BEAUTY

洗顔石鹸が話題!おすすめの市販せっけんで美肌を目指そう♪

洗顔石鹸は肌に優しいと注目されているコスメ。ここでは、洗顔石鹸のメリットやデメリット、選び方、市販のおすすめ洗顔石鹸についてご紹介します。

洗顔石鹸のメリット

洗眼する女性

最近は固形石鹸を洗顔に使う人が増えています。洗顔フォームではなく、洗顔石鹸を使うメリットは何なのでしょうか。


■安全性が高い

洗顔フォームには界面活性剤など、さまざまな成分が含まれていますが、洗顔石鹸は天然油脂と強アルカリというシンプルな成分でできたものが多いです。そのため、敏感肌の人でもアレルギーを起こしにくく、安全性が高いと言われています。


■長持ちする

洗顔フォームと比べて洗顔石鹸は、一度の使用量が少ないため長持ちします。


■スキンケア成分が浸透しやすい

洗顔石鹸はシンプルな原材料でできていて、油分の配合量も少ないです。そのため、洗顔石鹸の使用後に肌の表面が膜で覆われることはありません。膜がなければ、化粧水や美容液などの成分が奥まで浸透するため、スキンケアの効果を実感しやすいです。

洗顔石鹸のデメリット

考えている女性

洗顔石鹸にはメリットがある一方で「石鹸洗顔は良くない」という噂も耳にします。洗顔石鹸を使うデメリットを確認してみましょう。


■乾燥しやすい

洗顔石鹸は油分をあまり含んでいないため、洗顔フォームと比べて乾燥しやすいです。よって、乾燥肌の人が石鹸で洗顔すると、肌が突っ張ったり、皮むけが起こったりする可能性も否定できません。


■保管に注意が必要

洗顔石鹸はバスルームや洗面所に置いておくとふにゃふにゃになったり、カビや雑菌が繁殖したりすることがあります。

カビや雑菌はニキビや肌荒れの原因となるため、洗顔後に水分を拭き取ったり、乾燥させたりするのが面倒だと感じる人には石鹸洗顔は向いていないでしょう。

洗顔石鹸の選び方

石鹸を持つ女性

最近はさまざまなブランドから洗顔石鹸が販売されています。石鹸洗顔を始めようと思っている人は、次のポイントをチェックして石鹸を選びましょう。


■保湿力

洗顔石鹸は洗顔フォームと比べて乾燥しやすいです。乾燥はニキビや肌荒れ、小じわなどさまざまな肌トラブルを引き起こすので、美肌を手に入れたい人は保湿力が高い洗顔石鹸を選んで乾燥を防ぎましょう。

固形石鹸の保湿力を確かめたい時は、製造方法を確認するのがおすすめです。保湿成分であるグリセリンが残りやすい釜炊きけん化製法やコールドプレス製法で作られた洗顔石鹸は乾燥肌の人にも使いやすいでしょう。


■成分

洗顔石鹸を購入する時は、配合成分が肌に合っているかも確認しておきましょう。

<普通肌>
肌状態が安定している普通肌には、アミノ酸が配合された石鹸がおすすめです。アミノ酸は余分な皮脂のみを洗い流してくれるため、肌の水分と油分のバランスを崩しにくいと考えられています。

<脂性肌>
皮脂が過剰に分泌されている脂性肌には、パームオイルや牛脂が入った洗顔石鹸を使いましょう。パームオイルや牛脂が入った洗顔石鹸は洗浄力が高いので、毛穴の奥の汚れまで取れて、洗いあがりがさっぱりとします。

<乾燥肌>
乾燥肌にはセラミドやコラーゲン、スクワラン、オリーブオイル、米ぬかオイルなどの保湿成分が配合された洗顔石鹸がおすすめです。洗いながら肌に潤いを与えれば、石鹸で洗顔しても乾燥が悪化したり、肌が突っ張ったりすることはないでしょう。

<敏感肌>
わずかな刺激でも肌荒れを起こしやすい敏感肌の人は、合成界面活性剤や着色料、香料、防腐剤などが使われていない洗顔石鹸を選ぶと安心です。

敏感肌は乾燥が原因で起こることが多いので、ホホバオイルなどの乾燥を予防してくれる天然成分が配合された洗顔石鹸を使えば、少しずつ肌状態が安定してくるでしょう。

市販のおすすめ洗顔石鹸6選

ドラッグストアやバラエティショップ、デパートなどで購入できるおすすめの洗顔石鹸をご紹介します。

おすすめ洗顔石鹸【1】牛乳石鹸 カウブランド 赤箱

ロングセラーのプチプラ石鹸。赤箱は潤いを守るミルク成分とスクワランをたっぷりと配合しているので、乾燥が気になる人におすすめです。洗顔後もローズ調の香りがふんわりと香り続けて、気分もリラックスできるでしょう。

牛乳石鹸 カウブランド 赤箱

おすすめの洗顔石鹸【2】牛乳石鹸 カウブランド 青箱

ミルク成分を配合した青箱は、さっぱりとした使い心地の石鹸を探している人におすすめ。「すっきりとした洗いあがりが気持ちいい」という口コミも多いです。香りはジャスミンで、さわやかな気分になれるでしょう。

牛乳石鹸 カウブランド 青箱

おすすめの洗顔石鹸【3】MARKS&WEB(マークス アンド ウェブ) ハンドメイドボタニカルソープ レモングラス/ガーデニア

プチプラの洗顔石鹸。肌荒れを防ぐクチナシエキスが配合されていることが特徴です。乾燥によるダメージを予防してくれるため、かさつきがちな肌も穏やかに整えてくれるでしょう。顔だけでなく、体にも使えます。

MARKS&WEB(マークス アンド ウェブ) ハンドメイドボタニカルソープ レモングラス/ガーデニア 100g

¥471

販売サイトをチェック

おすすめの洗顔石鹸【4】水橋保寿堂製薬 いつかの石鹸

@コスメや美容雑誌などで注目を集める大人気の洗顔石鹸。角質の汚れを分解して落とすタンパク質分解酵素を含んでいます。角質汚れが落ちるとターンオーバーが活性化されるため、くすみの改善や美白も目指せるでしょう。

水橋保寿堂製薬 いつかの石鹸

¥1,728

販売サイトをチェック

おすすめの洗顔石鹸【5】IPSA(イプサ) クレンジング マリンケイク

海の恵みを豊富に含んだデパコスの洗顔石鹸。潤いを守りながら、不要な皮脂や毛穴汚れを取り除き、ツヤのある美肌に導きます。泡立ちが良いので、使用後は肌がツルツルになっているでしょう。

IPSA(イプサ) クレンジング マリンケイク

¥2,700

販売サイトをチェック

おすすめの洗顔石鹸【6】HACCI 1912(ハッチ1912) はちみつ洗顔石鹸

はちみつを10%以上配合した保湿力の高い洗顔石鹸。スピーディーに泡立ち、濃密な泡が優しく肌の汚れを落とします。毛穴汚れが気になる時は、顔に泡をのせてしばらく待って洗い流せば、サラサラ肌になれるでしょう。

HACCI 1912(ハッチ1912) はちみつ洗顔石鹸

¥5,184

販売サイトをチェック

石鹸を使った洗顔は、安全性が高いと注目を積めています。最近は多くのブランドからさまざまな洗顔石鹸が販売されているので、自分に合ったものを探してみてはいかがでしょう。