LIFESTYLE

断捨離で後悔したくない!断捨離のコツと公開しないための方法を公開

近年雑誌やテレビで話題の「断捨離」。自分の家や部屋にたまったいらなくなった物を、思い切り捨て去る作業のことです。今やしっかり定着しましたね。知らず知らずにたまってしまう使わない物や、いつかは使うだろうと思って取っておいた袋や箱など、気が付くと収集がつかなくて困っているという人も多いのではないでしょうか。また進学や就職の引っ越しや離婚などで、断捨離をするという事情の人もいることでしょう。

今回はこの断捨離にスポットを当ててみました。クローゼットの上手な断捨離のコツや、断捨離で失敗した例、また捨ててしまって後悔したもの、などを主に取り上げていきます。さらに断捨離の後で後悔しないためのコツなどもご紹介していきます。ぜひ今後の断捨離を考えている人は参考にしてみて下さいね。

後悔しない断捨離のやり方を知りたい!基本とコツ①

整頓された部屋1

断捨離で要らない物を捨てると心理的にも部屋をすっきりさせる上でも、その効果が大変大きいものです。しかし断捨離のやり方次第では、その後に公開してしまう人もいます。

きっぱりと断捨離をして部屋をきれいに片付けたいけれど、後で捨ててしまって後悔はしたくない、という場合はどのようにすればよいのでしょうか。ここでは、後悔しない断捨離の方法を挙げていきます。

後悔しないように断捨離を行うコツは、まずは整理したい場所を決定します。そして、次に大まかにいる物を要らない物をどんどんと分けていきます。ここで少しでも迷ったら、取り敢えず保留とし、いる物の部類に入れておきます。

このように全て仕訳が終わったら、次に保留にしていたものを再度手に取り、捨てるべきかをじっくりと考えて決めていきましょう。ここで又迷って捨てるべきかどうかが決められない場合は、保管する期限を決めて捨てずにとっておきましょう。コツは保管の期限ですが、大体1年を目途にして、再度見直しをすることです。1年間の間に全く使う機会がなかったら、その時には「捨てる」という選択をしましょう。

後悔しない断捨離のやり方を知りたい!基本とコツ②

断捨離前と後

断捨離をするときは、機械的に「いる物」と「いらない物」をどんどん分ける作業だけではない、実に奥深い作業です。ここでは断捨離をするときに、頭に入れておきたいコツやポイントをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

断捨離とは、今必要のない物を整理して捨てる、という作業です。断捨離するときに一番かさばるものといえば、本や雑誌、書類などの紙類です。またCDや古いレコード・MDなどの記録メディア類です。これらは本当に必要なもののみを残し、しばらく使用していないものはきっぱりと捨てる勇気が必要です。

もし後で「やっぱり捨てるべきではなかった」と思ったときには、新しい物を購入するか電子書籍、音楽ダウンロードなどで対応できます。何よりも大事なことは、捨ててスッキリした!という気持ちになると言えるでしょう。

断捨離で捨てて後悔している?捨てて失敗した具体例

クローゼットの中を見る女性

断捨離をするということは、とにかく要らない物を何でも捨てること、とうい考えから後で後悔するものまで捨ててしまうという失敗例もあります。部屋の片づけと断捨離が上手くいっていると、その爽快感からどんどんと断捨離のスピードや量も増えていくことが予想されます。

断捨離をする際に、捨てない物としておくべきものの実例を挙げていきます。これはあくまでも一例ですので、人によってその内容が全く違ってくることは理解しておいて下さいね。

まず、何事にも代えられない思い出の写真や録音テープ・ビデオ・CDなどです。その時代ならではのもので、捨ててしまうと二度と手に入らないものです。普段使わないからと、安易に捨ててしまうと、せっかくの思い出はもう見たり聴いたりできなくなります。

また、自分の趣味などでコレクションしていたものや、好きで苦労して集めたり作ったりしたものも、すぐに断捨離してしまわないようにしましょう。こだわりを持って集めたものは、今も好きな気持ちがあれば保管しておく価値があるといえます。

断捨離上手の人から学ぶ!捨てて成功だったと思うものベスト3

整頓された部屋2

断捨離をする前と後で、劇的に部屋がスッキリとして「やってよかった」と思うものには、どのようなものがあるでしょうか。ここではそのベスト3をご紹介します。

■1位:クローゼットの不要な服
クローゼットやタンスに増えていく一方の服や、アクセサリー・小物類。特に洋服など、季節ごとあまり着ない服がたくさんありませんか。特に昔気にいって着ていた服が、今はサイズが合わなくて着れないというものも多いのではないでしょうか。断捨離ではこのような「いつか痩せて着る予定の服」を片付ける絶好の機会です。

断捨離することで気持ちにも整理がつきます。また、新しい洋服を買うときには自分のクローゼットのワードローブを把握しているために、似たような服を買わずに済み、無駄なくショッピングができますね。

■2位:普段ほとんど使わない食器
一人暮らしでも意外とたくさん買っていて、増えるものが食器です。そしてその8割以上が、普段使わない食器ということもありますね。実際のところ、普段使う食器はほぼ同じものということが多いのではないでしょうか。

この断捨離を期に、ほとんど登場することがなかった食器は、処分するかセカンドショップなどの買取をしてくれるお店に、出品してみましょう。戸棚がスッキリして出し入れもしやすくなる、というメリットが生まれますよ。

■3位:気が付くとすぐに増える本・雑誌
引っ越しをするときにその重さと量の多さから、こんなに多く持っていたんだ……と感じるのが本や雑誌です。書籍類は、古くなったものはもう手に入らない貴重なもの以外は、断捨離することをオススメします。

どうしても読みたいときは図書館で借りたり、また新しく買う、電子書籍を利用する、など方法はいくらでもありますので、思い切りも必要と割り切りましょう。


今回は今話題の「断捨離」について、さまざまな方法やコツ・具体例などをピックアップしてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。過去に断捨離をしたのに、最近また物が増えたので再度断捨離したいという人、また断捨離が初めての人などは、まずそのknow howを知っておくことが大切です。断捨離が上手くできると、部屋がスッキリしてまるで自分の心も整理されたかのような気分になります。

綺麗でスッキリした部屋は、よい「気」も流れ込んできやすくなります。このことで運気もアップしそうですね。断捨離を上手に行い、整頓された部屋で毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。