LIFESTYLE

手に汗握る爽快スパイアクション!映画『アメリカン・アサシン』のあらすじ、原作、キャストは?

観終わった後にスカッと爽快な気分になるアクションムービー「アメリカン・アサシン」は、男性も女性も楽しめる要素が満載!熱い男の復讐劇は、一瞬たりとも目が離せませんよ。

『アメリカン・アサシン』ってどんな映画?

『アメリカン・アサシン』は初公開週末に、全米の週末興行収入ランキングで初登場2位を記録したアクション映画です。

婚約したばかりの彼女を卑劣なテロによって失ったイケメン主人公が、復讐を誓い工作員になりますが…彼を待っていたものは世界の歴史を動かすような黒幕でした。はたして彼は無事愛する人の復讐を成功させることができるのか?

公開日:2018年6月29日
監督:マイケル・クエスタ
原作:ヴィンス・フリン
脚本:エドワード・ズウィック
   マーシャル・ハースコビッツ
   マイケル・フィンチ
   テイラー・キッチュ
キャスト: ディラン・オブライエン、マイケル・キートン、サナ・レイサンほか
上映時間:112分

【キャスト紹介】ミッチ・ラップ役:ディラン・オブライエン

カメラマンの父親と女優の母親の元に産まれたディラン・オブライエンは、根っからのスター気質。14歳の頃から自分で作ったコメディー作品をyoutubeに投稿していた、人気ユーチュバーでした。

大ヒット映画『メイズ・ランナー』シリーズの完結編で主役を務めたことから、日本でも知名度が上がりました。『アメリカン・アサシン』では別人のようなので、役作りへのこだわりが感じられますね。

甘いマスクとは裏腹にキレッキレのアクションを見せてくれますが、早くもアメリカでは新しいアクションスターの登場だと評判も高いです。

私生活では、ハリウッドスターにしては珍しくずっと1人の女性とお付き合いをしているところが、女性の好感度が高い理由でしょう。ちなみに彼女はブリット・ロバートソンという可愛らしい女優さんです。

【キャスト紹介】スタン・ハーリー役:マイケル・キートン

『バットマン』の初代ブルース・ウェイン役で知られているマイケル・キートンは、ゴールデングローブ賞やエミー賞にもノミネートされたことがあるベテラン俳優です。

アメリカではブルース・ウィルスがこちらの役を演じるという情報も流れていたようですが、最終的に選ばれたのはマイケル・キートンでした。しかし完成後は彼で正解だったという声が多いというのもうなずけます。

以外にも声優として出演している映画が多く『トイストーリー』や『カーズ』といったディズニー映画の他に、なんと英語版『紅の豚』にも声で出演しています。

もうとっくに還暦を超えていますが、本作品ではアクションもこなす若々しさが女性にも人気がある秘訣でしょう。

【キャスト紹介】ゴースト役:テイラー・キッチュ

正統派イケメンのテイラー・キッチュは、カナダから俳優を目指してニューヨークに移り住み、しばらくはホームレス生活をしていたという異色の経歴を持っています。

彼を有名にしたのはなんと言っても、浅野忠信さんも出演したハリウッド映画『バトルシップ』です。エイリアンと闘う軍人の役でしたが、その肉体美に女性達はメロメロになりました。

モデルとしても活躍しているだけあって、180cmを超える身長にバキバキの筋肉を持つビジュアルは、男性から見てもカッコいいですよね。

残念ながら本作品では悪役ですが…冷酷なテロリストを演じていてもなぜか惹かれてしまうのは、やはり見た目が良いからでしょうね。

実際にブートキャンプに参加してリアルなアクションを追求!

こちらの映画の一番の見どころはなんと言ってもアクションです。主役のディラン・オブライエンと、鬼教官役のマイケル・キートンは、実際にスパイのスキルを身につける軍事訓練を受けて撮影に臨みました。

体格はもちろん、身のこなしや軍事戦術の訓練まで、本人たちもまさか華やかな世界にいるハリウッドスターが、スパイになるための訓練を受けるだなんて思ってもみなかったことでしょう。その成果は映画を観ればわかりますよ。

また、おじいちゃん世代と言っても過言ではないマイケル・キートンのアクションも圧巻です。仕事に私情を挟むな!という冷酷な役柄ですが、徐々に師弟関係が固い絆で結ばれていく熱い体育会系の要素が含まれているのも、この映画の評価につながっている点でしょう。

出典元:http://american-assassin.jp/about.html

原作は全米でベストセラーとなったスパイ小説!

累計売上2500万部というベストセラースパイ小説が、この映画の原作です。日本でいえば『名探偵コナン』のようにシリーズ化されていて、主人公の名前を取って「ミッチ・ラップシリーズ」と呼ばれています。

作者はテロを題材とした著書が多いヴィンス・フリンです。日本でも大人気となったテレビドラマ『24-TWENTY FOUR-』で、ストーリーコンサルタントをしたこともある人物です。

残念ながら病に侵されて2013年に47歳の若さで亡くなりましたが、その後はカイル・ミルズがシリーズを継承しています。

原作がシリーズ化されているということは、映画版もシリーズ化になる可能性大です。各方面で評価も上々なので、気が早いようですが続編の情報が待ち遠しいですね。

アメリカン・アサシン

「アメリカン・アサシン」の予告動画を観れば劇場に行きたくなる!

 

予告動画を観ただけで、アクションの激しさが伝わりますよね。爆破シーンやテンポの良いストーリー展開も見どころです。

スパイになる前に彼女と幸せそうに過ごしている姿と、冷酷な目をした復讐に燃える姿のギャップも、女性にとっては胸キュンポイント!

予告でサラッとあらすじがわかると余計に結末が気になります。ミッチ・ラップの目的は果たせるのか?それとも次回のシリーズに持ち越すのか?ぜひ自分の目で確かめてください。


激しいアクションシーンが迫力満点の『アメリカン・アサシン』は、公開前から日本でも話題です。ハードなアクションだけではなく、教官や仲間との絆やトラウマというソフトな面も繊細に表現されています。ネタバレは見ずに劇場でハラハラしながら観るのがおすすめですよ。