BEAUTY

難しくて悩んじゃう!チークの正しい塗り方って?

せっかくメイクを頑張っても、チークを塗った瞬間に顔が幼く見えたり、顔色が悪く見えたりすることはありませんか?チークを塗ると、メイクが上手く仕上がらない人はチークの正しい塗り方を確認してみましょう♪

チークの塗り方のポイント①塗る位置は顔の形に合わせて決める

チークを使ってかわいくなるためには、正しい位置にチークを塗ることが大事♡どれだけかわいいチークを使っても、塗る場所を間違えるとメイクが下手に見えてしまうので、かわいくなりたい人はまず、チークを塗る位置を確認してみましょう♪

チークを塗る位置は顔の形に合わせて決めるのがポイント。顔が卵型の人やホームベース型の人は黒目の下と頬の一番高い位置を結んだポイントから耳にかけて斜めに入れると、大人っぽくかわいいメイクが完成します♡

面長さんは、チークを入れる場所を下にずらすのがオススメ♪。小鼻の横あたりから、平行にチークを入れれば、輪郭をカバーできてかわいく仕上がります。

丸顔さんは少し細めにチークを入れると顔全体がシャープに見えますよ♪

チークの塗り方のポイント②パウダーチークはブラシでふんわり乗せる

チークは大きく分けて、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプの3種類。このうち、パウダータイプは使いやすく、メイク初心者におすすめのチークです♡

パウダータイプのチークの塗り方のポイントは大きめのブラシを使ってふんわりとチークを乗せること。チークをブラシに取ったら、手の甲で不要な粉を落としてから、頬にチークを塗っていきましょう♪

小さいブラシでチークを塗ったり、粉を落とさずに塗ったりすると、一部だけにチークが付きすぎて、不自然になっちゃうので、気をつけてくださいね。

チークの塗り方のポイント③リキッド・クリームチークはしっかりとぼかす

リキッドタイプとクリームタイプのチークは頬がぽっと色付いたような発色をすることが魅力的♡でも、リキッドタイプやクリームタイプのチークは塗り方を知らないと上手く塗れないので、塗る前に正しい使い方をマスターしておきましょう♪

リキッドチークやクリームチークを塗るときのポイントはしっかりとぼかすこと。指にチークを取ってポンポンと頬にのせたら、指で境目をぼかして、しっかりと顔に馴染ませましょう♪

顔に馴染んだら、今度はきれいなスポンジでポンポンとぼかして、余分なチークを落とし、最後にフェイスパウダーを馴染ませてくださいね。

チークの塗り方のポイント④なりたいイメージで塗り方を変えるのもGood!

ここまで紹介したのはどれも基本的なチークの塗り方ですが、基本的な塗り方に飽きてきたら、イメージに合わせてチークの塗り方を変えちゃうのもオススメ!自分がなりたい雰囲気に合わせてチークの塗り方をアレンジすれば、さらに理想に近づけちゃいます♡

今よりもっと可愛くなりたい人は、いつもより少し高めにピンクのチークを入れるのがポイント。高めにチークを入れると、顔がほてって見えるので、男の子からのウケも抜群です。

クールな雰囲気になりたい人には頬の高い位置の少しだけ下から、斜めにさりげなく、コーラルピンクやローズのチークを入れるのがオススメ。斜めにチークを入れれば、知的な雰囲気が出て、いつもより大人っぽく見せられます♪


チークは顔色を良く見せたり、大人っぽい雰囲気を出したりしたいときに役立ってくれるアイテム♡正しいチークの塗り方をマスターして、今よりもっとかわいくなっちゃいましょう♪