BEAUTY

根元がプリンに!髪が伸びてきて目立つ時の対処法4選

「根元のプリンが気になるけれど、染め直す時間がない」と焦った経験はありませんか?染め直すまでに試したいプリンの隠し方をご紹介します。

根元のプリンが目立つときの対処法①分け目を変える

ヘアブラシを持つ女性

分け目は根元が見えやすい場所。いつも同じところに分け目があると、髪が伸びてきたときにプリンが目立ちやすいです。プリンが気になってきたら、いつもと分け目を変えて根元を隠しましょう♪

■分け目をジグザグにする
一直線の分け目があると、根本にボリュームが出にくく、分け目も目立ちやすいです。髪が伸びてきたら、分け目をジグザグにして、根元にふんわりとしたボリュームを与え、プリンを隠しましょう。

分け目をジグザグにする方法
1. 髪全体を後ろに向かって梳かします。
2. コームの柄の先を分け目の端に置きます。
3. コームを左右にジグザグと動かしながら、トップの少し後ろまでもっていきます。
4. コームに引っかかっている髪を持ち上げます。
5. 持ち上げた髪を両手で左右に分けて下ろします。
6.手ぐしで軽く髪型を整えます。

■分け目を反対側に変える
いつも同じ場所に分け目があると、髪のボリュームが減って根元が目立ちやすいです。髪が伸びてプリンが気になるときは、分け目を変えてボリュームを出し、根元を隠しましょう!

分け目を反対にする方法
1. 前髪を水などでたっぷりと濡らします。
2. すべての髪を元の分け目に持っていき、ドライヤーを当てます。
3. すべての髪を反対側に持っていってドライヤーを当てます。
4. 前髪を真下に下し、上から下に向かってドライヤーを当てます。
5. いつもと反対側に分け目を作り根元にドライヤーを当てます。
6. コームなどで整えます。

根元のプリンが目立つときの対処法②髪にボリュームを出す

ドライヤーを当てる女性

髪がぺったんこになっていると、根元がよく見えてしまいますが、髪にボリュームがあると、根元が隠れてプリンも目立ちません。根元のプリンが気になっているときはドライヤーの当て方を工夫して髪全体にボリュームを出しましょう!

■髪にボリュームを出してプリンを隠す方法
1. タオルで余分な水分を吸収します。
2. 後ろから前にドライヤーを当て、根元を乾かします。
3. 右サイドの髪を左側に流し、右から左に向かってドライヤーを当てます。
4. 左サイドの髪を右側に流し、左から右に向かってドライヤーを当てます。
5. ドライヤーを冷風に切り替え、髪を完全に乾かします。
6. 根元を押さえつけないように注意しながら、ブラシなどで整えます。

根元のプリンが目立つときの対処法③根元から視線を逸らすヘアアレンジ

編み込みヘア

髪が伸びてプリンになっていると、根元に視線が集中しやすいです。根元のプリンが気になるときはヘアアレンジをして根元から視線を逸らしましょう。

■前髪の編み込み
カチューシャをしているように前髪で編み込みをすると、根元が隠れます。編み込みは太めに仕上げて、根元をほぐすようにボリュームアップさせれば、さらにプリンが目立たなくなるでしょう♡

■ポンパドール
前髪を後ろにもっていってピンで留めるポンパドールは分け目のプリンを隠したいときにぴったりです。ポンパドールのボリュームがないと、前髪の根元のプリンが目立ちやすいので、できるだけボリュームのあるポンパドールを作って根元から視線を外しましょう◎

■お団子
髪が長めの人にはお団子もおすすめです。お団子は高い位置で大きめに作ると、根元から視線が逸れてプリンが目立ちにくくなります♪

根元のプリンが目立つときの対処法④帽子やヘアバンドで隠す

ヘアバンドを付けている女性

簡単にプリンを隠したいときは根元を隠してしまうのがおすすめです。

■帽子を被る
帽子を被ると、根元が見えなくなるので、髪が伸びていてもプリンには見えません。普段のコーデに帽子を1点取り入れると、印象が変わるので、おしゃれを楽しみながらプリンを隠したい人は帽子でプリンを隠すのがおすすめです◎

ただし、室内にいるときや食事中に帽子を被るのはマナー違反に当たります。帽子でプリンを隠したいときは一日の予定を確認しておく方が良いでしょう♪

■ヘアバンドで隠す
太めのヘアバンドを付けると、前髪の根元が隠れるので、プリンが目立ちにくくなります。ヘアバンドをしてもプリンが目立つときは、根元から視線を外せるお団子などのヘアアレンジと組み合わせましょう!

根元のプリンを目立たせない方法

髪を染めてもらっている女性

頻繁に根元のプリンを気にするのが嫌な人は染め方を変えてるのがおすすめです◎

■暗めのカラーに染める
明るめのカラーと比べて暗めのカラーは地毛との差が少ないので、プリンが目立ちにくいです。忙しくてなかなか染める時間を確保できない人は暗めのカラーに染めておくと良いでしょう。

■グラデーションカラーにする
根元から毛先にかけて明るくなるグラデーションカラーに染めると、髪が伸びてもプリンが目立ちません。

■染める頻度を増やす
プリンを気にしたくない人は頻繁に染め直しましょう。明るい色に染めた場合は一カ月に1回以上、暗めの色に染めた場合でも二カ月に1回以上根元を染め直せば、プリンは目立ちにくいです。


せっかく可愛い色に染めても、髪が伸びてプリンになっていると、女子力が下がった気になりますよね。プリンが目立ってきたら上手に隠して染め直しまでの時間稼ぎをしてみましょう。