BEAUTY

シェーディングの入れ方って?メイク方法とおすすめアイテム3選

「丸顔が気になる」「エラが張っている」「顔が大きい」などのように輪郭や顔の大きさにコンプレックスを持っている人はシェーディングを使いこなしましょう。ここでは、シェーディングの入れ方とおすすめのアイテムをご紹介します。

シェーディングって何?

シェーディングとハイライトを入れる2人の女性

小顔は女の子にとって憧れの的。しかし、実際は「顔が大きい」「輪郭が気になる」と悩みを持っている人が多いです。

シェーディングは顔の大きさや輪郭に悩んでいる人に役立つメイクアップテクニック。生え際や顎、フェイスラインに影を付けることで、顔に立体感を出す効果があります。

顔に立体感が出ると、小顔に見えるので、骨格に悩んでいる人はシェーディングをマスターしましょう。

シェーディングの選び方

シェーディング

メイクにシェーディングを使うときは、種類と色に注目してコスメを選びましょう。

■シェーディングの種類
シェーディングはパウダータイプとスティックタイプの二種類です。

・パウダーシェーディング
ふんわりと肌にのせられて色の調節をしやすいパウダーシェーディングはメイク初心者さんにおすすめ。広い範囲に付けやすいので、エラや丸顔などをカバーしたいときに役立ちます。

・クリームシェーディング
肌との密着度が高いクリームシェーディングは鼻筋など細かい部分に使いたいときにおすすめ。塗りすぎるとよれたりムラになったりするので、量のコントロールには気をつけましょう。

■色
シェーディングは肌の色よりも2~3トーン暗い色を選びましょう。買ったファンデーションの色が合わなかった人は、ファンデーションで代用するのもおすすめです。

なお、シェーディングにはツヤが出るタイプとマットタイプがありますが、初心者には肌に馴染みやすいマットタイプがおすすめです。ラメやパールが入ったシェーディングは肌から浮きやすいので、メイクに慣れてきてから取り入れましょう。

シェーディングの入れ方①基本編

メイクする女性

まずは、基本的なシェーディングの入れ方を確認してみましょう。

■シェーディングを使う順番
シェーディングを使う順番はシェーディングの種類によって違います。

・パウダーシェーディングを使う場合
パウダーシェーディングはメイクの仕上げに使います。フェイスパウダーを塗った後に、ハイライトを入れ、最後にシェーディングを入れると、きれいに仕上がるでしょう。

・クリームシェーディングを使う場合
クリームシェーディングはパウダーの前に使います。リキッドファンデーションの後かパウダーファンデーションの前にシェーディングを入れ、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを塗るとヨレを防げます。

もっとナチュラルに仕上げたい場合は、リキッドファンデーションを使っている人も下地の直後にシェーディングを入れると良いでしょう。

■シェーディングの入れ方
シェーディングは基本的にフェイスライン、生え際、鼻筋の両側に入れます。パウダーシェーディングを使う場合はブラシに取ってふんわりとのせ、クリームシェーディングを使う場合は指でポンポンとのせましょう。

シェーディングをのせ終わったら、しっかりと境目をぼかすと、ナチュラルに仕上がります。

シェーディングの入れ方②輪郭別

シェーディングを入れる女性

骨格をカバーしたい人や小顔効果を期待している人は輪郭に合わせてシェーディングの入れ方を変えるのがおすすめです。

■卵型さん
卵型さんは理想的な輪郭ですが、顔がのっぺりとして見えることが多いです。顔がのっぺりとして見える人は、おでこや顎の裏側にシェーディングを入れてメリハリを出しましょう。

■丸顔さん
丸顔さんは幼く見えたり、顔が大きく見えたりします。輪郭の横や頬骨に沿ってシェーディングを入れて顔に立体感を出し、大人っぽい小顔を目指しましょう。

■エラ張りさん
エラが張っている人はエラの全体にシェーディングを入れると、エラが顔から浮いて見えます。外側のみにシェーディングを入れて、上手くエラをカバーするのがおすすめです。

■面長さん
面長さんはおでこと顎にシェーディングを入れて顔の長さをカバーしましょう。輪郭の横にシェーディングを入れると顔の長さが強調されるので、顔に丸みを出すように入れるのが小顔に見せるコツです。

シェーディングにおすすめのアイテム①シェーディングパウダー

「CANMAKE(キャンメイク)」のシェーディングパウダーはプチプラでメイク初心者さんにもおすすめ。付属のブラシを寝かせるように使えば、自然な影を出せて小顔に近づけます。

■シェーディングパウダー
定価:680円(税抜)

シェーディングパウダー

¥734

販売サイトをチェック

シェーディングにおすすめのアイテム②ミネラルブロンズグロウ

 

ETVOSさん(@etvos.jp)がシェアした投稿 -

「ETVOS(エトヴォス)」のミネラルブロンズグロウは日本人の肌に合うほのかな赤みが入ったブラウンのクリームシェーディング。指で伸ばして塗ると、ヘルシーで色っぽい雰囲気が出ます。

◆ミネラルブロンズグロウ
定価:3,500円(税抜)

ミネラルブロンズグロウ

¥3,780

販売サイトをチェック

シェーディングにおすすめのアイテム③ブロンズパウダー

デパコスが好きな人におすすめしたい「NARS(ナーズ)」のブロンズパウダーは超微粒子のパウダーが毛穴などをカバーしてくれるシェーディング。使うと顔に立体感が出るだけでなく、肌の凸凹もカバーしてくれます。

◆ブロンズパウダー
定価:4,300円(税抜)

ブロンズパウダー

¥4,644

販売サイトをチェック

憧れの小顔に近づくためには、シェーディングを上手く使いこなすのがコツ。自分の輪郭に合ったシェーディングテクニックを身に付けて、さらにきれいになりましょう。