LIFESTYLE

『3D彼女 リアルガール』ってどんな映画?あらすじやキャストは?

映画『3D彼女 リアルガール』は美少女とオタク男子のラブコメディ。ここでは『3D彼女 リアルガール』のあらすじやキャスト、撮影エピソード、主題歌などについてご紹介します。

『3D彼女 リアルガール』ってどんな映画?

『3D彼女 リアルガール』は美少女・五十嵐色葉とオタク男子・筒井光(つっつん)の純愛コメディー。ある日突然、色葉から告白されたつっつんは、いじめを疑いながらも交際をスタート。個性豊かな二人の仲間たちを巻き込んで物語が展開していきます。

純愛を軸にしていますが、仲間たちとの友情やすれ違いなどもポップに描かれた笑って泣けるラブコメディ。見終わった後は爽やかな気持ちになっているでしょう。

製作チームは桐谷美玲さんの主演映画『ヒロイン失格』と同じで、老若男女問わずドキドキさせてくれること間違いなしです!


■『3D彼女 リアルガール』のあらすじ

コミュ障で恋愛経験のない筒井光(つっつん)はアニメキャラを愛するオタク男子。ある日書店を訪れたつっつんは、学校一の美少女・五十嵐色葉が万引きの濡れ衣を着せられているところに遭遇します。

勇気を出して色葉が無罪であることを証明したつっつんは、なんと色葉から半年の期間限定で付き合ってほしいと告白されることに。イジメを疑いながらも、色葉との交際をスタートさせて彼氏になるために努力していきます。

二人は徐々に距離を縮めますが、交際のスタートから半年が経過。ハロウィンの日、色葉は「私のことは忘れて」と言い残して、つっつんのもとを去ってしまいます。

それから5年後、つっつんは二人の思い出の場所で色葉と再会……。二人の運命は?


『3D彼女 リアルガール』
ーーーーーーーーーー
公開日:2018年9月14日
監督:英勉
原作:那波マオ『3D彼女 リアルガール』
脚本:高野水登、英勉
キャスト:中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、上白石萌歌、ゆうたろう ほか
上映時間:115分
ーーーーーーーーーー

【キャスト紹介】五十嵐色葉役:中条あやみちゃん

1997年生まれ、大阪府出身。

フィギュアのような美女子で、あまり感情を出さなくても表情や仕草で内面を表現できる、と満場一致で五十嵐色葉役にキャスティングされたのが中条あやみちゃん。

2011年に『seventeen』でデビューして以来、同世代女子から人気を集めていて現在は『アナザースカイ』など、テレビでの活躍も目立ちます。
最近の主な出演映画は『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『劇場版 零~ゼロ~』『セトウツミ』など。

【キャスト紹介】筒井光(つっつん)役:佐野勇斗くん

1998年生まれ、愛知県出身。

つっつんの暗さの中にも明るさがある性格を表現できるとキャスティングされたのは佐野勇斗くん。2015年に『くちびるに歌を』で俳優デビュー後、ドラマなどで注目を集めています。
最近の主な出演映画は『ちはやふる-結び-』『羊と鋼の森』など。

2018年8月には主演映画『青夏きみに恋した30日』も公開されました。

【キャスト紹介】高梨ミツヤ役:清水尋也くん

1999年生まれ、東京都出身。

つっつんのライバル役高橋ミツヤ役は、相手の間合いを引き立たせるお芝居ができるとオーディションで選ばれた清水尋也くん。
最近の出演映画は『ミスミソウ』『ちはやふる-結び-』などです。

『3D彼女 リアルガール』のエピソード紹介

■撮影現場はアットホームな雰囲気
『3D彼女 リアルガール』の撮影現場はキャストが「ずっとこの現場にいたい」と言うほど、アットホームな雰囲気だったよう。メインキャストの中条あやみちゃんと佐野勇斗くんはすぐに仲良くなれたようで、佐野勇斗くんは中条あやみちゃんと初めて会った気がしなかったのだとか。

すでに撮影を終えていた中条あやみちゃんが佐野勇斗くんの撮影最終日に現場を訪れたことからも仲の良さが伝わります。


■撮影は笑わせ合戦!?

英勉監督は自由に演技をさせる方のよう。佐野勇斗くんはお笑いネタを披露するかのように、毎シーン、おもしろく見えるように工夫をしていたみたいです。撮影中、思わず笑ってしまい、NGになることも何度かあったようですよ。

『3D彼女 リアルガール』の主題歌を担当するのは西野カナさん

『3D彼女 リアルガール』の主題歌は、10代から20代の女子に絶大な人気を誇る西野カナさんの「Bedtime Story」。映画と同じように男の子と女の子の一途なラブソングで、ストーリー仕立てになった歌詞にも注目です。

西野カナさんも映画を見て色葉やつっつんに感情移入し、何度も泣いたりキュンとしたりしたみたいですよ。

西野カナさん「Bedtime Story」

¥1,300

販売サイトをチェック

『3D彼女 リアルガール』の原作紹介

映画『3D彼女 リアルガール』の原作は、那波マオさんの同名漫画。2011年から2016年まで『デザート』に連載されていた作品で、全12巻の新装版も販売中。性別や年齢を問わず、多くの人から支持されています。

映画化企画が始まった時は、まだ漫画が連載中で何度も試行錯誤が繰り返されたよう。脚本の高橋さんがつっつんに感情移入しすぎてしまったこともあるそうですが、最終的には英勉監督も脚本に関わって映画が作られたみたいです。

『3D彼女 リアルガール』新装版 1

¥463

販売サイトをチェック

『3D彼女 リアルガール』はアニメ版も人気

2018年4月に日本テレビ系で放送がスタートしたアニメ版の『3D彼女 リアルガール』も大人気。2019年1月からは第二シーズンの放送も始まります。

『3D彼女 リアルガール』DVD Vol.1

¥8,640

販売サイトをチェック

『3D彼女 リアルガール』の予告動画

 

予告だけでも色葉やつっつんに感情移入してしまいそうですね。映画の公式サイトでは、他にもさまざまな動画が公開されています。


『3D彼女 リアルガール』は笑いも涙もあるラブコメディ。美少女とオタク男子、一見正反対の二人の恋や仲間との友情にドキドキしてみてはいかがでしょう。