LOVE

恋愛心理学で恋を叶えちゃお!相手の心理とテクニックをご紹介

人の気持ちや行動について知ることができる心理学は、恋愛でも活用できるものです。そこで今回は、恋愛の場面で使える、恋愛心理学をご紹介します。彼と良い関係を築く際の参考にしてみてくださいね。

心理学って?

カフェデートをしている男女

心理学は、心の中で思っている本音が、言葉やしぐさ、行動などで表れることや、過去の経験がどのように性格に影響するか、相手の言葉やしぐさが、他の人の気持ちにどのような影響を与えるかなどを学び、研究する学問です。

心理学と聞くと、「難しそう」という印象もあると思いますが、実は、身近な人が考えていることや、嘘をついているかどうかなどを予想できたり、日常生活に利用できるものでもあります。

ビジネスでも使われることも多い心理学ですが、恋愛でも、脈ありかどうかや、男心や女心を上手に利用して、好感度をアップさせることもできます。

今回は、そんなおすすめの恋愛心理学をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック①定番「吊り橋効果」

吊り橋

恋愛心理学でメジャーなものと言えば「吊り橋効果」です。
吊り橋というのは、崖や川などを渡る時に使う橋で、縄や木の板などで作られた、動くたびにゆらゆらと揺れる橋です。

揺れる吊り橋を渡ると、「落ちたらどうしよう」と怖い気持ちになり、ドキドキします。その吊り橋が怖くてドキドキしている気持ちが、一緒に橋を渡った人に対してドキドキして「恋している」と錯覚してしまうのが「吊り橋効果」です。

吊り橋は日常生活で渡る機会はあまりありませんが、吊り橋以外にも、ジェットコースターやお化け屋敷などでもOKです。

その他にも、胸がドキドキして心拍数が上がることなら効果的なので、一緒にスポーツをしたり、周りに恋するカップルが多いことも、ドキドキする種類は違いますが、吊り橋効果が期待できるようですよ。

「恋しているのかも」「気になっているのかも」と思ってくれたら、あなたの良い所をアピールして、チャンスを生かしたいですね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック②「承認欲求」

仲の良いカップル

人は「承認欲求」という、他の人に認められたいという気持ちが働くものです。例えば、SNSで「いいね!」がたくさんほしいというのも承認欲求ですね。

恋愛心理学でも、その「承認欲求」を活用することができます。
今まで好きではなかった人でも「あの人あなたのこと好きらしいよ」と言われたり、相手からアプローチされると、急に気になる存在になったという経験もあると思います。

それは男性も同じで、少しでも可愛いなと思っている子からアプローチされると「認められた」と感じることができるので、その子の好感度が自然とアップしたり、急に好きな気持ちが芽生えることがあります。

「好き」という言葉以外でも、彼の良い所を褒めたり、あなたにとって特別だと伝える、彼の話をよく聞いたり、共感することなども効果的です。もし、最初あまり脈ありだと感じなくても、しつこくしない程度にアプローチしていくことは大切ですね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック③「返報性の原理」

仲の良い男女のグループ

人は、相手が何かしてくれたり、親切にされると、お返ししたいという気持ちになるのが「返報性の原理(へんぽうせいのげんり)」です。

好きな人に目を見て笑顔で優しく接したり、親切にすると、彼もあなたに対して優しくしたり、親切にしたいという気持ちが働きます。あなたへの好感度も自然にアップさせることができる恋愛心理学のテクニックですね。

ただし、手を差し伸べすぎてしまって押し付けがましくなってしまったり、「重い」と思われないように、ほどほどにしておきましょう。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック④ザイアンス効果(単純接触効果)

電話している女性

「単純接触効果」や「ザイアンス効果」と呼ばれる心理学の法則も、おすすめの恋愛心理学のテクニックです。会っている時間の合計は同じでも、長く一緒にいるよりも、回数を分けて何度も会った方が、好感度がアップすると言われています。

この会う回数というのは、直接顔を見て会うだけでなく、LINEや電話でもOKです。ちょっとしたことでもLINEで質問をしたり、電話で話すなどして、親密度をアップさせていきたいですね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック⑤ダブル・バインド(二者択一話法)

質問している女性

例えば、「デートに行かない?」と誘われると、「行く」か「行かない」のどちらかの答えを選ぶ方が多いと思います。

しかし、「映画とボウリング、どっちか一緒に行かない?」「今週の土曜日か日曜日、どっちか遊びに行かない?」など、どちらかを選ぶように言われると、自然と「どちらかを選ばなくては」という気持ちが働き、「どちらも行かない」と断りにくくなるというのが「ダブル・バインド」という恋愛心理学のテクニックです。

どうしてもデートに行きたい!という時に使ってみてくださいね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック⑥嫉妬心をくすぐる

嫉妬しているカップル

誰かに取られてしまうかもしれないと思うと、急に気になる存在になるのも、恋愛心理学の一つです。

かなり仲良くなってきたのに、彼がなかなか告白してくれなかったり、イマイチ煮え切らない態度の場合、他の男性と仲良くすると、彼が嫉妬して「他の人に取られるかも!」と恋する心に火がつくことがあります。

ただし、あまりにやりすぎてしまうと「軽い」「誰でもいいのかも」と思われてしまうこともありますので、利用する際は注意したいですね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック⑦ミラーリング

カフェデートをしているカップル

相手と鏡(ミラー)のように同じ行動をする「ミラーリング」は、恋愛心理学だけでなく、色々な場面でも有効だと言われている心理学のテクニックです。

人間は、共感してくれると、相手に親近感を感じますよね。同じ行動をしていたり、同じものが好きだったりすると「気が合うな」と思うものです。

同じタイミングでコーヒーを飲んでみたり、同じように前かがみの姿勢になってみたり、同じタイミングで髪や顔などを触ったり、腕を組んでみるなど、さりげなく相手の仕草を真似してみることで、無意識に親密度をアップさせることができるテクニックです。

不自然にならないように、取り入れてみてくださいね。

恋愛心理学で恋をサポート♡おすすめテクニック⑧狩猟本能を刺激する

綺麗なアクセサリーをつけている女性

男性は、昔から狩りをしていたので、追いかけられるよりも追いかけたいという「狩猟本能」を持っている方が多いと言われています。

ふわふわとしたフレア袖や、揺れるイヤリングやピアス、ポニーテールやツインテールなど、揺れたり、動くものを身につけて、男性の「狩猟本能」をくすぐるのも、恋愛心理学では定番です。デートや合コンで利用している方もいるのではないでしょうか。

LINEでも「連絡を返して」と言ったり、すぐ返事をするよりは、相手が追いかけたくなるように、少し時間を置いてから返信をするのも良いですね。

また、付き合ってからも「すぐ手に入る」「もう彼女に対して頑張らなくても大丈夫」と安心させるよりは、「手に入りそうでなかなか手に入らない」「何を考えているのかわからないミステリアスな部分がある」など、彼氏が「追いかけたい」という心理を持ち続けられるようにするのも、愛されテクニックとしておすすめですよ。


彼と良い関係を作っていくためには、恋愛心理学を上手に活用するのがおすすめです。ぜひ、気になる彼と仲良くなるツールとして使ってみてくださいね。