LIFESTYLE

おもてなしで役に立つ人気のレシピ!簡単で美味しい料理9選♡

たくさんの人が集まる機会はパーティーやお祝いの会、送別会、誕生会、そしてクリスマスにお正月など年間でもたくさんありますよね。自分が人を招くときには、どんな料理を作るべきか頭を悩ませてしまう人も多いと思います。今回はおもてなしをするとき用の、便利でおすすめのレシピに焦点を当てていきます。

さらに、おもてなし用のおしゃれなメインのレシピや、子供や年配の人にも喜ばれるレシピ、また前菜やおつまみにもなるオススメのレシピもご紹介します。さらに和食で豪華なおもてなしレシピなども取り上げていきますので、注目してみてくださいね。

おもてなしにピッタリのレシピ(1):見た目も華やか!クリスマスケーキ寿司

パーティやお祝いにオススメなレシピの代表格のお寿司。手巻き寿司やちらし寿司などは人が集まるときには特におすすめしたい人気のおもてなし料理です。子供から年配の人にまで喜ばれますね。

こちらの「クリスマスケーキ寿司」は形が特徴的なちらし寿司です。通常のちらし寿司は、お櫃に入れたり、お皿に丸くこんもりと盛り付けることが多いですよね。こちらはパウンドケーキの形の長方形のお寿司です。

アレンジとしては、サーモンの代わりにガリを使ってもいいですよ。また鮭フレークの代わりにサバのフレークを使ってもいいでしょう。上の飾り用として、桜でんぶをプラスすると一層華やかになります。

▶「クリスマスケーキ寿司」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(2):簡単で美味♪「とろとろ牛すじシチュー」

ごちそう感があるビーフシチューは、特別な日のレシピにはぴったりですね。ビーフシチューは洋食ですが、パン・ご飯のどちらにも合うので幅広い年代の人におもてなしできますね。特に冬の時期には人気がある料理の一つです。

こちらは牛スジ肉を使っていますが、牛のすね肉・モモ肉などでももちろん代用できます。アレンジとしてお皿に盛り付ける以外に、丸く大きなパンの中身をくりぬいて、中にシチューを入れる盛り付けもオススメです。

▶「とろとろ牛すじシチュー」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(3):シンプルな美味しさ♪ローズマリーアクアパッツァ

魚介のアクアパッツァは、イタリア料理ですが今やすっかり日本でもおなじみのメニューですね。魚介の出汁と野菜からのエキスが融合して、素材の旨味と良さを味わえる料理です。こちらの「ローズマリーアクアパッツァ」のおもてなしレシピは、ローズマリーの爽やかさがプラスされています。

盛り付けは大きなお皿や、スキレットをそのまま食卓にだす方法、そして大きめのココット皿などをオーブンから出してそのまま食卓へ、といろいろなサーブの仕方があります。食材のバリエーションとしては、たら以外に白身の魚や赤みの魚、ムール貝、小鯛などいろいろな魚介類でも作ることができます。

またハーブはローズマリー以外に、タイムを使っても香り豊かに仕上がります。

▶「ローズマリーアクアパッツァ」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(4):ココットで作るラザニア

イタリア料理のラザニアは、レストランなどでも人気のボリュームがあり食べ応えがあるメニューです。とても華やかですが、自分で作るとなるととても手間がかかることから、ついつい敬遠してしまう人が多いようです。またキャセロール皿で作ると、余ってしまうことが多いところが難点ですね。

こちらの「ココットで作るラザニア」は手の平サイズのココット皿を使ってつくるレシピです。アレンジとしては、ラグーソースの代わりにミートソースやトマトソースと使う方法です。また使用するチーズも好みで、ナチュラルチーズやゴーダチーズなど他の好みのチーズでもOKです。

▶「ココットで作るラザニア」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(5):ベーコンときのこのキッシュタルト

西洋の家庭料理で人気があるレシピの一つのキッシュは、日本ではデパートなどの総菜売り場でも人気です。自分で作るときには、大体は円形やスクエア型の大きな型に入れて焼くので、大量に作るスタイルが多いものです。

おもてなしの際は、メインの料理があってその他にもう一品なにか欲しい、という場合にはこちらの小さいサイズのキッシュがぴったりです。市販のタルト台を使うので、簡単にキッシュが作ることができます。手のひらサイズなので、立つことが多いパーティなどにもオススメ。

