BEAUTY

オイリー肌を改善したい!美肌を叶えるスキンケアのコツとアイテムは?

オイリー肌はテカりやべたつき、ニキビ、毛穴の黒ずみなどの肌トラブルが現れやすいです。ここでは、オイリー肌の原因や改善を目指すためのスキンケアのコツ、オイリー肌さんにおすすめのスキンケアアイテムについてご紹介します。

オイリー肌とは?

あぶらとり紙を使う女性

オイリー肌とは、皮脂が過剰に分泌された肌のこと。皮脂は肌の潤いを保ち、外的刺激から肌を守る役割を果たしていますが、過剰に分泌されれば、肌がテカって綺麗に見えません。


■オイリー肌の特徴

・夕方には化粧崩れでファンデーションがドロドロになる
・洗顔後30分程度でべたつきを感じる
・毛穴の黒ずみや開きが目立つ
・ニキビができやすい

これらの特徴のうち、1つでも当てはまる場合は、オイリー肌になっている可能性が高いです。

オイリー肌の原因

肌悩みがある女性

綺麗な肌は油分と水分のバランスが正常に保たれていて、べたつきやかさつきが起こりにくいです。ところが、さまざまな原因で皮脂が増えるとオイリー肌になってテカリます。


■ホルモンバランスの乱れ

皮脂の分泌量は性ホルモンと関係しています。男性ホルモンのテストステロンや女性ホルモンのプロゲステロンは皮脂を増やしてしまうため、ホルモンバランスが乱れていると、オイリー肌になりやすいです。

特に、思春期はホルモンバランスが乱れやすいため、皮脂の過剰分泌に悩む人は珍しくありません。皮脂はニキビの原因菌の餌となるため、思春期は皮脂の過剰分泌が原因でニキビができる人も多いです。


■遺伝

生まれつき、皮脂が分泌されやすい人もいます。お母さんやお父さん、兄弟などがオイリー肌の場合は遺伝で皮脂が分泌されている可能性が高いでしょう。


■間違ったスキンケア

皮脂が気になるあまり、角質ケアや洗顔をやりすぎたり、保湿をサボったりすると、肌の水分量が減少します。

水分量が減少した肌は、残っている水分を守るために、皮脂の分泌量を増やして水分の蒸発を防ごうとします。そのため、スキンケアを間違うと、オイリー肌になりやすいです。

<間違ったスキンケアの例>
・スクラブやピーリングをやりすぎる
・クレンジングや洗顔で肌を擦りすぎる
・一日3回以上洗顔する
・あぶらとり紙を頻繁に使用する
・収斂化粧水や拭き取り化粧水を使いすぎる


■食生活の乱れ

食生活や生活習慣も肌状態に影響を与えます。皮脂の分泌量を増やす食べ物を食べすぎている人は、オイリー肌になりやすいです。オイリー肌の改善を目指す人は食生活を改善して、皮脂の分泌量をコントロールしましょう。

<皮脂の分泌量を増やす食べ物>
・チョコレートやケーキなど糖分が多い食べ物
・パンやパスタなど小麦粉が含まれた食べ物
・肉類
・バターやチーズなどの乳製品
など

<オイリー肌の改善を目指せる食べ物>
・うなぎやアーモンドなどのビタミンB2を含む食べ物
・カツオやマグロなどのビタミンB6を含む食べ物
・ブロッコリーやイチゴなどのビタミンCを多く含む食べ物

オイリー肌の改善を目指す栄養素を食事で十分に摂取できない場合は、サプリメントを使用するのもおすすめです。


■季節

汗をかく夏は皮脂の分泌量も増加します。また、夏はエアコンで肌が乾燥しやすいため、乾燥から肌を守るために、肌の潤いを保つ皮脂が過剰に分泌されることもあります。

オイリー肌のスキンケアのコツ

スキンケアする女性

オイリー肌のスキンケアは皮脂を取りながら、潤いを与えることが大切です。


■クレンジングはクリームタイプかミルクタイプ

メイク汚れが残っていると、オイリー肌が悪化する可能性が高いです。とはいえ、洗浄力の高いオイルタイプのクレンジングでごしごしとメイクを落とすと、肌が必要とする潤いが奪われて肌が乾燥し、皮脂が過剰に分泌されることがあります。

