SCHOOL

学校でも♪トランプを使った盛り上がる遊び方をご紹介!

学校で友達みんなで遊ぶとき、どんな遊びをしていますか?スマホ禁止という学校に通っている人は、「遊びのバリエーションが少なくてつまらない!」と思っていませんか?

そこでおすすめしたいのが、トランプを使った遊び方のバリエーションです。学校に持って行って楽しめるだけでなく、同じ遊びでも何度やっても結果が違うのが面白さの秘訣♡今回ご紹介する遊びはすぐに実践できるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

トランプを使った盛り上がる遊び方①▶【ババ抜き】

まずはじめにご紹介するトランプの遊び方といえば、やっぱり定番の【ババ抜き】は外せませんよね!

手軽にトランプを楽しめ遊び刀上に、小さな子供からお年寄りまで、誰でも簡単に楽しめるのが魅力です。なぜなら、それはルールがとても簡単だから♪

勝敗も運に左右されることが多いので、実力差がつきにくいところも◎
ルールは実に簡単で、はじめにジョーカーを1枚入れたカードを参加メンバーに同数配り、1枚ずつ他者のカードを取り、同数字のカードのペアを捨てていくというもの。

これを繰り返し、最初に手元にカードがなくなった人が勝ち、最後まで手元にババを持っていた人が負けというゲームです。

トランプを使った盛り上がる遊び方②▶【七並べ】

参加メンバー全員が楽しめる上に簡単なトランプの遊び方として、ババ抜きのほかにもう一つご紹介したいのが【七並べ】です。

まずは全員にカードを均等に配り、「7」のカードから、連番のカードを1枚ずつ順番に出していくゲームです。

手元のカードを全てなくすことができた人から順番に勝敗が決まっていきます。カードを出せない場合は3回までパスができますが、それ以上パスすると自動的に負けが決定してしまうというサブルールも存在しています。

トランプを使った盛り上がる遊び方③▶【ページワン】

トランプの遊び方の中には、あまり知られていないけれど、みんなで簡単に遊べるものも存在しています。その中の1つとしてご紹介したいのが、【ページワン】です。

遊び方は簡単で、まず“親”がカードを手札から1枚出し、他の参加者は“親”が出したカードと同じマークのカードを出していくというもの。

【ページワン】ではあらかじめカードには強さの順番が決められています。1番強いカードを出した人が、次の“親”になることが決定します。

また、“親”が出したカードと同じマークのカードが手札になかった時は、山札から1枚ずつ同マークのカードがでるまで、手札に加えていきます。これを繰り返し、最初に手札がなくなった人が勝者です。

トランプを使った盛り上がる遊び方④▶【ダウト】

差雨後にご紹介するトランプの遊び方は、【ダウト】です。

【ダウト】は比較的ルールは簡単なのですが、手軽に心理戦を楽しめるので、盛り上がるゲームです。

遊び方は、まず「1」から順番に数を宣言しながら、カードを裏返しに出していくというもの。出すカードは、宣言する数と異なっていてもOK!しかし他のプレイヤーから「ダウト」とコールされると、これまで出されたカードを全て手札に入れなくてはいけません。

逆に「ダウト」とコールされた時に、もし宣言した数と同じ数のカードだった場合には、コールした人が手札に入れなければいけません。これを繰り返して、一番早く手札をなくした人が勝者です。


いかがでしたか?どれもすぐにできる簡単な遊び方なのも魅力的ですよね♡ぜひやってみてくださいね!