アレンジとしては、ブロッコリーの代わりにほうれん草やパセリ、しめじの代わりに舞茸やエリンギを使うといいですよ。またソーセージやツナ・コーンなどをプラスして入れても美味しさがアップします。

▶「ベーコンときのこのキッシュタルト」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(6):超絶なめらか夏のチーズタルト♪

パーティやおもてなしに欠かせないものが、デザートですね♡集まりの最後には、お茶をしながらのデザートは、招かれた人の楽しみでもあります。おもてなしする側は、どんなものを作って出そうかと悩みます。そのようなときにオススメのデザートが、こちらの「超絶なめらか夏のチーズタルト」です。シンプルな美味しさが引き立つ夏のタルトです。

ヨーグルトやレモンも使用しているので、酸味があり爽やかな風味のチーズデザートです。盛り付けは、ホールのものをテーブルに置いておき、デザートの時間をみて切り分けておくと各人が取りやすいですね。

デザートのお皿に、アイスクリームやベリー系のソースを一緒に盛り付けても、華やかになりますのでオススメです。

▶「超絶なめらか夏のチーズタルト」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(7):簡単おもてなし♪ズッキーニのはさみ焼き

作り方は簡単で材料もシンプル!というおもてなしのレシピは、何度も作りたくなりますね。ここでご紹介する「ズッキーニのはさみ焼き」は、並べて焼くだけの洗い物も少なくて、調理過程も簡単なオススメおもてなしレシピです。

アレンジレシピは、ズッキーニの代わりにナス・トマトなどで作ってもいいですね。また、ケチャップをミートソースにしたり、トマト缶を使うこともおすすめです。

盛り付けは調理器具のスキレットをそのまま食卓に持って行って、取り分ける方法もありますが、その他グラタン皿やキッシュ用の皿で焼いてもいいですね。

▶「ズッキーニのはさみ焼き」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(8):前菜にもおすすめ♡タコとカブの山椒カルパッチョ

生のタコは、日本では刺身などで食べることが多いですね。最近はオリーブオイルなどを使い、綺麗に盛り付けするカルパッチョもかなり浸透してきました。カルパッチョは酢を使っているので、食欲増進にもなります。前菜やおつまみとしてもオススメです。

こちらの「タコとカブの山椒カルパッチョ」はタコとカブ・山椒が特徴のカルパッチョです。和食の良いところを活かしたレシピ。木の芽やカイワレ大根など緑のものをトッピングしてアクセントをつけています。アレンジとしては、鯛やサーモンなどで作るカルパッチョもおすすめです。ホールのピンクペッパーを散らしても素敵ですよ。

▶「タコとカブの山椒カルパッチョ」のレシピ

おもてなしにピッタリのレシピ(9):ロマンチックなデザート♡すもものクランブル

サクサクとした食感のクランブルは、アツアツでも冷やしても美味しいスイーツです。すもものきれいな赤とピンク色が見た目にも美しいデザートです。綺麗にデコレーションされたデザートもおもてなしにはいいですが、皆でワイワイと取り分けて食べられるタイプのデザートもオススメです!

ヨーロッパでは家庭でよく作られているクランブルですが、今回は生で食べるとかなり酸っぱくて、食べにくいすももをデザートにしています。その他にオススメしたい果物は、リンゴ・桃などです。アイスクリームを添えたり、生クリームを泡立ててサイドに盛ってもいいですね。器を耐熱性の透明のものにすると、断面が見えて涼しげに見えますよ。

▶「すもものクランブル」のレシピ


ここまでおもてなしをする際にオススメのレシピを9つご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。たくさんの人が集まるときには、お客様の食の好みや好き嫌いもあり、レシピを決めることも大変な作業になります。予めさまざまな料理を準備しておけば、お客様の好みのものを自由に取って楽しんでもらえます。

華やかなおもてなしで来客に喜んで貰うためには、今の自分のレパートリーにプラスした新しいレシピを作ってみることが必要です。ちょっとしたコツや盛り付けの工夫でもパーティや食事会が盛り上がりますね。自分が今後作ってみたい、新しいレシピをたくさん見つけて作ってみましょう。