BEAUTY

初心者さんへ!メイクのやり方の基本テクニック

Writer:lark10.0621

可愛くなりたい女子にとって、メイクのやり方はとっても気になるものですよね。でも、今までにやったことのない初めてのメイクとなるとどうしたらいいのか分からず、戸惑ってしまいます。
今回は、そんなメイクのやり方の基本テクニックをレクチャー♡すでにメイクをしている方も、これから始める方も、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

メイクのやり方の基本テクニック①スキンケア編

メイクを始める前には、化粧水や乳液で保湿しましょう。オイリー肌気味の方は、べたついてメイク崩れの原因になってしまうのでは?と心配かもしれませんが、メイク崩れの原因は余分な皮脂の分泌。

しっかりとスキンケアでうるおいをとじこめてあげることで、余計な皮脂の分泌も軽減されますし、乾燥も予防してくれますよ♡

メイクのやり方の基本テクニック②化粧下地・日焼け止め編

ファンデーションを塗る前に、まずは日焼け止めや化粧下地でベースを整えましょう。

最近では、化粧下地にUVカット効果もついているコスメが多いですが、もしついていない場合や、しっかり紫外線対策を行いたい場合などは、先に日焼け止めを塗ってから、化粧下地を塗りましょう。つけすぎに注意しながら、肌に密着させるようにのばしていきましょう♡

おすすめはCEZANNE(セザンヌ)の「セザンヌ 皮脂テカリ防止下地」。さらっとした軽いつけ心地で、メイク崩れを予防してくれる優秀下地ですよ♪SPF28・PA++となっています。

CEZANNE「セザンヌ 皮脂テカリ防止下地」

メイクのやり方の基本テクニック③コンシーラー・コントロールカラー編

目の下のクマや、シミ、そばかす、毛穴、赤みのような色ムラなどは、ファンデーションを塗る前にコントロールカラーやコンシーラーで部分的にカバーすると、ファンデーションを厚塗りしなくてすむので、ナチュラルな仕上がりに♡

気になる部分にピンポイントで使いたい時は、コンシーラーがおすすめ。コントロールカラーは、青やピンク、紫やグリーンなど、さまざまな色があり、それぞれカバーしてくれるものが違いますので、自分のお悩みに合わせて選んでいきましょう。

おすすめはmedia(メディア)の「メイクアップベースS」の、赤みをカバーしてくれる「グリーン」。伸びがよく、ナチュラルに透明感をアップしてくれると人気になっています。

media「メイクアップベースS」

メイクのやり方の基本テクニック④ファンデーション編

肌の気になる部分をカバーして美しく見せてくれるファンデーションは、塗りすぎると不自然ですし、メイク崩れの原因にもなってしまいます。

一般的には、ツヤ感のある肌にしたい場合はリキッド系やクリーム系のファンデーションを、さらっとした肌に仕上げたい場合はパウダリーファンデーションがおすすめ♡

丁寧に、ムラができないようにのばしていきましょう。仕上げにフェイスパウダーを軽くつけることで、ふんわりナチュラルに仕上がります。

おすすめはマジョリカ マジョルカの「ミルキースキンリメイカー」です。「生感ファンデ」としても人気で、リキッドとパウダーのメリットを両立させたコスメで、自然な仕上がりになるところも学生さんにおすすめのポイントです。

マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー

¥1,836

販売サイトをチェック

メイクのやり方の基本テクニック⑤チーク・ハイライト・シェーディング編

高く見せたい鼻筋や頬の下などにハイライトを塗ったり、シャープに見せたい鼻のサイドや頬のワキにはシェーディングをすると、小顔効果も期待できちゃいます。

また、血色感をアップしてくれるチークは、女子っぽい可愛さもアップ♡ピンク系やレッド系ですとガーリーに、オレンジ系ですとアクティブな印象になります。丸くいれるとカワイイ印象になりますし、斜めに入れるとオトナっぽい雰囲気になりますよ。

おすすめはSUGAO(スガオ)の「スガオ スフレ感チーク&リップ」で、こちらは、チークとしてもリップとしても使える2WAYコスメ♡まるでスフレのようなつけ心地で、すっと肌に馴染んでふわっとした血色をプラスしてくれるアイテムです。

SUGAO「スガオ スフレ感チーク&リップ はなやかピンク」

メイクのやり方の基本テクニック⑥アイブロウ(眉)編

眉毛は、顔の印象を左右する大事なパーツですよね。余分なところに生えている眉毛は、抜いたりカットして整えたら、眉を書いていきましょう。

ペンタイプはしっかり形を描きやすいですし、パウダータイプのアイブロウは、ナチュラルに仕上がるのがメリット。自分の髪の色に合ったカラーですと馴染みやすいですよ。

プチプラアイブロウで大人気のKATE(ケイト)の「デザイニングアイブロウ3D」は、ノーズシャドウとして使うのもおすすめ。パウダータイプで3色入りなので、自分に合った色に調整しやすいですね♡

KATE「デザイニングアイブロウ3D」

メイクのやり方の基本テクニック⑦アイメイク(目)編

顔の中心にある目のメイクは、使うコスメによって色々な印象に変化させることができます。アイシャドウは、薄いカラーから塗っていき、目のキワや目尻には濃いカラーの塗るのがベーシックなメイクテク♡

目のキワや目尻に引くアイライナーは、ブラックですとはっきりとした印象になりますし、ブラウン系ですと、やさしげで自然な仕上がりになりますよ。
ビューラーやカーラーでまつ毛を上向きにカールさせたら、マスカラを塗ってアイメイクの完成です。
アイシャドウの前にはアイシャドウベース、マスカラの前にもマスカラベースを塗ると、キープ力がアップするのでおすすめです。

おすすめは、やっぱりCANMAKE(キャンメイク)の「パーフェクトスタイリストアイズ」です♡5色入りで、高発色のアイシャドウなので、コレ1つでさまざまなメイクが楽しめるパレット。色違いでほしくなってしまうコスメです。

CANMAKE「パーフェクトスタイリストアイズ」

メイクのやり方の基本テクニック⑧リップ編

顔の印象が変わる重要なポイントがリップ。
乾燥対策として、リップクリームやバームなど保湿をしてからリップを塗るのがおすすめ。リップを塗った上から、仕上げにグロスでツヤ感をアップさせるのもかわいくなりますね。

塗り方は、唇の中心に塗ってから馴染ませていくと失敗が少ないですし、塗りすぎも防ぐことができます。リップライナーやリップブラシを使うと、よりキレイに仕上がりますよ。

1本とは言わず複数持っておきたいリップと言えば、ちふれの「ちふれ 口紅(詰替用)」。保湿成分も配合されていて、プチプラとは思えない美発色。カラーもたくさんあるので、その日の気分に合わせて手軽に変えやすいのも嬉しいですね♡

ちふれ  口紅(詰替用)

¥324

販売サイトをチェック

今回ご紹介したメイクのやり方は、ベーシックな基本テクニックです。自分のなりたい雰囲気や顔立ちに合わせてアレンジしていけば、もっと可愛さをゲットできちゃいますよ♡