LOVE

聞き上手になりたい女子は必読!特徴と聞き上手になる方法7選を公開♪

雑誌やインターネットにて、魅力的で好感度が高い女性の特徴として「聞き上手」が挙げられます。聞き上手の意味を辞書で調べると「上手にに受け答えしながら話を聞くこと。また、その人。」と書かれています。そして反対を表す言葉が聞き下手となっています。「話し上手は聞き上手」という昔からの言葉にもあるように、聞き上手な人は話し上手な人でもあるのです。

「聞き上手な人になるためには、どうしたらいいの?」などの特集が、雑誌などでもよく見られます。聞き上手だと、男女問わず仕事や恋愛においてとてもメリットが多い、と言われていますね。

今回は「聞き上手」をテーマに解説していきます。どんな人が聞き上手な人と呼ばれるのか、その主な特徴や、聞き上手になるためのポイントなどもご紹介していきます。聞き上手!と言われたい女子は必見です♪ぜひチェックしてみてくださいね。

聞き上手な女子とは?その特徴を解説!

友人同士でコーヒーを飲みながら話す女性たち

聞き上手な女性は、主にどのような特徴があるのでしょうか。また、聞き上手のメリットも気になりますね。男性・女性の両方からの意見をもとに考察してみましょう。


■笑顔で嫌な顔をせずに話を聞いてくれる

人が相談をしてくる場合、悩みによっては精神的にも弱くなっているものです。このとき笑顔で嫌な顔をせずに向き合って話を聞いてくれると、とてもほっとするもの。これが信頼関係にも繋がってきます。


■どんな話でも否定的にならない

悩み事を色々な人に相談してみたけれども、その意見や行動が間違っている!と数人に言われてしまった……ということもあります。この場合、聞き上手な人は、最初から否定せずに話を聞いてくれるので、安心して話せます。最後まで話を聞いてから自分の意見やアドバイスをする、という人は相談者にとり話しやすい相手なのです。


■相槌やリアクションが上手

聞き上手は人は、相談事でも自分が一方的に話すのではなく、会話から自然に相談事に触れていきます。ただ「うん、うん」とうなずくだけでなく、心地よい相槌の言葉も、もっと話をしたい気持ちになりますね。また、表情が豊かで手や腕の動きやリアクションが上手だと、相談する人から好印象を持たれます。


■違った観点からのアドバイスをしてくれる

聞き上手な人は、冷静に話の内容を聞いて考えてくれます。そして、ただ話を聞いてくれるだけでなく、適切なアドバイスをしてくれるのです。自分とは違った観点からアドバイスをしてくれることも。自分だけでは分からなかったことに気付き、解決への道が見えることもあるのです。

聞き上手な女子はメリットもたくさん♪

内緒話をする友人2人組

聞き上手は女子は、周りの人をほっとさせて安心させるます。そして話をしていてもとても楽しい気持ちになるので、接する人が思わず笑顔に♪このことから、聞き上手な女子はモテると言われます。

また聞き上手だと、普段の生活の中で人間関係が上手くいくようになります。日常生活のストレスの大部分は人間関係の問題を言われています。聞き上手な人は、ストレスを感じずに過ごせるというメリットがあるのです。

聞き上手な女子になるための方法①まずは聞き役に徹してみる

複数の友達同士でわいわいと話し合う学生たち

聞き上手になるためのポイントは「とにかく相手の話を最後までじっくりと聞く。途中で話を遮ったりしない」ということ。相談してくる人は、まず自分の悩みや考えを聞いてほしい!という気持ちです。

このようなときに、途中で話を遮られたり否定されると、ストレスを感じてしまうものです。聞き手な人とは「相談者の話をとにかく最後まで聞いて、まずは話を受け入れる」という特徴があると覚えておきましょう。

聞き上手な女子になるための方法②相手の目を見て聞く!

