LIFESTYLE

ハーバリウムの造花版!アーティリウムって?作り方もご紹介

部屋におしゃれな花を飾りたい人は最近注目を集めている「アーティリウム」にチャレンジしてみてはいかがですか。今回はアーティリウムの作り方などについてご紹介します。

ハーバリウムの造花版!アーティリウムとは?

アーティリウム

アーティリウムとは、造花で作るハーバリウムのことです。ハーバリウムやアーティリウムがどのようなものなのかについて詳しく確認してみましょう。

■ハーバリウムって何?
部屋に花があると、おしゃれで可愛いですよね。しかし、生花はお手入れが大変で、枯れる前に新しい花に替えなければいけないので、最近はお世話が不要の「ハーバリウム」が人気です。

元々、ハーバリウムとは「植物標本」という意味です。現在、お花屋さんや雑貨屋さんで売られているハーバリウムはドライフラワーを瓶の中に入れて保存したもので、インテリアグッズとして注目を集めています。

■造花を使ったアーティリウム
アーティリウムは、ハーバリウムで使うドライフラワーを造花(アーティフィシャルフラワー)に替えたものです。ドライフラワーを使うハーバリウムよりも簡単に作れて長持ちするので、最近はアーティリウムに対する注目度も上昇しています。

■アーティリウムを買えるお店
ハーバリウムはお花屋さんや雑貨屋さん、バラエティショップなどで購入できますが、アーティリウムの販売店は少ないです。お気に入りのデザインが見当たらないときは、手作りをしてアーティリウムを楽しみましょう。

アーティリウム作りに必要なもの

アーティリウムの手作りにチャレンジするなら、まずは必要なものを揃えましょう。

■造花
造花はアーティリウムの主役。作りたいアーティリウムをイメージしながら、お気に入りの造花を手に入れましょう。

造花は100均や「Loft(ロフト)」などのバラエティショップにも売られていますが、こだわりがある人は「東京堂(とうきょうどう)」などのお花屋さんで探すのもおすすめです。

■オイル
初心者はハーバリウム専用のオイルを使うのがおすすめです。粘度が低いオイルを使うと、造花が動いてしまうので、アーティリウム用にオイルを買う場合は粘度300程度のものを選びましょう。

なお、節約したいときはベビーオイルでも代用できます。ベビーオイルを使う場合は、ミネラルオイルが主体になった商品を選びましょう。

■瓶
造花やオイルを入れる瓶も欠かせません。100均や東京堂などの専門店でお気に入りの形のガラス瓶を購入しましょう。

瓶は蓋が付いていればどのようなものでも良いですが、初心者は増加を固定しやすいスリム瓶やおしゃれに見えて人気の電球瓶などを利用するのがおすすめです。

なお、注ぎ口が細めの瓶を選ぶと、気に入った造花を入れられない可能性があります。入れたい造花が決まっている人は、造花を入れられるかを確認してから瓶を買いましょう。

■ピンセット
造花を瓶に入れるときに使います。小さめの瓶を使う場合はどのようなものでも良いですが、長めの瓶を使うときは20~25㎝程度のピンセットを選んだ方が便利です。

■エタノール
瓶を消毒するために使います。薬局などで購入できる一般的なエタノールで問題ありません。

東京堂

おしゃれに作ろう!アーティリウムの作り方

造花

必要なものが揃ったら、アーティリウム作りを始めましょう。

■1.瓶を消毒する
瓶が汚れていると、カビが発生する可能性があります。アーティリウム作りに使う瓶はあらかじめ、食器洗い用洗剤で洗って、しっかりと乾燥させておきましょう。

その後、エタノールを瓶全体に行き渡らせて完全に乾かせば、カビの発生を防げるので、アーティリウムが長持ちします。

■2.完成をイメージする
実際に造花を並べながら、完成形をイメージします。

■3.造花をカットする
長い造花や大きい造花は不要な部分をカットします。上だけに花が集中しないように、全体のバランスを考えながらカットするのがポイントです。

このときに、造花に付いた埃や汚れはきれいに取っておきましょう。

■4.造花を入れる
イメージ通りになるように、ピンセットを使って造花を瓶に入れていきます。

■5.オイルを入れる
造花を入れたら、オイルを入れましょう。造花がオイルの重みでつぶれそうなときは、少しずつ交互に造花とオイルを入れていくと、きれいに仕上がります。

なお、オイルは満杯に入れると膨張して、溢れる可能性があります。少しだけ上部を開けて、オイル漏れを防ぎましょう。

■6.位置を調節する
ピンセットで造花の位置を調節します。

■7.空気が抜けたら蓋を閉める
造花に付いていた空気の気泡が見えなくなったら、蓋をして完成です!

アーティリウムを上手に作るコツ

造花

おしゃれなアーティリウムを作るためには、3つのコツを意識してみましょう。

■造花を詰めすぎない
たくさんの造花を使ったからといって、おしゃれなアーティリウムを作れるわけではありません。瓶に空間を残した方がきれいに見えるので、アーティリウムを作るときは造花を使いすぎないようにしましょう。

■テーマを決める
お気に入りの造花を入れるだけでは、アーティリウムはおしゃれに見えません。「海」「春」などとテーマを決めて、造花を選び、貝殻などの小物を上手く使うと、上級者のようなアーティリウムに仕上がります。

■いろいろな角度からチェック
造花の位置を調整するときは、さまざまな角度から仕上がりを確認しましょう。どの角度で見てもきれいなアーティリウムを作れば、おしゃれなインテリアグッズになります。


造花を使ったアーティリウムはドライフラワーを使うハーバリウムよりも簡単に作れます。お世話いらずでおしゃれなお花を飾りたい人は、アーティリウム作りに挑戦してみましょう。