしまったと伝えるしかないでしょう。

誰かが亡くなったことでお葬式の予定が入ったという嘘や、危篤状態に陥ったので駆けつけなければならないという嘘は、もし嘘がばれたときの相手の心証は最悪ですので注意してください。

デートの日付を勘違いしていた

カレンダーを持つ女性

デートの日をすっかり勘違いしていたといういい訳も、状況によっては使えます。

たとえばドタキャンしたいデートの当日に、「明日のデート、どこに行く?」と男性に連絡をしましょう。男性からデートは今日だという返事が来たら、デートの日を勘違いしていて別の予定を入れてしまったことを伝えます。

ただし、他の予定が何なのか、デートの約束が先なのだから後で入れた予定を断って欲しいといわれる可能性はあるかもしれません。特に気に短い男性とデートの約束をしていた場合、ケンカになる可能性がありますので相手によっては使わないほうがよいいい訳といえるでしょう。

反対にドタキャンされてしまったときは?

では反対にデートをドタキャンされたときはどうすればよいのでしょう。

泣いたりふてくされたりすると、男性を困らせるだけでなく印象を悪くすることは間違いありません。ドタキャンしなければならないほど大切な用事ができたと考えれば、余裕を持って一旦は用事が終わった後で連絡をしてもらうように促し、待つことも大切といえるでしょう。

男性の場合、急な仕事などで私用よりも優先しなければならない場面は訪れやすいといえます。「今度埋め合わせしてね」と優しい対応をしてくれる懐の大きな女性のほうが魅力的です。


当日、急にデートをドタキャンしたいと感じたときには、なるべく相手を傷つけないように上手に断ることがポイントです。しかし、いずれにしても嘘のいい訳をすることになるので、どのような事情でもリスクがあることは理解しておきましょう。

また、何度もドタキャンを繰り返していると、男性に呆れられてしまい関係が悪化する可能性もあります。

本来であれば約束事は守ることが大切であることを肝に銘じ、どうしてもドタキャンしたいときだけに上手くいい訳をして断るようにしてください。

反対にドタキャンされてしまったときは、泣いて怒って相手を困らせるのではなく、次のデートで埋め合わせをしてもらうなど余裕を持った対応を心がけましょう。