FASHION

シャツのコーデ術♪おすすめのシルエットや襟なしの着こなしは?

シャツはいろんな種類があるので、コーデの幅もすごく広いです。シャツをもっとおしゃれに着こなしたいけど、着こなし方がわからないこともありますよね。今回は、シャツのおすすめのコーデ術をご紹介しますので、ご覧ください。

シャツは種類が豊富で色んな着こなしができる

シャツは、本当にいろんな種類があるので、幅広い着こなしができてとても便利なアイテムです♡シンプルな服装に柄のシャツを羽織るだけでも、すごくおしゃれなコーデになるし、白シャツも合わせるアイテム次第で、色んなコーデが。

襟元が大きく開いたシャツだったり、襟がないシャツも。デザインや柄も豊富で、何枚あっても困らないです。コーデに困ったらシャツを着てみましょう。今回は、いろんなシャツのコーデ術をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

白シャツは抜き襟でおしゃれに決めて

シャツと言えば、やっぱり白シャツですよね。白シャツと言っても、着こなし次第で色んなコーデを楽しむことができますよ♡

白シャツは、抜き襟にするのがポイント。抜き襟にするだけで、旬のコーデになります。オーバーサイズのシャツを選ぶのが今風で大人っぽく着こなせます。

ボトムスはシンプルに黒などのカラーにすると、白シャツがより際立ちます。白シャツは季節問わず使えるアイテムなので、すごく便利です。

ェックシャツは羽織ってアクセントに

チェックシャツは、1枚でこなれ感が出てすごくおすすめです♪インナーはシンプルな白Tだったり、下はスキニーでシンプルにまとめても、チェックシャツを羽織ることで一気におしゃれなコーデに。

今日のコーデはシンプルすぎると感じたときは、チェックシャツを羽織ってみましょう。明るいカラーのチェックシャツは、シンプルなコーデに合わせるのがベストです。キャップを被ってカジュアルにまとめてみても良いでしょう。

襟なしシャツはサスペンダーと合わせて

シャツと言えば襟があるイメージですが、襟がないシャツもすごくおしゃれで人気があります!襟なしだと、カジュアルになりすぎずに着こなすことができます。

ブルーの襟なしシャツと、白のワイドパンツの組み合わせはすごく良いです。サスペンダーでこなれ感を出すこともできます。ベレー帽を被ると、すごくおしゃれで襟なしシャツをうまく生かしたコーデの完成です。

シャツ×タイトスカートで大人女子に

シャツと組み合わせるボトムスと言えば、ジーンズというイメージがありますよね。でも、シャツにはタイトスカートとの組み合わせがすごく良いです。

白シャツに、控えめなカラーのネイビーやグレーなどのタイトスカートを合わせると、一気に大人っぽいコーデに。赤や黄色などの明るいカラーのタイトスカートと合わせても。シンプルなコーデだけど、とてもおしゃれでおすすめです。

ストライプシャツにはフレアスカート

ストライプシャツのおすすめコーデは、フレアスカートと合わせることです。ストライプシャツは、かっこいいイメージがありますが、フレアスカートを合わせると、女性らしいコーデに仕上がります♡

ストライプシャツとフレアスカートを組み合わせると、縦長効果も相まってスタイルがよく見えます。足をきれいに見せてくれるので、おすすめのコーデです。

オーバーシャツにはベルトで

オーバーシャツは、すごくおしゃれなので人気があります。ただ、ちょっとぼてっとしてしまう事があり、コーデに迷ってしまう人もいるでしょう。

オーバーシャツには、ベルトを使うのがおすすめです。ベルトをめることで、ぼてっとしてしまうのを防ぎ、足長効果も期待できます。ルーズに着こなすのが、オーバーシャツの魅力でもあるので、ボリュームを残しつつ、上手にベルトを使いましょう!

春夏は柄シャツコーデで決まり

暖かくなってくると、シャツを着たくなりますよね。とくに柄シャツは、春夏シーズンにおすすめです♡

シンプルに黒のパンツに合わせると、シャツの柄が目立つのでおすすめのコーデです。帽子はパンツと同じ色で揃えると、よりおしゃれな着こなしに。春夏は、明るく派手なコーデをしたくなるので、柄シャツで決めてみてはいかがでしょうか。

秋冬はセーター×シャツでおしゃれコーデ

シャツをメインで着るというのが主流ですが、秋冬はセーターの中に着ると、こなれ感が出ておすすめです♪

デニムシャツの上から白のセーターを合わせ、シャツの襟を出しましょう。デニムシャツと白のセーターがベストマッチして、おしゃれなコーデの出来上がりです。
いつものデニムシャツに、セーターを合わせるだけという簡単コーデなのでおすすめですよ。


今回は、シャツのコーデ術をご紹介しました。シャツは、デザインや柄によっても、色んなコーデが出来るのですごく使えるアイテムです♡何枚でも欲しくなってしまいますよね。季節問わず使えるので、ご紹介したコーデを参考に、シャツコーデをもっと楽しんでみてくださいね。