そのため、オイリー肌のクレンジングは肌に優しいクリームタイプやミルクタイプを選ぶのがおすすめです。クリームタイプやミルクタイプで汚れだけを取って、潤いは肌に残しましょう。


■洗顔はもこもこ泡で丁寧に

ニキビなどの原因となる皮脂汚れは、一日2回の洗顔で丁寧に落としましょう。ごしごし洗うと、乾燥による皮脂の過剰分泌につながる可能性があるため、もこもこの泡で不必要な汚れのみを落とすことがコツです。


■保湿も大切

オイリー肌は皮脂を取ることを重視しがちですが、保湿をサボると、肌の乾燥を防ぐために、皮脂の分泌量が増加します。皮脂を不必要に分泌させないためにも、化粧水や美容液の後に乳液やクリームを塗って、肌の潤いを守りましょう。

特に、目元や口元などの乾燥しやすいパーツは丁寧に保湿するのがおすすめです。


■皮脂をコントロールする化粧水もおすすめ

ビタミンC誘導体などの成分は、皮脂の分泌をコントロールして肌の油分と水分のバランスを整えます。油分と水分のバランスが整えば、肌が外部の刺激を受けにくくなって、ニキビも予防できるでしょう。

オイリー肌におすすめのスキンケアアイテム【1】ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

プチプラのクリームクレンジング。メイクとよく馴染み、ファンデーションなどをスルンと落とします。ごしごしと擦らなくてもメイクが落ちるので、肌が必要としている潤いを奪ってしまう心配はないでしょう。

ちふれ ウォッシャブル コールド クリーム

¥702

販売サイトをチェック

オイリー肌におすすめのスキンケアアイテム【2】FANCL(ファンケル) 洗顔パウダー

つるつる肌を作ってくれるパウダー状の洗顔料。専用のボールを使うと、簡単に濃密な泡が作れます。皮脂や角栓、黒ずみなどの汚れはしっかりと取りますが、潤いは守られて、後に使うスキンケアアイテムの浸透力も高まります。

FANCL(ファンケル) 洗顔パウダー

¥1,296

販売サイトをチェック

オイリー肌におすすめのスキンケアアイテム【3】naturie(ナチュリエ) ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー

プチプラで大容量の人気化粧水。浸透力に優れた処方なので、オイリー肌の人でも使用後にべたつきません。さっぱりとした使用感なので、テカリやすい夏でも快適に使用できるでしょう。

naturie(ナチュリエ) ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー

¥702

販売サイトをチェック

オイリー肌におすすめのスキンケアアイテム【4】CLINIQUE(クリニーク) DDMG「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル」

オイリー肌の人や混合肌の人向けに作られているジェル状乳液。角質層まで浸透して、みずみずしい潤いを与えます。皮脂の過剰分泌やテカリを抑えるオイルコントロール機能もあるため、メイク前に使用すると、ファンデーションの持ちも良くなるでしょう。

DDMG 「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ジェル」122g

¥7,020

販売サイトをチェック

オイリー肌におすすめのスキンケアアイテム【5】ALBION(アルビオン) エクサージュホワイト ホワイトニングVCチャージャー

ビタミンCを配合したデパコスの美容液。角質層に潤いを与えてサラサラとした肌に導きます。美白有効成分も入っているので、シミ・そばかすを予防したり、透明感をアップしたい人にもおすすめです。

ALBION(アルビオン) エクサージュホワイト ホワイトニングVCチャージャー


オイリー肌のスキンケアは潤いをキープしながら、不要な皮脂を取り除くことが大切です。化粧崩れやニキビなどに悩んでいるオイリー肌さんは正しいスキンケアで美肌を目指しましょう。