BEAUTY

人気のおすすめあぶらとり紙6選!テンション上がるものを厳選♪

Writer:まみ

過剰に出てしまった皮脂を取ったり、テカリによるメイク崩れを直したりするときに便利なのがあぶらとり紙。今回はあぶらとり紙の選び方や10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙をご紹介します。

あぶらとり紙の選び方

あぶらとり紙を使う女性

テカリを防いだり、メイクのりを良くしたりするあぶらとり紙はホルモンバランスの関係で皮脂が出やすい10代女子の必需品。Tゾーンがテカったり、メイク崩れがひどかったりして悩んでいる人は自分に合ったあぶらとり紙の選び方を確認しておきましょう!

■大きさ
顔の全体がテカってしまう人は大きめのあぶらとり紙を使いましょう。鼻やおでこなど、顔の一部のみがテカる人は小さめのあぶらとり紙でも問題ありません◎

■皮脂の吸着力
皮脂が出やすい人や汗をかきやすい季節は皮脂の吸着力が高いあぶらとり紙を使うのがおすすめです。一方で、混合肌の人や乾燥しやすい時期は皮脂の吸着力が高すぎるあぶらとり紙を使うと、うるおいが不足する可能性があるので、注意してください。

■素材
・フィルムタイプ
フィルムタイプのあぶらとり紙は皮脂の吸着力や耐久性に優れていて、一枚で顔の皮脂を十分に吸い取れます。他方、乾燥気味のときに使うと、肌に負担がかかる可能性もあります。

・和紙タイプ
やわらかい和紙でできたあぶらとり紙はフィルムタイプと比べて皮脂の吸着力や耐久性が弱いため、一度に数枚を使って皮脂を吸い取ります。皮脂が過剰に分泌されている人は不便に感じることがありますが、余分な皮脂は取られず、肌への刺激も少ないです。

■見た目
ポーチに入れておくあぶらとり紙は可愛いものを使いたいです。パッケージやケースがおしゃれなあぶらとり紙は友達に見られても恥ずかしくありません♡

10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙①よーじやのあぶらとり紙

京都生まれの「よーじや」のあぶらとり紙は大正時代にできた歴史あるアイテム。改良を重ねながら作られた現在のあぶらとり紙はやわらかい肌触りと抜群の皮脂吸着力で年代を問わず多くの女性から人気です。

メイク直しのタイミングで使うと、出過ぎてしまった皮脂をしっかりと取れてメイクのりが良くなったことを実感できるでしょう♡

手のひらサイズですが、吸着力が高いので、皮脂が出やすい人でも1枚でテカリを押さえられるのも嬉しいです♪

◆あぶらとり紙 5冊組(あぶらとりがみ 5さつぐみ)
定価:1,630円(税抜)

<よーじや>あぶらとり紙5冊組

¥1,760

販売サイトをチェック

10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙②無印良品の麻入り和紙あぶらとり紙

「無印良品(むじるしりょうひん)」の麻入り和紙あぶらとり紙は吸収力が高く、肌触りも良いことが特徴。麻が入った和紙でできているのでフィルムタイプと比べて肌への刺激が少なく、皮脂の過剰分泌でニキビなどができているときにも使えます◎

ケースは取り出しやすいポップアップ式なので、短時間でメイク直しをしたいときにも便利でしょう。コンパクトサイズなので、ポーチに入れやすいのも嬉しいです。

◆麻入り和紙あぶらとり紙(あさいりわしあぶらとりがみ)
定価:139円(税抜)

<無印良品>麻入り和紙あぶらとり紙

¥150

販売サイトをチェック

10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙③オルビスのあぶらとり紙

「ORBIS(オルビス)」のあぶらとり紙は京都の舞妓さんたちが昔から使ってきたあぶらとり紙と同じ金箔打紙製法で作られていることがおすすめのポイント。

金箔打紙製法とは、繊維が長い麻を何度も叩いて紙を作る方法で、できあがった紙の繊維密度が高く、肌触りが良いことが特徴です。

繊維密度の高いあぶらとり紙は皮脂の吸着力が高いので、メイク直しなどで使うと、暑い時期でも一瞬でテカリを抑えられてきれいな肌に戻るでしょう♪

◆あぶらとり紙(あぶらとりがみ)
定価:296円(税抜)

あぶらとり紙

¥319

販売サイトをチェック

10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙④資生堂のあぶらとり紙(プルポップ)011

「資生堂(しせいどう)」のあぶらとり紙は天然パルプ100%で作られていることが特徴。フィルムタイプの一般的なあぶらとり紙と比べてツルツルとしていて肌触りが良いため、肌が敏感なときも刺激を抑えられます。

一枚ずつ取り出しやすいケースに入っているので、ストレスなく使い続けられることも人気の理由の一つ。ケースはコンパクトサイズなので、メイクポーチに入れて持ち運びしやすいのも嬉しいですね。

◆あぶらとり紙(プルポップ)011(あぶらとりがみ(プルポップ)011)
定価:300円(税抜)

<資生堂>あぶらとり紙(プルポップ)011

¥324

販売サイトをチェック

10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙⑤ジルスチュアートのブロッティングペーパーN

可愛いあぶらとり紙が欲しい人には「JILL STUART(ジルスチュアート)」のブロッティングペーパーNがおすすめです。ブロッティングペーパーNは皮脂吸着面をパウダー加工したあぶらとり紙で、しっかりとテカリを抑えて肌をサラサラにする効果を期待できます♡

ジルスチュアートオリジナルの可愛いピンクのケースに入っているので、ポーチに入れておくとテンションが上がるでしょう♪

◆ブロッティングペーパーN
定価:1,800円(税抜)

ブロッティングペーパーN

¥1,944

販売サイトをチェック

10代女子に人気のおすすめあぶらとり紙⑥アユーラのオーラフィールアロマペーパー

メイク直しのときに便利なあぶらとり紙を探している人には「AYURA(アユーラ)」のオーラフィールアロマペーパーがおすすめです。

オーラフィールアロマペーパーは皮脂を取る効果だけでなく、表面についたパウダーで美肌に仕上げるおしろい効果もあるので、崩れたメイクを簡単に元の状態に戻せます♪

細かなラメも入っているので、肌を軽く押さえて皮脂を取った後に紙を滑らせると、ほんのりとキラキラした輝きを感じられます♡

◆オーラフィールアロマペーパー
定価:600円(税抜)

オーラフィールアロマペーパー

¥648

販売サイトをチェック

皮脂が出やすい10代の女子にとってあぶらとり紙は大事なアイテム。人気のあぶらとり紙を使って、いつでもテカリのないサラサラ美肌をキープしましょう。