LOVE

告白のセリフって大事♡【男女別】好きな人をキュンとさせる告白の方法とは?

好きな気持ちを伝える告白のセリフって、何て言っていいのか悩んでしまうものですよね。今回は、告白する際に使いたい、相手に気持ちが伝わるおすすめのセリフ集をご紹介します。これから告白を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

告白は直接が一番?

仲の良いカップル

告白する際は、男女共に、相手に会って直接気持ちを伝えるのがおすすめです。緊張している様子や、照れた顔など、相手がきゅんとするような表情も見せることができますし、真剣さも伝わって、告白される方もドキドキします。

また、じっと見つめたり、手を握ったりと、言葉以外で相手に気持ちを伝えることができるのもメリットですね。


■電話やLINEでの告白は?

電話での告白は、相手の顔が見えないので、緊張しやすい方は告白しやすくなりますね。しかし、相手の表情や反応がわかりにくいですし、言葉だけで思いを伝えるのは案外難しいものです。

LINEでの告白は、落ち着いて告白のセリフを考えることができますし、電話が苦手な方は思いを伝えやすいですね。中学生や高校生、大学生などの学生の場合は、部活やサークル、塾やバイトなど忙しいので、相手の予定や送る時間帯も、ある程度気にしなくて良いのがメリットです。ただし、長文はやめて、シンプルな告白にするのがおすすめですよ。

ただし、LINEの場合、相手の反応はまったく見えないですし、返事が来るまでずっと待ち続けなくてはいけないのがデメリットです。また、社会人の相手に告白する場合、年齢が上がるにつれて、LINEよりは直接会って告白する方が好感度も高いですね。

男女共通♡嬉しかった告白のセリフ集

仲の良いカップル

男女共通で嬉しいと思われる告白は、シンプルな言葉です。

言いたいことがありすぎて、結局何が言いたいのか伝わらない、ということは避けたいですよね。ストレートに自分の気持ちを伝えるのがおすすめです。

嬉しかった告白のセリフをご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。いくつかのセリフを組み合わせた告白もおすすめですよ。


■「好きです」「大好きです」

シンプルに「好きです」ときちんと伝える告白は、男女ともに嬉しいという声が多いセリフです。気持ちをストレートに伝えるのは恥ずかしいですが、ストレートな分、好きな気持ちがダイレクトに伝わります。


■「ずっと前から好きでした」

「ずっと前から好きでした」という言葉は、ずっと思ってくれていたという強い気持ちを伝えることができる告白のセリフです。本気度が伝わりますね。


■「付き合ってください」「もしよかったら付き合ってくれませんか」

告白する際は、付き合ってほしいことを伝えるのも忘れないようにしましょう。告白なら、付き合ってほしいという意味も当然入っていると思う方も多いと思いますが、「好きです」だけですと、その場で返事をした方が良いのか迷わせてしまうこともあります。
まだ仲良くなっていない場合や、相手が返事を迷っている場合は「友達から仲良くしてください」も良いですね。

定番ですが、「好きです」とセットで使うのも、喜ばれる告白のセリフです。


■「ずっと一緒にいてください」

「ずっと一緒にいたい」という告白のセリフは、軽い気持ちではなくて、真剣な気持ちが伝わる言葉です。長く付き合っていきたいと思っていることを伝えることができますよ。

男性から女性へ♡嬉しかった告白のセリフ集

告白している男性

次に、男性から女性へ告白する際に「嬉しかった」という声が多い告白のセリフをご紹介します。


■「彼女になってくれませんか?」
「これからも俺のそばにいてほしい」
「誰よりも幸せにするので付き合ってください」

「彼女になって」や「そばにいて」とお願いされると、嬉しい女子は多いものです。特別な存在になってほしいと思っていることを伝えることができるセリフですね。


■「死ぬほど好き」

「死ぬほど」という言葉が、女性をキュンとさせるポイントです。「それだけ私のことを思ってくれているんだ」と、本気だということを伝えることができるストレートな告白のセリフですね。


■「〇〇をずっと守っていきたいです」

男性には守られたいと思っている女子も多いものです。「ずっと」という言葉も、長い付き合いを真剣に考えていることを伝えることができますね。


■「俺だけを見ててほしい」

彼氏に独占されたいと思っている女性も多いものです。「好き」や「付き合って」という言葉ではない、ロマンチックな告白のセリフですね。

女性から男性へ♡嬉しかった告白のセリフ集

告白する女性

次に、女性が男性へ告白する際に嬉しかったという声が多い告白のセリフをご紹介します。


■「〇〇くんの彼女にしてください」
「ずっと〇〇くんの隣にいたいな」
「〇〇くんと一緒に居られるだけで幸せです。付き合ってくれませんか?」

パートナーにしてください、とお願いされるのは、男女ともに嬉しい告白のセリフですね。一緒に居られるだけで幸せというのも、一度は言われてみたい気持ちが伝わる言葉です。


■「〇〇くんじゃなきゃだめ」

特別な存在だということがストレートに伝わる告白のセリフです。「オンリーワンの存在」と言われると、嬉しい男性は多いですよ。


■「〇〇くんの◆◆な所が大好きです。付き合ってください」

告白する際は、好きな気持ちや、付き合ってほしいということにプラスして、相手の好きなところや、尊敬しているところを伝えるのもおすすめです。相手の内面に対することだと、良いですね。

微妙かも!?NGな告白のセリフ集

カップル

告白のセリフは、言い方によっては誤解を与えてしまうこともあります。

■「好きかも」

例えば、「好き」と言うのが恥ずかしくて「かも」をつけ加えて濁してしまうと、告白されている側からすると「はっきりしない」「どっちなんだろう」と相手を不安にさせてしまいます。


■「わたし(俺)のこと好き?」

また、告白しているのに、逆に相手に自分のことを好きかどうか聞くのは、ずるいと思われる告白のセリフです。好きな気持ちはきちんと伝えたいですね。


■「付き合ってもいいよ」

俺様な人がタイプの方には好印象の場合もありますが、上から目線の「付き合ってあげてもいいよ」というような言葉は、告白する相手によっては良くない印象を与えてしてしまいますので注意したいですね。


■「可愛くないけど」「カッコ良くないけど」など

また、自分を否定するような言葉は、告白の場で口にするのはNGです。例え自分に自信がなかったり、謙遜のつもりでも避けた方が良いですね。


告白は、ストレートに好きな気持ちを伝えることが大切です。ぜひ、ご紹介したセリフを参考にしながら、あなたの言葉で、好きな気持ちを伝えてみてくださいね。