LIFESTYLE

学校での班決めは?選び方やぼっちにならない方法について

学校の行事で班決めをしなくてはいけない時ってありますよね。班決めが嬉しい人もいれば、悩みになってしまう人もいるはずです。学校の班決めにはどのような方法があるのか、そして班決めでぼっちにならない方法についてご紹介します。

班分けは運命の分かれ道!

たくさんの手

学校生活で色々な行事がありますよね。特に修学旅行や学習旅行は、思い出に残る大きなイベントになります。そういった場面で必ず必要になるのが、班分けです。

それぞれの班で話し合って、行く場所を決めることになります。そういった場合、重要になってくるのが班分けです。それぞれの班によって、行く場所も目的も変わってきます。

そして、班分けがどうしても気になっているという人の中には、複雑な人間関係に悩んでいるという人が多いです。

学生にとって班分けというのはとても重要な事ですよね。どこに入るかによって、行く人が変わります。一生に一度の濃い思い出になるはずの旅行が、最悪のものになるか最高のものになるかは、ほぼ班分け次第です。

班分けというのは、学生にとって最も重要といっても過言ではない、選択事項なのです。

班分け方法1.くじ引き

仲の良さそうな学生

まず班分けの方法として、くじ引きがあります。くじ引きの場合反則がなく、公平に決めることができます。クラスをまとめる先生からしてみれば、くじ引きで決めるのはとても楽です。

くじ引きというのは、引いた本人の運次第になります。良いも悪いも本人の運次第なのです。自分が外れくじを引いても、周りを責めることはできません。

人それぞれ運がある、そしてそれは誰も責めることができない、そう分からせてくれるのも口引きのメリットかもしれませんね。

班分け方法2.ランダム

マーブルチョコ4色

班分け方法の2つ目は、ランダムで決めるという方法です。生徒たちの運に任せずに、先生が勝手に決めるという方法です。先生は生徒達よりも広い目で人間関係を観察しています。

誰の仲が良くて誰の仲が良くないかということも、しっかりと把握しています。そして、先生としては新しい人間関係を築いて欲しい、あの人と一緒に行動することでこういった感情に気づいて欲しい、というような願望があります。

旅行をより楽しく充実したものにするために、先生自身も必死です。だからこそ、先生自身がランダムで決めるという方法もあります。

さらに先生が迷ってしまった場合には、ランダムで決めてくれるサイトなどに頼る方法もあります。インターネットで検索すると、班分けをランダムでやってくれるところもあります。

生徒たちだけに任せられないというクラスや学校では、こういったサービスを利用することもあります。

班分け方法3.自由

仲よさげに集まる人

班分け方法の3つ目は、個人の自由という方法です。これは、採用している学校は半々くらいだといえるでしょう。自由に班を決めさせても良いですが、そこでは1人ぼっちになる人が出てくる場合も多いです。

それを本人が実感してしまうと、ショックを受けることになります。個人の自由で決める班分けは、天国と地獄が見えやすいというデメリットがあります。

そしてクラスの人間関係が浮き彫りになる場面でもあり、先生はそこにフォーカスを当てている可能性もあります。

個人の自由にすることで喜ぶ人も悲しむ人もいるので、この選択をするかどうかは担任の先生の意思に任されます。

学校やクラスによって班決めの方法が違うのはなぜ?

談笑する人

班決めをするとなると、先生や学校などの条件によって決め方は違ってきますよね。それに納得できないという人も出てきても仕方ないでしょう。

学校や先生によって、なぜ班決めの条件が変わってくるのでしょうか?

まずは、クラスの印象を見た先生の見解が大きく影響しているからです。学校によって違うという場合は、クラスの印象をそれぞれの先生が話し合って、不公平にならないように統一している所もあります。

同じ学校でも選び方が違うという場合は、クラスの雰囲気によって先生が考えている場合があります。

隣のクラスはクラス全体が仲があまりよくないから、先生がきめているようだとしても、自分のクラスは全体的に仲がいいから、自分達で決めることになることもあります。

クラスの仲によって、班決めのスタイルは変わってきますよ。

班分けでぼっちにならないために

集まる人

班決めについて検索するということは、班決めで不安を感じている証拠です。自分達で勝手に決めていいと言われた時の班決めで、自分がぼっちにならないかどうか不安に思っている人がほとんどだと思います。

ぼっちにならないためにはどうすればいいか、悩みますよね。それは、前もって相手に話しておくことが1番です。

自分が何が何でも1人になりたくないと思っているのであれば、自分が一緒の班になりたいと思う人に、班決めの話を前もってしておく必要があります。そして、個人の自由で決める場合に、自分と組んで欲しいということをストレートに伝えましょう。

これは普段仲がいい人でも、それほど話したことがない人にも有効です。これから仲良くなりたいと思う人に対して、班決めの話を振って、一緒の班になることで、旅行の日はたくさん話す機会が出てきます。

このタイミングで仲良くなるという人はとても多いので、仲良くなりたい人に話しかけるチャンスとして使っても良いでしょう。


学生時代に悩む班決めについて紹介してきました。自分達で班決めをすることが嬉しいという人もいますが、中にはそれがプレッシャーに感じてしまう人もいます。そういった場合は、前もって策を練っておく必要があります。班決めきっかけで自分と仲良くできる人が見つかるように、事前に準備しておくと良いでしょう。