コーヒーを飲みながらパソコンで情報を見る女性たち

一対一で話をしているときには、相手の目を見て話すことが基本姿勢となります。相談事に限らず、一般的な会話でもこれは同じです。そして相談をするときには、特にこの「目を見て聞く・話す」が大事なのです。

相談者は、もし聞き手の目線が自分からそれていると「上の空で心ここにあらずなのでは?」と感じ取ります。そして「真剣に私の話を聞いてくれていない」と不満を感じる可能性が高くなります。

相手に自分の真摯な姿勢を見せるためにも、しっかりと目を見て話すようにしましょう。

聞き上手な女子になるための方法④相手の話を復唱して投げかける

ソファーでくつろぎながら話す女性

話の最中には「相手が自分の話を本当に理解して聞いているか」がとても気になりますね。これは友達との会話だけでなく、ビジネスや打ち合わせのときも同じです。会話をしているときは、相手の話した内容を適度に復唱することが大切。

話の内容を反復することで、話し手自身にも内容を頭で整理してもらう効果があります。このことで、話し手が自分の考えをまとめ、頭をスッキリとさせることができるのです。

聞き上手な女子になるための方法⑤話し手の仕草をさりげなく真似する

芝生の上で楽し気に話す男女

上手な聞き手は、その仕草やジェスチャーにも独特の工夫が見られます。心理学で相手の気持ちに寄り添うには「ミラー効果」が大切だ、と言われています。恋愛によく使われるテクニックです。

このミラー効果とは相手の仕草を真似すると、心理的に2人の息がぴったりだと思わせてしまう、という技です。

例えば、相手がコーヒーを手にしたら自分もコーヒーを飲んでみる・視線を下に落としたら自分も下に視線をおく、などです。正にミラーのように、相手の仕草を真似してみましょう。あくまでもさりげなくが大切です♪

聞き上手な女子になるための方法⑥話題をコロコロ変えない

ソファーでコーヒーを手に楽し気に話す女性たち

女子同士の会話は、話題がコロコロと変わることがあります。その場の雰囲気や流れで、どんどん最初の話題からずれてしまうことは、よくありますね。特に複数の女性の会話では、このケースが見受けられますね。

しかし、相手が相談がある場合や、悩みがある場合、自分から話題を変えないことが必須です。相手が「私の話は退屈かしら?」と思ってしまうからなのです。一定の結論がでて、話が落ち着くまでは、話題を変えずにとことんまで話に付き合いましょう。

聞き上手な女子になるための方法⑦話の途中で質問をはさむ

ベッドで楽しくおしゃべりする女性たち

聞き上手な人をよく観察してみると「うなずきや相槌を打つ以外にも、適切な箇所で質問をしている」ということに気が付きます。例えば自分に興味がないことでも、相手に質問して話を広げる姿勢が大切です。

ただし、この方法はあまり頻繁に行うと、相手の話の流れを遮るとことにもなります。使うときは充分な注意が必要です。

このように相手に質問を投げかけると、話の要点や相談内容を見直すことができます。相手の伝えたいことがどんなことなのかを探り、さらに質問をすると効果的です。

聞き上手な女子になるための方法⑦話の途中で質問をはさむ

聞き上手な人をよく観察してみると「うなずきや相槌を打つ以外にも、適切な箇所で質問をしている」とういことに気が付きます。例え自分が興味のない話だとしても、相手に質問して話を広げてみることが大切です。

ただし、この方法はあまり頻繁に行うと、相手の話の流れを遮るということにもなりますので、充分注意が必要です。

このように相手に質問を投げかけると、相手も自分の話を掘り下げることになります。改めて話の要点や、相談内容を見直すきっかけになるのです。相手の伝えたいことはどんなことなのかを探り、さらに質問するとよいでしょう。


ここまで聞き上手な人をテーマに、その特徴を解説してきました。また、自分が聞き上手な人になりたい人が「聞き上手になるための方法やポイント」もご紹介してきました。聞き上手な人は、男女とも友達に信頼されてよく相談をされます。また異性の目から見ても魅力的に写ります♡聞き上手はモテる要素の一つでもあるのです。

聞き上手な人の行動を理解し、自分も聞き上手に近づけるように真似をすると、次第に人間関係も変化してきます。普段の話し方や聞き方を意識して、もっと聞き上手な女子になりましょう。