LOVE

デートに誘われる方法は?モテる会話術とLINEのテクニック♡

デートに行きたくても、自分から誘うのは恥ずかしかったり、誘っても断られてしまうんじゃないかと思うと、自分からは行きにくいですよね。学校やバイト、塾などでは仲が良いのに、なかなかデートに行って、関係を進められないとお悩みの方もいると思います。そこで今回は、デートに誘われる方法をご紹介します。

デートに誘われる方法①「彼氏がいない」と言っておく

若い男女のグループ

デートに誘われる方法には、いくつかポイントがあります。
誰でも、もしデートに誘って断られたら気まずいと思ってしまいます。相手もデートに誘うのはハードルが高いので、デートに誘われるためには、ハードルを低くしましょう。

例えば、「彼氏がいない」と伝えておくことは、断られにくいと思ってもらえる重要ポイントです。相手がいないとわかっていれば、誘いやすくなります。彼本人だけでなく、周りの人にも言っておきましょう。

デートに誘われる方法②「好き」という気持ちを表現しておく

若い美しい女性

また、友達としてや、異性として「好きアピール」をしておくのも、デートに誘われるおすすめの方法です。気がある「そぶり」を見せるのは、デートに誘われたいサインにもなりますし、告白されやすくなるモテテクニックですよ。

「好き」というアピールはちょっとしにくい方は、相手を「気にかけている」ことをアピールしておきましょう。彼の些細なことに気づくことができるのは、あなたが彼をいつも気にかけていることをアピールできます。

「元気ないけど何かあった?」「風邪ひいてるの?大丈夫」など、相手の変化に気づいて、こっそり気遣いのできる女の子は、彼からの好感度も抜群です!

デートに誘われる方法③デートで「行きたい場所」や「したいこと」をアピールしておく

若い男女の生徒

デートで行きたいような、話題のお店や観光スポット、カフェ、好きな食べ物などの話をしておくのも、デートに誘われるきっかけ作りができる方法です。行きたいライブやフェス、イベントなどの期間限定イベントや、観たい映画や観たいスポーツの試合などもおすすめです。

また、お互いに共通の好きなものがあると、彼もさらにデートに誘いやすくなります。彼の好きなものや、好きそうなものをアピールしておくと、誘われる確率もアップしますよ。「デートに行こう」は少しハードルが高くても、カフェ巡りや試合観戦など、共通の好きなものがあると「じゃあ一緒に行こう!」と付き合っていなくても誘いやすいですよね。

「行きたいけど一緒に行く人がいない」とアピールするのも、デートに誘われるきっかけにできます。

デートに誘われる方法④「休みの日はたいてい暇」と伝える

ベッドでリラックスしている若い女性

「休みの日はたいてい暇」と伝えておくと、誘っても断られにくいと思ってもらえますよね。

「引きこもっている」と言うのは、フットワークが重くインドア派な印象になってしまいかねません。「デートに誘われるのが迷惑かな?」と思われることもありますので「どこかに出掛けたいけれど、暇なことが多い」くらいにしておくのがベストな方法です。

彼と一緒に帰っている時に「この後何しようかな?」という暇アピールも良いですね。

デートに誘われる方法⑤話しかけやすい雰囲気を作る

オシャレな若い女性

デートに誘われるのは、会話の流れで自然に誘われることも多いものです。

笑顔で明るく話したり、相手の話を楽しそうに聞いたり、「すごい」「おもしろい」「かっこいい」と褒めることは、会話を盛り上げるポイントになります。会話が盛り上がると、話す時間も増えるので、自然と仲良くなり、あなたのことをもっと知りたいと思ってデートに誘われる確率がアップします。

相手の話を否定しないようにしたり、知らない話も「興味がない」と言うのではなく「おもしろそう!」「楽しそう!」と共感するのも大切な会話方法です。

あなたの進路の話や将来の夢、悩み事、ヒミツにしている趣味などを話して、特別感を出すのも効果的ですよ。

そして、可愛い子は、話しかけたり、一緒に歩きたくなるのが男性の心理ですよね。普段からヘアケアやネイルケア、スキンケアは意識して、清潔感は大切にしておきましょう。あまりに個性的すぎるファッションは、デートで一緒に歩きにくいと感じる人もいますので、清楚で女の子らしいファッションを意識するのも、デートに誘ってもらう方法です。

いつも友達と一緒だと、男性は話しかけにくいものです。一人で行動する時間を作ると、彼も話しかけやすくなりますよ。

デートに誘われる方法⑥LINEでは

スマートフォン

デートに誘う場合は、直接言うよりは、LINEの方が誘いやすいですよね。デートに誘ってもらう方法でも、LINEは欠かせないアイテムです。

すぐ返事をするのは、スマホの前で待っていたようで重いからと、少し時間をおいて返事をしたりすることってありますよね。

返事がなかなかこないと気になるので、あなたを気になる存在にするのは効果的でもありますが、あまり時間が経ちすぎると「他にも相手がいるのかな」とか「自分のこと好きじゃないのかな」と、デートに誘われる機会を逃してしまうこともあります。

また「このまま良い感じに会話が進んだらデートに誘おう!」と思ってくれているのに、会話がなかなか進まないと、気持ちもトーンダウンしてしまいます。

なかなか返事がこないと気軽に連絡もしにくくなるので、普段はこまめに連絡を返すようにすると、相手も連絡しやすいですし、デートに誘われやすい雰囲気作りもできますよ。

楽器やスポーツシューズ、スノーボードのアイテムなど、新しく何か始めたい時に、何を揃えたらいいのか相談するのもおすすめです。彼の得意なものを相談すると「じゃあ今度一緒に選びに行こうか?」と言ってもらえるかもしれません。

デートに誘われる方法⑦相手にしつこくするのはNG

若いカップル

デートに誘われたいと思っても、あからさまにデートに誘ってほしいアピールをしすぎてしまうのはNG。

また、例え相手が彼氏だとしても、急に「この前話してたお店、○日に予約したから行こう!」というような、唐突なお誘いも避けた方が良さそうですね。

デートに誘われるためには、彼に合わせたプランや日程を、さりげなく会話に盛り込む方法が良いですね。

普段の会話や態度、LINEでベース作りをしておいて、あとは「じゃあ一緒に行こう!」と彼が誘ってくれるのを待ちましょう。誘ってくれたら「ありがとう」「嬉しい」「すごく楽しみ!」と喜んでOKしましょうね。


デートに誘われる方法は、日々の会話やふるまい、LINEなど、さまざまなものを利用できます。ぜひ、ご紹介した方法を参考にして、デートに誘われる女子を目指してみてくださいね。